So-net無料ブログ作成
検索選択

目標クリスマス.イチゴ隊出撃す [家庭菜園]

 隊長、南極の手前から帰国した後、余り姿をお見かけしませんが、ご無事ですか。

 うむ。本部での用務が山積していてな。防衛軍も楽でないワイ。

 人使いが荒いのは昔からなので仕方ありません。しかし、基地の整備も今が正念場。陣頭指揮を執って頂かなければなりませんぞ。

 そうじゃな。まずは先月の台風による被害を報告セヨ。

 はい、メロン隊は青息吐息の状態でしたが、何とか第4陣を殿まで帰還させることができました。
130921メロン隊.jpg
130922プリンスメロン収穫.jpg

 そうか。留守中補給部隊も帰還をサポートしてくれたようじゃな。

 今季のプリンスメロン隊は2ヶ月半に亘って戦果を挙げ続け、合計で90個、75kgに達しました。

 2株でこれだけの戦果とは、よく頑張ったな。後続の配備を待った甲斐があるというものじゃ。

 その後続部隊ですが、メロン隊撤退後すぐに整備し、ホウレンソウ隊、水菜隊、シュンギク隊の葉物軍団を配備しております。既にホウレンソウ隊、水菜隊は芽が出揃いました。
130926メロン畝整備.jpg
131005ホウレンソウ隊.jpg
131005水菜隊.jpg

 シュンギク隊はどうしたのじゃ。

 どうやらが種が古かったようです。3年前なので何とかいけるかと思ったのですが。

 同じ古種でも、ダイコン隊は発芽してくれたからな。仲々見極めが難しいワイ。

 新しい種は買ってあったのですぐ蒔き直し、ぽつぽつ芽が出始めています。

 まあ葉物軍団は種を蒔くだけじゃからな。手間が余りかからないのは助かる。

 手間が掛かるのはイチゴ隊ですね。

 うむ。イチゴ隊配備予定地の開拓はどうなっておる。

 はい、例年どおり腐海に埋まっています。
130921腐海.jpg

 !Σ( ̄□ ̄;)
 毎度のことながら、ここにイチゴを植えようというのだから気が遠くなりそうじゃ。

 弱音を吐いている暇はありません。いつものように腐海を割ると、イチゴ畝が忽然と姿を現します。
130921割れた腐海.jpg

 この作業が大変なのじゃ。土の山の下に穴を掘るのじゃからな。

 何せこの畝を耕すのは1年に1回だけですから、頑張って有機物を補給せねばなりません。残渣を糠とともに埋め込みます。
130921残渣埋込.jpg

 いつものことならが、匍匐前進を余儀なくされるな。

 我が基地では各部隊が隣接しており、掘った土を置く場所がありませんからね。一度に30cmずつしか進めませんが、それでも何とか一畝作り、イチゴ隊の配備を完了しました。
131005イチゴ隊.jpg

 うむ。いつもの様に、先発はアキヒメ隊じゃな。今年の育成状況はどうだったのじゃ。

 ぼちぼちです。仲々苗が増えなかったのでランナーを切り離せず、夏の間は枯れもせず、生長もせずといった感じでした。今年は太郎苗を親株に仕立てて子苗増殖を図ったのですが、全体的に勢いがありませんでした。

 太郎苗を親株に仕立てる作戦は、昨年とちおとめ隊で成功したはずじゃ。何故今年は苦戦しておるのじゃ。

 どうやら親株が元気すぎると、太郎苗が根付いても、栄養の殆どを親株に頼ってしまい、ランナーを切り離すとへたってしまうようです。今年のイチゴ隊は例年以上に勢いがありましたからね。

 やはり親株は別仕立てにした方が良いのか。

 どうやらそのようです。それと、ウィルス病対策として、株を定期的に更新するため、新人をスカウトしております。こちらが宝交早生隊員とアキヒメ隊員。
130928章姫・宝交早生更新.jpg

 こちらが桃薫隊員です。
130928桃薫.jpg

 苦しゅうない。彼らの末裔が戦果を挙げるのは再来年じゃが、それまで精進するように伝えるのじゃ。

 了解しました。



 クリスマスイチゴを目指し、今年もイチゴ隊1番手が発進です。アキヒメ隊は昨年に比べて苗の出来が今一つですが、今の時期はイチゴの生育に適した気温なので、どんどん生長してくれることを期待します。



最後までお読み頂きありがとうございました.クリックを頂けましたら更新の励みになります
     ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 4

コメント 2

ann

隊長~またイチゴの準備が始まりましたね
毎年のことですが、私のイチゴ苗は今年、例年よりさらに悪く、根付いたのは100本に満たないのですよー
隊長はいつもポットでランナーを受け、そのまま定植されるのですね
それでもよく実がなるのですよね?
仮植えなしでそれだけ収穫できるのなら、そのほうがいいのかなあ~
悩みます、毎年
by ann (2013-10-07 06:16) 

kappa

ann殿、

ポットで苗を受ける利点は植え替えるとき根を切らないので、
痛みが殆ど無い点です。
欠点は水切れさせると枯れちゃうこと・・・
夏場は毎日水遣りしないといけません。
仮植えするスペースがあるのなら、多めに苗を作って、
生長が良いものだけ配備するというのが、省力的だと思います。
ウチの苗は夏の間直射日光にがんがんあたっていたせいか老化気味。
来年は少し陽当たりが良くない所で育苗してみようかと思っています。
by kappa (2013-10-12 02:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。