So-net無料ブログ作成
その他 ブログトップ
前の3件 | -

ゲーセンで出会った不思議な子の話 Part 2 [その他]

前スレからの続き



ゲーセンで出会った不思議な子の話 Part 2



11 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 01:49:30.12 ID:WJObiXhX0
こちらに移行しました。
では、これからまた続きを書いていきたいと思います。

12 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 01:50:25.45 ID:XZeO/dDc0
>>11
マイペースで頑張ってくれ
13 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 01:50:44.68 ID:lUkJbhw50
正座して待ってた
18 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 01:54:01.76 ID:lsvApHaj0
話終わって欲しくない…
2人に永遠の幸せを!
20 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 01:55:42.80 ID:ZidIUfAgi
永遠に続いて欲しいな…
バッドエンディングにならないといいんだけど…
23 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 01:57:43.50 ID:lA2XLBU50
読むので辛いんだから書くの相当辛いんだろうね
もしつらければ明日でもいいと思うよ

24 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 01:58:25.96 ID:WJObiXhX0
彼女は、リュックから色紙をとりだした。

そこには、俺があげたCOACHのデザインのネックレスをして笑っている女の子が描かれていた。
そしてわきに、「富澤へ。いつもいつもありがとう。」という文字と日付が書かれていた。

彼女「それね、私が考えたオリジナルキャラなんだ。
ネックレス、すごい嬉しかったから。お礼にね、描いたの。ありがとう。」

そういって涙目で笑って俺に色紙を渡した。
朝、机で何かしていたのはそういうことだったのか。

俺は、本当に嬉しかった。
今までもらった中で、これほど嬉しいものはないと言っても過言ではないくらいだった。
27 : 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2012/01/17(火) 02:00:44.46 ID:qJKMBtVGi
20後半だけど、青春思い出したよ>>1よありがとう
29 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 02:01:37.95 ID:GTludOjPi
今すぐみんなの涙でトレビの泉作って彼女と>>1を幸せにしたい ; ;
32 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 02:03:24.31 ID:lUkJbhw50
とりあえず明日もゲーセン行くか…

33 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 02:12:45.54 ID:WJObiXhX0
俺は、涙をこらえて、「ありがとう」と言った。
渾身の、心からのありがとうだった。
その絵は暖かくて、彼女自身のようにも思えた。

彼女の頭を撫でると、彼女は楽しそうに「わんわん!」と言った。
なんだかそれがとってもおかしくて、さっきまで泣いていたのに
二人して大笑いした。

もう楽しくなって、叫びながら校庭を二人で走りまわった。

34 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 02:17:41.71 ID:lUkJbhw50
通じ合ってる二人
俺の脳内でキラキラ輝いてまつ!
35 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 02:20:18.98 ID:lA2XLBU50
1書いてて辛かったら明日以降にしな 無理するなよ
これだけ度の事思い出すだけでも泣きそうだろうよ

36 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 02:21:01.92 ID:WJObiXhX0
もう辺りもすっかり夕焼けになっていて、徐々に暗くなりだしていた。

帰り道は上り坂だったので、俺が自転車をひいて、二人で歩いて帰った。
一番星が見え出していた。
彼女は「一番星!」と言うと、また歌い出した。

「さようならーあえなくなーるけどーさみしくなーんかーないよー!」
帰り道は、二人で大合唱だった。
夕闇、宵の口はテンションが高揚する。

「ほーしーになれたらいいなー!」
歌い合うと、あまりのひどさに二人で爆笑した。

37 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 02:21:34.26 ID:cqrZcE/s0
おいついた
久々に泣いた
じいちゃんの葬式以来だ・・・
38 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 02:22:38.45 ID:aTQCt7I2O
彼女さんみたいにユーモアな人中々いないよな‥
39 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 02:24:03.26 ID:lUkJbhw50
いゃ、注目すべきはシンクロ率の高さだろ

41 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 02:25:46.01 ID:WJObiXhX0
すいません、連投で少々疲れました。ちょっとだけ休みます。
今日はもうちょっとだけ書きますね。

>>38さんのレスが本当にそのとおりすぎて

42 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 02:27:36.97 ID:GTludOjPi
>>1ゆっくりで良いんだ誰もせかしたりなんかしない、自分のペースで書けばいい。
43 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 02:28:09.21 ID:jAKj57Jt0
これを見てるだけで1日1日楽しめてる。
明日になったらまた楽しめる。
だから無理すんな。
44 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 02:28:31.62 ID:8rF6xDJT0
どうい
45 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 02:28:53.41 ID:smm6mwt1i
無理するなや
大切な人がいる事や、大切な思い出があるって事は最高に素敵な事だね
46 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 02:29:20.40 ID:gQtDPoDR0
なんかいいよな
純粋で見てると優しい気持ちになれる
だからこそ幸せなってほしいと願って見る続けると決めた
47 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 02:29:33.99 ID:cqrZcE/s0
寝させないんだな
読んでると同性の友達同士みたいに思える
48 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 02:32:04.60 ID:+LrieeI90
いつまででも待ってるから
自分のペースでいいんだよ
書いてて辛くなったら辛いと言ってくれ
その時は俺たちが全力で癒させてもらう
49 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 02:32:09.90 ID:p9K3apo7i
話した夢の続きが今も
捨てきれないから
50 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 02:33:43.73 ID:676gcBXL0
>>1 思い出して悲しくなったのならまた明日でもいいんだぞ
51 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 02:34:59.85 ID:rhFsaQLr0
他スレに貼られたURLから飛んできて、いま追いついた
俺、中学の終わり、高校入る前の時期に入院してて
そこで入院中の女の子と知り合った
初恋だったけど、その娘退院できずに天に召された
その娘思い出して涙ぼろぼろ流しながらこのスレ読んでる
52 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 02:35:05.37 ID:GTludOjPi
俺、決めたは。
この物語が幕をおろしたら
家族、友達、そして大事な彼女に
「ありがとう」って伝える。
53 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 02:39:42.43 ID:dDGCxUsh0
>>1は幸福者だね。

54 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 02:40:24.18 ID:WJObiXhX0
彼女の魅力と言ったら、俺の知らないことをいっぱい知ってて、
俺にできないことがいっぱいできて、一緒にいるとどんなものを見せてくれるか分からない
そういうところにあった。

この帰り道でも俺の前で急にタップダンスを披露して
「こういうステップがあってねー」と突然言い出したり、
空のグラデーションを見ては、こういう色合いの空を油絵で表現するときは
まずどんな色をおいてー、と色々嬉しそうに語ってくれた。

そのすべてを面白く感じさせてしまうのも、本当に彼女だからこそだった。

55 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 02:53:41.40 ID:8rF6xDJT0
上手く言えないが
そんな彼女に出会えてよかったな

56 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 02:54:43.70 ID:WJObiXhX0
いつも早くのぼりきりたい坂道が、彼女といると永遠に続けとさえ思った。
振り返ると、空はとっぷり暮れていて、月があった。
彼女は「三日月さんが逆さになってしまった!」と叫んだ。

俺「今日も、楽しかったねー」
彼女「うん、昨日もだけど、すっごいすっごい楽しいよ。」

そういって道を進んで行って、とうとう我が家に着く。
これで、今日も終わってしまう。
楽しい時間なんて、すぐに終わってしまう。

57 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 02:58:08.95 ID:T3aYag/70
最高に幸せすぎて怖いな
もっと笑って毎日を大事に生きようと思う

58 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 03:00:29.04 ID:WJObiXhX0
それでは、一旦今日はこのへんで終わりにしようと思います。

明日というか今日は、割と手が空いているのでもしかしたら昼くらいから
更新する可能性も無きにしもあらずですが、とりあえずまた明日の夜に
続きを書きます。みなさんお付き合いありがとうございました。

59 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 03:00:41.26 ID:eZ6rxI3r0
追いついちゃった…>>1さん無理せずマイペースで
いろんな事頑張ろうって改めて思った
ありがとう
76 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 03:32:00.02 ID:Br5yBSCp0
彼女が歌ってた曲が最強過ぎるので少し歌詞あげ。
10-FEET ライオン
一体何の為の嘘なんだ! もう僕は何処にも居ないんだ 何の為に生きているんだろう?叫んだ。 心の形が変わっても 全てを犠牲にしてもいい そこに愛とあなたが在るなら叫んで 叫んで… 。
77 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 03:32:18.67 ID:Br5yBSCp0
藍坊主 テールランプ
神様一つ聞いてくれよ 風切る足を僕にくれよ 星降る丘に行きたい あの娘に一度星見せてあげたい 突き出す前足をくれよ 蹴り出す後ろ足をくれよ あの娘を笑顔にしたい 灰色の夜を駆け抜けてさ
82 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 03:48:54.35 ID:Br5yBSCp0
フジファブリック  ベースボールは終わらない
べースボールの音が鳴った
誰もギャラリーいないグラウンド 上空に君を映した
ベースボールは終わらないよ
誰一人言わないゲームセット
大飛球を追い駆けるのよ
ベースボールの音が鳴った
誰もギャラリーいないグラウンド
上空に君を映した
122 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 12:05:12.18 ID:wNLcWNR10
http://gazo.restspace.jp/img-box/img20120117120415.jpg
吹石ちゃんを俺なりに描いた
123 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 12:07:23.00 ID:bBlGJvKDi
>>122
ヤベwうめぇ w
134 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 13:03:29.50 ID:Yec/Xh0E0
オリジナルなんだー
この辺で想像してたから、ぴったりで驚いてたw
http://image.rakuten.co.jp/imp/cabinet/00972263/img56467528.jpg
146 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 15:57:48.09 ID:k9dm8cwVO
テールランプはダメだよ(T_T)泣けてくる・・・

166 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 18:01:45.64 ID:WJObiXhX0
みんな待たせてごめんなさい。
おまたせ致しました。
そして、彼女が歌っていた歌の歌詞を書いてくれた人ありがとう。
なんだか嬉しくなりました。

なんだか凄いことになってきましたね…
ゆっくりで申し訳ないけど、続きを書いていきます。

167 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 18:02:46.22 ID:LBKvJOLEi
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!!
168 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 18:02:55.00 ID:hjwKO1p70
>>166
おかえり!ゆっくりでいいよ!
172 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 18:04:27.25 ID:YsdqLNAr0
全俺が正座した

183 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 18:17:35.11 ID:WJObiXhX0
家に着くと、昨日とは変わって母さん一人が
夕飯の支度をしていた。

俺「ただいま」
彼女「お邪魔します」
母「はいおかえりー」

歌いすぎた俺たちは些か声が枯れ気味だった。

妹は、俺たちが帰ってくるなり部屋からとびだしてきた。

187 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 18:24:19.73 ID:WJObiXhX0
妹「お二方帰ってまいりましたか!アツアツなことで!」
彼女「ただいま帰りました!留守のあいだ異常はなかったか?」
妹「異常なしですww」

この二人、もうすっかり気が合うようだった。

すると妹は「見せたいもんがあるんです」と彼女だけを部屋に連れてった。
俺はなんのことか察しがついた。
妹は服飾の専門でよく自作で衣装を作ってたから、それを見せたいんだろう。
俺に見せたって仕方ないし、同年代の女の子に見てほしいんだろう。

193 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 18:31:15.58 ID:WJObiXhX0
夕飯の時、彼女は興奮していた。
彼女「妹さんすごいですね!可愛い衣装たくさん作ってて…
わたしは服飾は専攻してないけどとても感激でした!」
妹は終始ドヤ顔だった。

妹と彼女は本当に気が合うようで、それだけで彼女を実家に連れてきて良かったなあって思えた。
母さんは母さんで、
「うちの子になっちゃいなよ、娘増えたほうが嬉しいわぁ、富澤とチェンジで」
とか言い出すし、まあ男俺一人だから大変だったけど、それはそれで楽しかった。

197 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 18:40:56.79 ID:WJObiXhX0
晩御飯も一段落して部屋に戻ると、彼女は俺に聞いてきた。

彼女「今日は富澤の育った場所見れて楽しかったなぁ」
俺「いいとこだったでしょー」

彼女「ねえねえ、わたしが育った場所も見てみたい?」

それは意外な一言だった。今まで決して過去を語ろうとしなかった彼女だから、
俺はゲーセンで会う以前のことはあまり聞こうともしていなかった。

俺「正直、すごく見に行きたい。」
彼女「じゃ、さ。明日は朝早く向こう戻って、色々巡ってみよう。
行ったり来たりの渡り鳥だね~!」
彼女は手を広げて羽ばたくような仕草をしてみせる。

そういうことになった。
さすがに強行日程すぎないか?と思いつつ俺は彼女に早く寝て休むように促した。

198 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 18:41:27.89 ID:yDdbnNar0

この時を待っていた!!
199 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 18:42:01.28 ID:Yec/Xh0E0
かわいい渡り鳥だね
201 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 18:45:21.92 ID:0z8cSQgJ0
健気だ???
202 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】 :2012/01/17(火) 18:46:41.30 ID:Gxo1Efl90
彼女にこの話したら
号泣してたぞ!
俺も目ウルウルしてたが…

205 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 18:52:07.78 ID:WJObiXhX0
俺たちは無駄に早起きした。
日曜だったので母さんも妹もまだ起きてはいなかった。

すると彼女は、「アイアンシェフの出番だー!」などと言い出し、
俺は「きたれ、アイアンシェフ!」というコントを朝からやらされた。

彼女はふざけながらも朝ごはんを作る、といって張り切り、
二人で一緒に朝ごはんを作った。
ベーコンを焼いてスクランブルエッグを作って、
野菜を切るくらいのことだったが、俺は楽しくて仕方なかった。

206 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 18:55:37.04 ID:N7VGLGN90
光り輝く3日間!
スレ消費を考えて、後は終わるまでROMに徹する。
207 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 18:57:58.19 ID:tjSVWJwa0
仮病で会社サボってる俺にはつらいスレ 泣けて死ぬ

208 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 18:58:23.93 ID:WJObiXhX0
一緒に住んでいたり、夫婦の人は、ずっとこういう日が続くのか
いいなぁ、と俺は思っていた。

二人でバカ笑いしながら騒がしくご飯を作っていたから、
妹も母さんも起きてきた。
今日は俺たち二人で作る、と言い張って
妹はテレビの前、母さんは洗濯を始めた。

ああ、普通の生活だなってしみじみ思った。

209 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 19:00:39.35 ID:wNLcWNR10
( ;∀;) イイハナシダナー
210 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 19:12:37.25 ID:7YcjjlB0i
仕事休憩中に見ちまった…!
続き楽しみにしてるぜ!

211 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 19:12:37.51 ID:WJObiXhX0
朝ごはんを食べながら俺は不肖にも
「これは彼女の手料理…」と思いながら食べていた。

朝ごはんを食べたらすぐ家を出る旨を母さんと妹に伝えると
「さみしいねー」「もっといればいいじゃないー」と言われた。
そうしたいのは山々だよ、と俺は悔しかった。
もっと時間があればもっとゆっくりしていた。

この時ばかりは彼女と俺もただただ顔を見合わせるしかなかった。

214 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 19:18:08.35 ID:fzJGwJ/w0
手料理いいな
いいな

215 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 19:19:26.60 ID:WJObiXhX0
荷物をまとめて、家を出る。

妹が車を出してくれた。
車に乗って、坂をくだる。妹が、「また来てくださいねー」と言うと
彼女がぼそっと「また来れるかな…」
と言ったのが心を突いた。
何もかも、次があるのか分からない。

彼女自身も、その不安と悔しさと戦っていたのかもしれない。

216 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 19:27:21.15 ID:QFz9wBNO0
>>215
彼女の一言に
胸がむ…
218 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 19:29:48.14 ID:S1nbuM2Ki
ご都合主義でいいからハッピーエンドで終わって欲しい

220 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 19:31:34.93 ID:Yec/Xh0E0
重いなあ…ズンッとくる

221 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 19:32:21.84 ID:WJObiXhX0
また、特急列車に乗る。2時間ほどの旅。
そこから在来線で1時間ほど。
それほど長い旅ではないのだが、特急を降りた辺りで彼女の様子がおかしかったことには気付いた。
口数が減っていたのだ。
彼女は、自分から弱音を言うことは無い人だから、俺は嫌な予感がしていた。

在来線になると人が多くて座れなくなる。
俺は、途中駅で彼女を下ろした。彼女は「なんで?」という顔をしていたが、
とりあえずベンチに座らせた。

俺「ねえ、大丈夫?様子が変だよ。無理してない?」

222 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 19:33:56.13 ID:sBTcTbu30
勉強できないよ…
223 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 19:35:17.00 ID:x8VZhTYU0
みおかみたおきよりやばい、俺も彼女いるけど会った泣きそう

224 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 19:37:56.84 ID:WJObiXhX0
彼女「どうして?平気だよ?」
俺「いい?一番大切なのは何よりも体なんだよ?少しでも何かあったら言って」

彼女は悔しそうに言った。
彼女「あのね…少しだけ吐き気がするの…でも本当に少し。
でも言ったら絶対心配かけちゃうと思って…」

俺はやられた、と思った。大袈裟かもしれないが一気に血の気の引いた俺は、
「歩ける?」と聞きつつも彼女を揺らさないように強引におんぶして、改札をぬけた。

彼女は必死で「大丈夫だよ!電車に乗ろ!」と言っていたが、
俺は電車は座れないし人も多いからもうダメだ、と思っていた

225 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 19:43:01.93 ID:WJObiXhX0
彼女を傷つけたらだめ、少しでも無理させたらダメ、そう決めていた俺は必死だった。
もし何かあったら全てオレのせいだ、そう思っていた。

駅を降りて、必死でタクシーを止める。
さすがの彼女も諦めて、
「ごめんね…ごめんね…」と繰り返していた。

俺は必死だった。
俺「急いで、〇〇方面に向かってください!」彼女の自宅だった。

226 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 19:46:20.63 ID:+3epNjof0
やっぱ>>1はイケメソだよな。
227 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 19:48:12.96 ID:x28GwwOWO
>>225
GJ過ぎる

228 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 19:48:38.09 ID:WJObiXhX0
この時、タクシーの運転手がすごく良い人だったのが印象的だった。
彼女のことを車酔いか酒酔いをした人だと思っていたのか、
水飲む?といってペットボトルくれたり、
近道しますよ、といって渋滞の抜け道をしてくれたり。

初老の白髪のじいちゃんだったのだが、動転して入ってきた俺をなだめ、
落ち着かせてくれた。終始Jリーグの話をしていて、お若い方だった。

彼女はタクシーの中で涙目だった。俺はずっと肩を抱いていた。
窓を開けて車で走っているウチに、彼女の口数も増えてきて俺は安心していた。

232 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 19:58:35.96 ID:WJObiXhX0
彼女の家につく頃には、彼女にはだいぶ笑顔がもどってきていた。
俺は胸をなでおろした。

彼女はフラフラ歩き出した。
俺「こら、そんなに焦って歩いちゃダメだよ」
彼女「ここが、我が家です!でもどうせ呼ぶつもりだったから」
と笑って玄関先に立ってみせた。

俺は彼女の父さんと母さんに事情を話した。逐一電話報告もしていたが、
叱られることも重々覚悟の上だった。
しかし、ここまで一緒に来てくれてありがとう、と言われた。
とても、申し訳ないことをしてしまった気持ちになった。

234 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 20:06:36.62 ID:WJObiXhX0
大事をとって、彼女は少し横になって休ませることにした。
「富澤とわたしの母校に行くのー!」と言ってきかなかったが、
一番大事なのは体調だ。決まってる。
みんなで説得して、なんとか彼女を寝かせた。
そのかわりに俺は彼女が目覚めるまで家にいて欲しいと言われ、家にいることになった。
しばらく彼女が部屋で寝ているのを見守っていたが、居間におりて
彼女のお父さんとお母さんと話した。

239 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 20:15:22.69 ID:WJObiXhX0
空気は重かった。あまり話すことも見当たらないんだ…
とりあえず俺は、今日はすいません、と真剣に謝った。

母「気にしないでね。」
父「君はいつもいつも、娘の病室にやってきてくれるね。
君が来てくれるから、あの子はいつも本当に楽しくやっていられる。
謝りたいのは、ろくに何もできないこっちだよ。」

俺は、黙っていた。何を言っていいかまったく思いつかなかった。

母「あの子、本当にいつもいつも富澤君のこと話してくれるのよ。
富澤くん、私にもよくマメに連絡くれるでしょ。本当にありがとうね」

真面目な話はこれくらいだった。そのあとは、それを忘れたいかのように
テレビを見ながら、他愛もない世間話をしていたと思う。

240 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 20:16:51.10 ID:lUkJbhw50
彼女さんエエ子やぁ(;ω;)
明日もゲーセン行こ
241 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 20:20:38.26 ID:C2P/Fvvo0
好きな人が好きになってくれるなんて、それだけでステキな奇跡ですよね。
242 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 20:20:53.22 ID:wlNyc1/J0
オレ、トラウマがあって今まで彼女ってのの大切さなんか分からなかった。
長続きなんてしたことない。
彼女なんかいらない。ただの寂しさを埋めあうだけの存在だと思ってた。
このスレ見て本当によかった
オレも頑張ってもう一度真剣に1人の大事な人を愛せるように頑張るよ。
これからも>1のこと応援してるから!
スレ汚しスマン

245 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 20:27:22.80 ID:WJObiXhX0
しばらくすると彼女が起きてきて、
俺を部屋に手招きした。
「もう、すっかり良くなったから。部屋で話そ」と言われた。

彼女「今日はごめんね…。行きたいところたくさんあったのに…」
俺「それは仕方ないよ。でも吹石がなんともなくて本当に良かった。
それだけで俺は嬉しいよ。
辛い時は、辛いって言わなきゃだめだからね?」

246 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 20:28:10.19 ID:7cshgXpf0
>>239
俺は田舎者だけど、高校時代死んだ彼女思い出した。
>>1の話はセカチューの話見たいだな…感動する。俺も>>1みたいに彼女を大切にすればよかった。彼女が死んだ高校時代からもう10年たって結婚を前提として付き合ってる彼女がいるが、俺だけ幸せになっていいのか日々悩んでる…
247 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 20:32:51.24 ID:Yec/Xh0E0
>>246
吐き出しちゃいな
ここじゃ1の邪魔になるかも知れないから、よかったらスレ立ててよ
248 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 20:33:54.04 ID:tlvqBMe90
何という良スレ。。。
>>1 よ、ゆっくりでいいから端折らずに語ってくれ。

249 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 20:36:21.51 ID:WJObiXhX0
そうすると彼女は揚々と歌い出した。
「愛とはあなたのためだととかいったらー!うたがわれるけどー
がんばっちゃうもんねー!!」
そう歌ってにっこり笑った。それはイエモンのlove love showだった。

俺「頑張っちゃうんだw」
彼女「うん、頑張る。」
彼女「だからさ、今日は聞いて欲しいんだ。」

250 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 20:38:14.56 ID:ttuEMZtR0
選曲がいちいちグッとくるんだよっ、ばか!
251 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 20:39:45.69 ID:tWtmPJzE0
もうwwww飛行機wwww出るwwwwwwwwww
今日は帰るのやめて羽田に泊まるか…
>>1ゆつくりで!
252 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 20:41:30.61 ID:Yec/Xh0E0
>>251
飛行機は明日も乗れるけど、
このスレのリアルタイムは、
乗り遅れたら二度と乗れない
253 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 20:42:58.75 ID:+3epNjof0
>>252
うまいこと言うじゃないか。
254 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 20:43:36.23 ID:Pw/tx6UEi
>>251
惑わされるな!

255 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 20:45:27.80 ID:WJObiXhX0
彼女「今日はわたしの育った場所まわれなかったから、
私の昔話をしますーぱちぱち」
俺「きかせてもらおうじゃないか」俺も若干の悪ノリをしていた。

彼女「結論から言ってわたし中学行けてないです」
そう言って彼女は苦笑いをこぼした。
俺は驚いたけど、「なにかあったんだ?」と優しく尋ねた。

256 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 20:45:36.12 ID:jh1Qdd710
>>1よとばしてやってくれ!!
>>251を

259 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 20:47:00.77 ID:WJObiXhX0
>>251 wwww 冷静なご判断を!w

261 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 20:52:49.72 ID:WJObiXhX0
俺は、彼女の話に耳を傾けることにした。

彼女「わたし、中学の時体弱かったんだーだからね、しょっちゅう
学校休んでたんだー。」
彼女「本当にね、すぐ体壊しちゃうから。でもさ、あまりに頻繁に
学校休んでるうちに、ういちゃってさー」
彼女は笑いながら話しているけど、辛そうだった。

262 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/01/17(火) 20:57:46.72 ID:LqnH86SQ0
おい!
頼むからバスタオルくれよ!
前が見えねぇ(;_q)

263 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 20:58:03.04 ID:WJObiXhX0
彼女「学校行くとさー。誰もまわりにいなくなってて…
昼ぐらいから行くと、給食泥棒とか言われちゃってさw」

俺は黙って彼女の目を見続けた。

彼女「いじめられてたとか、あんまり言いたくないんだけどさ。
ある日行ったらわたしの机ごとなくなってたんだー。
それで、あれ?学校くるんだ?とか言わちゃって。」

彼女「それから中学には行けなくなっちゃった。」

264 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/01/17(火) 20:59:07.59 ID:LqnH86SQ0
そのDQNを俺が成敗してやる!
266 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 20:59:39.79 ID:tQ5NUbJV0
涙止まらねぇ・・・

269 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 21:04:02.79 ID:WJObiXhX0
彼女「その頃なんだなー。友達もいなくてさー。
お兄と一緒にゲーセン行くのだけが本当に楽しかったよ。
アケゲーの人とのつながりとか、楽しさの共有とか、わたしは肌で感じた。」

俺はぐっと涙をこらえていた。

彼女「そこでね、本当に色んな人に会えたんだよ。」
彼女「わたしね、高校からは私立に行ったんだけど」

彼女「てて子、覚えてる?あの子とも本当に偶然ゲーセンで会ったの」

270 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 21:08:02.35 ID:tpYKPcVN0
頑張れ

271 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 21:13:30.08 ID:WJObiXhX0
彼女「中学の時ゲーセンで出くわしてね、当時って、まだそんなに若い
女の子とかゲーセンにほとんどいなかったの。
だからお互いに気になって話したら意気投合して」

俺は話していることが信じられなかった。彼女にとってゲーセンという存在が
ここまで大きいなんて、にわかには信じられなかった。

彼女「そしたらてて子は中高一貫の私立に通ってる子で、
少し遠いけど私はその高校に行こうって決心した。」

272 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 21:14:29.10 ID:9+mZc5QFO
せつないのう

273 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 21:17:20.83 ID:WJObiXhX0
彼女「当時はね、うちの近くにもゲーセンがあったんだ。
っていうか、今よりずっとずっとあった。今は少なくなったよ。」
彼女「わたしはそこが好きだった。店長さんも優しくて、常連さんもたくさんいた。
たまにヤンキーとかもいたけど、大して気にならなかった。
てて子もね、うちの近くに住んでたんだ。」

俺「今、そのゲーセンは…?」
彼女「ないよ。潰れちゃった。」
彼女は苦笑いした。

274 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 21:18:51.51 ID:WJObiXhX0
すいません、ちょいと夕飯タイムなので、少し離脱します。

30分程でもどります。しばしお待ちを。

275 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 21:19:21.38 ID:8S0mHvC40
ごゆっくり
276 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 21:21:23.98 ID:p9K3apo7i
いてらノシ
277 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 21:27:46.84 ID:riEPO2cM0
本当に今ある日常が大切に思える
278 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 21:34:54.47 ID:Qjqr24NK0
有名ですごい作者が
つくるどんなフィクションより
俺たちが生きてきた
ドキュメンタリーの方が
何百倍も面白く悲しく
そしてすごく儚いんだな
279 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 21:36:00.08 ID:8fP4j1o10
>>278
中2病wwwww
280 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 21:36:48.98 ID:Elxx2R4C0
>>1に送る曲
彼女も好きだと言う10-FEETの
kokoro no naka
この歌の歌詞のようにならないことを願います
284 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 21:40:08.74 ID:2qpfxUgf0
廚二センスな創作話が好きな奴が多くて意外だな。
285 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2012/01/17(火) 21:42:05.91 ID:k3kDNeap0
>>1にもだがおまいらのヌクモリティに全俺が泣いた;;
290 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 21:58:35.22 ID:lA2XLBU50
>>289
読んでると自分の汚れ具合に泣けてくるぜ
291 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 22:00:01.54 ID:VLs8lH77O
>>287
おれも!城達也の声が脳内再生されたぜ
これからどんな結末が待っているのかワクワクしながらフライトしてくる!

292 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 22:07:38.88 ID:WJObiXhX0
お待たせいたしました。
ごめんなさい、遅くて;

それでは一服しつつマッタリと再開したいと思います。
よろしければお付き合いください。

293 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 22:08:27.12 ID:YR18AMy80
まってたよー
294 : 忍法帖【Lv=10,xxxPT】 【関電 76.6 %】 [sage]:2012/01/17(火) 22:09:24.62 ID:FK7pp8sM0
おかえりー
298 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 22:18:49.31 ID:ChYFI/z80
どっちの家族の親もすごいな
いざという時の心の持ち方にぐっとくる
とくに富沢父のひと声にはシビれた
大人っていうのは、こういうもんなんだな

301 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 22:23:11.30 ID:WJObiXhX0
彼女「それからは、高校は女子高だったけどとても楽しかったよ。」
彼女「いつもわたしがばかなこと言ってたけどw」

彼女の持ち前の明るさやアホなところはそこに由来するのかなあと思った。

彼女「だからね、わたしこんなにゲーセンが好きなんだー。
なんて言ったらいいか分からないけど。」

彼女は笑いながら話す。
今まで彼女がどうしてここまでゲーセンに入れ込むのか不思議に思うこともあった。
それが解けた気がした。

302 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 22:23:29.01 ID:b9BWpybA0
身体も弱くないのに中学校休んでた私の丈夫な身体をあげたいくらい自分がやるせなくなった…
304 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 22:29:21.44 ID:fIBbkLrW0
気がついたら正座してた。
きっと花言葉を聞いたら、涙腺崩壊するんだろな…

305 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 22:30:08.67 ID:WJObiXhX0
彼女「わたしね、ゲーセンがあったから楽しい高校に行って過ごすことができたし、
夢を持つことが出来て、美大に進学したんだよ。大袈裟かな?w」

俺「そんなことないよ。すごいと思う。ゲーセンっていいとこだしねぇ。」

彼女「富澤もいたしなあw」
彼女は凄く照れくさそうに、ぽろっとそんなことをこぼした。

307 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 22:31:55.89 ID:0S8eC5BA0
ゲーセンにもドラマやロマンがあるんだな
308 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 22:32:08.58 ID:pzgFkJXPi
俺も美大にいたのにこんな子いなかったお(´・ω・`)
何でなんだお(´・ω・`)

310 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 22:37:22.85 ID:WJObiXhX0
彼女は夢を語りだした。

彼女「ゲーセン減らないでほしい。どんどん減ってる。
わたし、いろんな人が楽しめるアーケードゲームを作るのが夢だった。」

それを語る彼女は、いつにも増して真剣そのものだった。
凛とした視線で、かっこいいとさえ思った。

彼女「ゲーセンでしか味わえないドキドキがあるんだよ。
富澤はどんな時にそう思う?」「わたしはね」

彼女はまっすぐだった。まっすぐすぎて、胸が痛くなるくらいだった。
普段アホなことをけっこう言うくせに、まっすぐで、ひたむきで…
夢を語る彼女に憧れた。

311 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 22:38:59.93 ID:ivxtQ5rdO
追いついた

おれも小・中と体弱くてしょっちゅう休んでた…
友達もほとんどいなかったしちょっと浮いてたけどゲーセン行くと気にならなかったし、そこでの友達もできた
あの空気とか匂いがすごい好きで行くだけでもうすごい落ち着いたっけ…
2度ほど生死の境をさ迷ったけど今なんとか生きてる
>>1さんの彼女も生きてますように…涙で携帯がかすむ…
312 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 22:39:33.45 ID:oFRpJmqF0
>>308
今>>1の横で笑って座ってるから
313 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 22:41:21.98 ID:JxMoTqUh0
やべ
マジ泣ける
いろんな人が楽しめるアーケードゲームを作るのが夢だった。

だったって…

314 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 22:44:27.09 ID:WJObiXhX0
俺は最初こそ笑って聞いていたが、
だんだんくったく無く夢を語る彼女を見ているのが辛くなった。

夢があって、それを追いかけてるってだけで人は眩しく見える。
でも、彼女が置かれている状況を思い出すと、俺はもうダメだった。

俺は夢を語る彼女の前で泣いてしまった。
「すごい…すごいよ…」と言ってボロボロ泣いてしまった。
彼女の前で、泣いてしまった。

彼女「ありゃりゃ、わたしそんな泣くほど感動するほど凄いこと言ったか…?」
と彼女は動揺した。

俺「絶対叶えようね、その夢…」って言いながら俺は泣いてた。
そうすると彼女もぼろぼろ泣き出して、
二人してわんわん泣いてしまった。

315 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 22:45:40.67 ID:YR18AMy80
(´;ω;`)ブワッ
316 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 22:46:13.05 ID:PzbDXNom0
全俺が泣いた
317 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 22:46:31.70 ID:0S8eC5BA0
神様・・・っ!神様お願いだからゲーセンに彼女を残せよ!!
318 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 22:47:57.76 ID:tjSVWJwaO
うらやませつない (ノ_・。)
319 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 22:48:02.20 ID:sBTcTbu30
あ、マジで涙出てきた
320 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 22:49:05.54 ID:DJrGJDj00
やべ泣けてきた・・・
321 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 22:49:57.54 ID:iRIQnCbv0
ちょっとSAGAのアーケード作ってるやつのケツ叩いてくる(`;ω;´)
322 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 22:50:24.69 ID:hi3CVIZU0
俺も泣いた
323 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 22:56:37.41 ID:lUkJbhw50
今まで泣けるとか言って泣いてなかった俺が泣いた
326 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 22:59:25.46 ID:u/u4AiB3O
VIP+においても、これほどのヌクモリティは貴重
328 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 22:59:34.14 ID:gQtDPoDR0
俺ゲーセン通いまくるから…
彼女の作ったゲームやりたい
だから神様頼むわ
330 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 23:00:04.53 ID:nUlB+77/P
このスレ1以外が軒並みきもい
331 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 23:00:13.72 ID:h3Z2SQGw0
ゲーム業界の友人が聞いたら号泣するな、この一言。
332 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 23:00:28.66 ID:ZidIUfAgi
もし神様がいるなら、この夢叶えてあげてください…
一時だけでもいいから…
333 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 23:00:57.98 ID:4ZdJcx+Q0
このスレに出会って真面目に働く気になった
334 : 忍法帖【Lv=10,xxxPT】 :2012/01/17(火) 23:01:00.67 ID:fXv1qIu00
>>328
俺もゲーマー復活する
335 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 23:03:26.06 ID:C8quMvfn0
嫁の横でスレ見ながら泣いてしまったぜ
336 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 23:04:24.11 ID:0vScFYRA0
外野が臭いせいで台無し
337 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 23:05:30.22 ID:zPnZWsZei
>>335
嫁さんの手握っておけ。

338 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 23:05:36.01 ID:WJObiXhX0
泣きながら抱き合った。
この時ばかりは俺も運命という言葉を信じた。
あの日、たまたまゲーセンに行って、偶然彼女を見つけて、
柄にも無く、自分から話しかけた。
あの日、まっすぐ家に帰っていたらどうなっていた?

俺はこの時彼女を一生守ろうと心に決めた。
これからどんなことが待っていようと、決心した。
それと同時に俺の中で、彼女にしてあげたいことが一つ増えた。

339 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 23:06:54.90 ID:u1RwkLT/0
ぶわっ。・゜・(ノД`)・゜・。
340 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 23:07:47.76 ID:lUkJbhw50
>>330
全員正座して泣いてるかと思うとオモ…
いや、二人の美しさと俺たちのキモさがコントラストなって(以下略だコンチクショウ
(´;ω;`)ブワッ
342 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 23:10:07.19 ID:u/u4AiB3O
どんな結末が待っていたとしても、この暖かさをくれた>>1に感謝と敬意を示したい
343 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 23:10:18.43 ID:xnr/lj3Z0
なくもんか(`・ω・´)
なくもんか(´;ω;`)
344 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 23:12:03.29 ID:WJObiXhX0
俺はその日は彼女が切望するので、彼女宅に泊まることにした。

彼女のお父さんと一杯やった。
彼女がビールをついでくれて、なんだか新婚にでもなった気分だった。

そのあと、なんとなく居間のソファで寝ることにした。
彼女といられる日常の時間が、少しでも多く続いて欲しかった。

345 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 23:12:05.23 ID:hA+iWlKoO
俺ゲーセンタバコ臭くて五月蝿くて本気で嫌いだったけど彼女みたいな考えを持つ人とか居るってわかったらなんか考え方変わりそうだわ
347 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 23:22:34.38 ID:g4pe6hYk0
昨日からこのスレだけをひたすら読んでる。真っ白の卒論は遅々して進まず…。
俺は一つのことに気付いた。
最も大切なのは卒業することじゃない、愛だ。
348 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 23:23:15.70 ID:8CoIpn7ui
あれ…
なんだろ、この違和感…
349 : 忍法帖【Lv=14,xxxPT】 :2012/01/17(火) 23:25:27.26 ID:qJKMBtVGi
>>348
分かるけど言うなよw
350 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 23:25:37.09 ID:wMQaJzpUi
>>347
いや、卒業だろwww
351 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 23:26:43.16 ID:W/ntXi9fO
>>347
卒論は書けwwww
353 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 23:28:31.70 ID:pzgFkJXPi
>>348
おい…おい!!

354 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 23:30:40.89 ID:WJObiXhX0
その次の日も、結局俺は彼女宅にいることになったんだけど、
彼女はお父さんとお母さんと買い物に行くようで、
ついていったけど俺はなるべく家族水入らずを邪魔しないように徹していた。

荷物持ちとかしつつ、会話を聞く役目に徹していた。
俺はもう、十分彼女との日常を満喫した。
お父さんとお母さんだって、娘と過ごしたいに決まってる。

俺は流石に、空気を読んで最終日までいるのは避けた。
4日目の夜に、家に帰ることにした。
彼女とお母さんが作ってくれた晩御飯を食べて、俺は彼女宅を出ることにした。

356 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 23:32:08.78 ID:n2Ziq2T30
>>347さんは愛を卒業すればいいと思うの
357 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 23:34:17.18 ID:lWrfT75o0
>>347、俺も同じ境遇だ。でも一緒に卒業しよう、な?
358 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 23:34:58.21 ID:PzbDXNom0
終わりの近さを感じる・・・・・・
くっそおおおおおおおおおおおお
359 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 23:35:50.26 ID:oRR9diLD0
>>347
あれ俺がいる

361 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 23:38:19.80 ID:WJObiXhX0
彼女は、5日目の夜に病院に帰るという。
俺は、その次の朝に会いに行く約束をした。

俺「じゃあ、家族団らんを楽しんでね。」
彼女「もっといてもいいのに。」
俺「いや、明日で最後だし、お父さんとお母さんも俺がいたら色々やりづらいこともあるでしょ。」
彼女「次に会うのは、また病室だね。」
俺は黙った。
彼女「絶対、会いに来てね。待ってるから。」

362 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 23:38:28.86 ID:xIn/gNxP0
まぁ・・・
愛の前に卒業だろうな
363 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 23:39:28.60 ID:RaQiHKf+0
>>347>>357>>359
俺もだ
ただ、うちの学部卒論書かなくても卒業できるんだよなぁ…
364 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 23:41:34.98 ID:xIn/gNxP0
>>361
これから彼女にとっても家族にとっても過酷な日々が始まるな
抗がん剤治療という
あぁ…
365 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 :2012/01/17(火) 23:43:09.20 ID:ZmFvwrP20
>>347
そのとおりだな!笑
366 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 23:43:11.05 ID:g4pe6hYk0
俺が励まされてる謎www
しょうもないレスしちゃってごめんみんな。
皆さんのご厚意に甘えて卒論します。
1ありがとう。明日ゆっくり拝読します。
367 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 23:44:59.92 ID:Uy+s68nL0
1乙
名無しの一部、感傷的になるのはいいけどそれをココでアピって誰得だよ
368 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 23:46:04.59 ID:Qjqr24NK0
>>366
がんばれ!
そして>>1もゆっくりがんばれ

369 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 23:47:25.65 ID:WJObiXhX0
彼女とずっと一緒にいて、離れると、とんでもないほどの虚無感に襲われた。
あれ、俺の日常って、こんなに何もなかったか?
と思うほどに電車の中でも、家に帰ってからも無気力になり、何もかも手につかなくなった。

無理もなかった。今まで不可能だった、彼女と普通の日常を送る、
ということが俺にとって楽しすぎて、本当に心地良かったからだ。

色々思い描いた。彼女が完治して、もう一度普通の生活をして、
一生、平凡に暮らしていくのを想像した。

370 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 23:49:04.55 ID:ZidIUfAgi
370なら彼女完治!!
371 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 23:49:09.66 ID:FhqtVTFaO
最初から張り付いてROMに徹してたけど
>>366
マジウザい
372 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 23:50:47.06 ID:78UCS6OK0
>>371
まあそうかりかりしなさんな。
続きをのんびり待とうよ。

373 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 23:54:04.19 ID:WJObiXhX0
彼女が病院に戻った朝、俺は一目散に駆けつけた。
早く、会いたかった。
俺は花を持っていった。
彼女の好きなトルコキキョウ。

病院にもどってすぐ花ってのもどうかと思ったが、少しでも彼女の気が紛れるなら、と思った。
病室に着くと、彼女に「ようこそ」と言われた。

彼女「なんでだろう、やっぱり変に落ち着くねw」
また、籠の中に戻されてしまったような気しか、俺にはしなかった。

374 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 23:54:31.18 ID:0z8cSQgJ0
>>371
カリカリすんなよw
375 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 23:54:33.34 ID:lX43/e540
>>371
俺もROMってたけど
それすら言うのも嫌だったわ。
言ってくれてありがとう

378 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 23:59:06.36 ID:WJObiXhX0
それからの日々は割と穏やかに進んでいったと思う。
でも、俺は残された時間が迫ってきているのを感じていた。
病室で彼女に会えない時間が、苦しくて仕方なくなってた。

頻繁に病院に泊まるようになった。
いつのまにか、大学はまったく行かなくなっていた。

379 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 00:00:02.19 ID:PzbDXNom0
もうだめだ・・・・・・・・・・・
もう・・・・画面がみえねぇ
380 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 00:01:09.80 ID:4ZdJcx+Q0
(´・ω:;.:...
君と夏の終わり……
383 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 00:04:20.45 ID:qvl4xiwbi
>>378
大学は行けwww
いや、お前は病院に行け
あの親父なら分かってくれる

386 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 00:06:39.84 ID:VEa4UjXG0
彼女が病院にもどってからしばらくすると、俺の誕生日が近づいていた。
そして、その約一ヶ月後に、彼女の誕生日だった。

俺は自分の誕生日の日にも、いつもと変わらず病室に向かった。
彼女にはちょろっと教えていたが、前日にも何も言われなかったし、
きっと忘れているだろうな、と思ってた。

病室に着くと、彼女がニヤニヤしていた。
その日はいつもよりだいぶ元気そうで、俺は驚いた。

387 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 00:08:43.33 ID:MEogcxsh0
今1は吹石の隣でニヤニヤしながらキーボードを打っている。
そう、信じてる。
388 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 00:12:23.05 ID:JrrH7fOE0
お前らの憶測とか今は邪魔なだけだろ、胸のなかに閉まっとけよ。

392 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 00:18:30.58 ID:VEa4UjXG0
彼女のお母さんが冷蔵庫からケーキの箱を取り出して、
小さなショートケーキを3つ取り出す。彼女は「おめでとう!」と言った。

俺が「ありがとうー」とビックリして言うと彼女はそのまま歌い出した。

「きょうはとくべつなよるさー!すてきなーゆめをみれたらなー!」
それはフジファブリックのbirthdayだった。
歌ってこちらを見て笑った。
ありがとう、と言って頭を撫でると、彼女は「わんわん」と小さく言った。
お母さんがいるから恥ずかしかったのだろうか。

393 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 00:19:26.23 ID:Gurc3fbUi
彼女があずにゃんで再生されてるのは俺だけ??
394 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 00:21:43.24 ID:TLYSEojTO
彼女、眩しいな。
話を読んだだけで太陽の様な姿が目に浮かぶようだ。
395 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 00:24:53.92 ID:9c4eEsQt0
すごいドキドキしてきた
396 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 00:25:20.45 ID:nDUTjXmqO
最初から読んでてずっと思ってた
「わんわん」可愛いすぎるだろ
399 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 00:30:28.95 ID:U1nswHQL0
おれ落ちちゃった不思議な子スレ探しに来ただけなのに・・・
マルフォイ元気かなあ
401 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 00:33:13.16 ID:ceLIC91u0
>>1 過去を思い出しそれを文にするのって精神的に消耗するよね
たまに休憩してるとは言え六時間だよね・・・無理すんなよ
402 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 00:33:40.67 ID:EQtpebpR0
>>399
黙るフォイ
403 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 00:37:16.76 ID:87nACf510
わんわん…( ´ ω ` )

404 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 00:37:36.43 ID:VEa4UjXG0
俺は、彼女と会ってから少しでも彼女の片鱗を感じたくて、
彼女が良いと言った音楽や本は、家にいる時に狂ったようにチェックしていたから、
その曲もフジのそれだと、すぐ気付いた。

彼女「プレゼントがあるのです」
そう言って彼女は俺にマフラーを渡した。
彼女「それ、わたしの使ってたマフラーなんだ。これから寒くなるでしょ?
ここに来てもらうのに、風邪ひいたりとか心配だし…」
俺「うわーありがとう!」

彼女「あとね…」
お母さんが何やら包みから取り出す。それは格ゲーのアケコンだった。
彼女「これでもっと練習してねw」
俺は思わず吹き出してしまった。

406 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 00:42:51.04 ID:VEa4UjXG0
素敵な誕生日だった。
病院にいながら、病気と闘いながら、どれだけ俺のことを思ってくれていたんだろう。
彼女の笑顔を見ながら、俺は決心した。

その日の後、俺は彼女が元気な日にそっけなく聞いた。
「やっぱり、ウェディングドレスとかって、女の子は憧れるの?」
彼女「それは憧れるよー!真っ白だしね。なんで?着せてくれるの?w」
俺「いや…wなんとなく聞いただけ」

407 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 00:47:03.28 ID:GiMQqHjD0
>>406
着せてあげて欲しい!!
408 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 00:47:51.72 ID:7Rw3FX/J0
もうフラグにしか見えなくて涙でてきた。こらえてたのに

409 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 00:48:20.01 ID:VEa4UjXG0
彼女の誕生日まで、あと少しだった。
俺は、すぐさま実家に帰って妹に相談した。

ウェディングドレスのような衣装が作りたい、と妹に相談した。
妹は不審そうにしていた。
けど、ワケを話せることもなく、大学のサークルで必要なんだとかそれっぽい
理由をつけて、どうにかこうにか生地選びや作り方まで、一から聞いた。

何かできるなら、もう今しかない、そう思って必死になっていた。
悠長なことは言っていられなかった。本当に必死だった。

410 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 00:50:29.06 ID:PyqpFDjX0
。・゜・(ノД`)・゜・。
411 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 00:50:56.63 ID:wBa3Kpcn0
間に合ってくれ
412 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 00:51:24.22 ID:SfuDRpCm0
(´;ω;`)ブワッ
413 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 00:53:54.24 ID:FvJaK9/di
映画化決定だな
414 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 00:54:27.98 ID:ZbrbZjlai
>>1
カッコよ過ぎだろ~

415 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 00:57:31.96 ID:VEa4UjXG0
結果、不器用な俺には歯が立たず、かなり妹の力を借りて、
純白なドレスを作ったのだった。

それでも俺は妹と一緒に生地を買いに行ったり、生地を切ったり、
一緒にどういうデザインにしたいか草案を考えた。
二週間くらい、作るのに時間がかかってしまった。
俺はその間も、実家と彼女の病院を行き来したりしていた。

その出来は、決していいものではなかった。でも、白いドレスの形にはなっていた。
ウェディングドレスと言えば、そう見えないこともない。
手伝ってくれた妹には、本当に頭があがらない。

俺はこれを着た彼女の姿を想像して、ついつい口がにやけてしまった。

416 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 00:58:00.06 ID:UZ1GF9qB0
もちろん間に合うんだよな?
だよな?
417 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:00:16.16 ID:eYGtQhNc0
>>1かっこいい

418 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 01:06:22.50 ID:VEa4UjXG0
ドレスが出来上がったのは、彼女の誕生日の二日前の事だった。
ドレス作りは間に合った。
完成したときは嬉しくて本当に泣きそうになった。

俺は、それを宅配便で送るつもりでいたが、もう時間も迫っていたので
大きな紙袋にいれて、自力で、向こうの自分の家まで持っていくことにした。
このときは本当に寝不足続きで、目薬とフリスクが手放せなかった。

420 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 01:10:37.72 ID:VEa4UjXG0
彼女の誕生日の日がやってきた。
まず、彼女の調子がよければいいが。行っても寝ている時が増えていたのだ。

そして俺は重大なことに気づく。
「俺、自分のタキシードとかねえじゃん…」
俺は仕方なく、スーツで行くことにした。ちょっと洒落たネクタイをすればいいだろう。

俺は、紙袋にドレスと想いを込めて、家を飛び出した。
そして、この日は俺にとって忘れられない日となる。

421 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:11:08.88 ID:fmBwI2Gs0
まさか・・・
いやまだだよな?
422 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:11:29.83 ID:7Rw3FX/J0
なんか胸騒ぎが・・・こわい・・・
423 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:11:41.27 ID:Ha9LZt050
良い意味で…だよな…?
424 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:11:51.89 ID:5ggZrC0P0
なんかやな感じがするのは何故だ
425 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 [sage]:2012/01/18(水) 01:12:16.83 ID:eWsbdsp60
試験終わったら、ゲーセン行こう
下手くそだけど、行こう
≫1ありがとう
426 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:12:36.38 ID:eYGtQhNc0
え?
え?
427 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:12:51.81 ID:Bdk2QYN20
ヤダよ…胸が痛いよ
428 : 忍法帖【Lv=14,xxxPT】 :2012/01/18(水) 01:13:42.48 ID:oPbRAh/5i
気になって眠れない
429 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:13:44.76 ID:OqcgM5Ht0
忘れられないほど幸せ…だよな…?
430 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:13:51.57 ID:MnJM/s69O
良い意味であって欲しい……
431 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:14:07.38 ID:rzoqNA0iO
ちょ
このタイミングで寝れねぇぇぇ
432 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:14:13.25 ID:wBa3Kpcn0
ざわ・・・ざわ・・・
433 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:15:22.60 ID:JyzSNxVZi
ハッピーエンド規模( ; ; )
435 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:15:32.97 ID:RsJt1R2i0
彼女が今1の隣にいるというハッピーエンドはない
手術しても一年くらいしか生きられないって言ってたろ

436 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 01:15:59.80 ID:VEa4UjXG0
俺は途中でいい感じの花束を買っていった。
ブーケのつもりだった。
気分は新郎。楽しい気分で一杯だった。

病室に着く。彼女は、起きていた!
俺は心のなかで「やった」と思うと、彼女に向かって
「誕生日おめでとう!!」と言って花束を渡した。

彼女は一度「わっ」と言うと笑顔で
「嬉しいー!ありがとう~!」と言った。

437 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:16:14.25 ID:vOnMAmMj0
奇跡を信じる
438 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:17:00.79 ID:FO9QRbW/0
頼むぞ、信じてるからな
439 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:17:41.62 ID:PyqpFDjX0
奇跡よおこれ
440 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:17:48.23 ID:5sfMeCjB0
ひとまず、良かった!
442 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:18:31.69 ID:9f/ojy+l0
まじ頼む
446 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:20:11.17 ID:ceLIC91u0
435
医学の進歩が追い付けば余命年数は覆る
不治の病も感知する病気になる
447 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:20:26.39 ID:AEBadUsH0
映画化した時のためのタイトルでも考えとくか
448 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:21:10.17 ID:5ggZrC0P0
>>447
トルコキキョウの花言葉を題名にしよう

449 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 01:21:20.94 ID:VEa4UjXG0
笑顔が返ってくるのが嬉しくて、嬉しくて、もう仕方なかった。

彼女「スーツなんて気合い入ってるねーw」
俺「ちっちっちっ。今日はこれだけじゃないんですよ」
正直緊張で胸がやばかった。

俺は紙袋から、想いを詰めたドレスを取り出す。
「じゃーん!」
彼女「え!え!何これ!!ウェディングドレス!?」

彼女は途端に興奮して目をキラキラと輝かせた。

450 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:21:31.85 ID:Ha9LZt050
>>447
ゲーセンウェディング(仮)
451 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:23:00.98 ID:7Rw3FX/J0
なぜか、ずっと昔にあった。病院で女の子出会ってそれを契機に医者を目指した男のスレを思い出した。。。
452 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:23:25.51 ID:AEBadUsH0
『あの時渡した花の名前をずっと忘れない』パクリだスマン
453 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:23:51.05 ID:HNq7jwAJ0
>>451
あったな。
懐かしい
460 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:25:35.73 ID:9f/ojy+l0
>>451
半分の月がのぼる空のやつか。俺そのスレにいたわ。
462 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:26:59.96 ID:qvl4xiwbi
続きを書くな下さい( ; ; )
463 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:27:09.29 ID:+LGyCUrG0
>>460
半月かー俺はてっきり、abの音無かとおもたー
464 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:28:01.11 ID:7Rw3FX/J0
>>453
>>460
そうそう。俺はニコでまとめられたやつを見たんだけども何度見てもがん泣きだったわ。スレチすまん

465 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 01:28:05.88 ID:VEa4UjXG0
彼女「え、え、え、どうしたのこれ!?」
俺「俺が作ったんだーw」
俺は照れながら、誇らしげに答えた。

俺「着てみる?」
彼女「うんうん、着る着る!!」

少し、大変だった。お母さんとか看護婦さんを呼んで、
どうにか彼女が着替えられる体勢にした。

その後、
彼女「着替えるから待っててね。」
といわれてカーテンが閉じられた。新婦のお色直しを待つ、新郎のような気分だった。

469 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:29:38.33 ID:+LGyCUrG0
>>465
二人だけの結婚式?
。。。ごめん、言葉にしたらすごく切ないな
470 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:30:14.96 ID:Ha9LZt050
良い感じで誕生日進んでよかった…
ただなんか…死亡フr…いや、なんでもない…
俺の思い違いだな
472 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:30:51.88 ID:Ky/4BcWQ0
ROM専でいようと思ったが、たまらず書き込む。
どうかハッピーエンドでありますようにと。
474 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:35:58.63 ID:yq+BRDNt0
妹さんには正直に言って手伝って貰ったほうが良かったかもな
打ち解けて仲良くなっていたのなら
475 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:37:00.84 ID:UdSexZFQ0
ほんとハッピーエンドであってほしい。

476 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 01:37:41.97 ID:VEa4UjXG0
彼女「できたよー!」

カーテンが開いたその向こうには、
俺の作ったちょっぴり不格好な純白のドレスを着て、はにかむ彼女がいた。

「似合ってるでしょー?」
と彼女は笑いながら俺に尋ねた。

俺は、この日見たこの光景を一生忘れることはない。
彼女は、ただただ、綺麗だった。
嫌なことも辛いことも、何もかもがふっとんだ。

477 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:38:08.16 ID:fmBwI2Gs0
最後に近づくいてくるほど
結末を聞くのが怖い。
479 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:40:14.48 ID:fhf1HIR00
だめだわ。結末みるまでは寝れないわ・・・
480 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:40:56.73 ID:9f/ojy+l0
とりあえずドレス着られてよかった
481 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:42:43.06 ID:7Rw3FX/J0
ここまで一生懸命に人と向き合ったことないなぁ。。1は凄い。素直に人として憧れる
482 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:42:56.42 ID:HNq7jwAJ0
ご結婚、おめでとうこざいます。
485 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:45:25.20 ID:1JlyRfFf0
前スレから全部見てきた
泣けてくる…
486 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:46:12.81 ID:ZbrbZjlai
ヤバイ…
涙で画面が…
487 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:47:38.68 ID:K0G4Rtir0
おまいらのぬくもりを感じる
488 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:47:39.51 ID:mQPGRlAVi
たのむ生きていて
489 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:49:07.23 ID:E5U4ihBz0
なにこのヌクモリティ

490 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 01:49:53.79 ID:VEa4UjXG0
俺は彼女の手をとった。
そうすると、彼女は歌い出した。
「ばたふらいーきょうはーいままーでーの」
「どんなーときよーりすばらしいー!」

木村カエラのbutterflyだった。その歌は、彼女が歌い出すと
近くにいた看護婦さんまで歌い出した。
4人部屋だったんだけど、病室の人たちは笑って手拍子をしていた。

俺は彼女に向かって言った。
俺「一生にそばにいるね。」
彼女は「わたしも。」と小さく頷いた。

492 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:50:09.38 ID:FO9QRbW/0
今でもあの出会ったゲーセンに一緒に行ってるendを希望
493 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:52:47.73 ID:3YzCxcUB0
彼女さんが天使すぎて泣ける・・・。゜(゜´Д`゜)゜。

495 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 01:55:20.94 ID:VEa4UjXG0
そういう流れだったのか、恥ずかしくて仕方なかったけど、
俺たちはお母さんやら患者さん、看護婦さんたちの前で
小さくキスをした。唇が触れ合うくらいの、優しいものだった。
そして何より、これが彼女との初めてのキスだった。

自然と拍手みたいのが起きてしまって、とても恥ずかしかった。
俺たちはお互いに見あって、笑いあった。
キスしたらそれがおかしくて、ふたりで笑いが止まらなかった。

496 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 01:56:40.40 ID:VEa4UjXG0
まだ起きている人はありがとう。
このペースなら間違いなく今日このまま完結しますので、
お付き合い頂けたら幸いです。

497 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:56:49.68 ID:RoR7iMk30
おう
498 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:57:36.33 ID:uNLlqxAdi
待ってるぞ!!
499 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:57:42.94 ID:wBa3Kpcn0
キスだと?
>>1は出来る子だなw
500 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:57:53.72 ID:mQPGRlAVi
おし起きてるわ
頑張れ
501 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:57:58.38 ID:836j5cAy0
見てる
502 :名も無き被検体774号+[age]:2012/01/18(水) 01:57:58.56 ID:YpbjLVjy0
うん
503 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:58:04.38 ID:9c4eEsQt0
完結まで付き合うよ>>1
504 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:58:05.03 ID:P23OEvWN0
>>496
ありがとう
このまま見守るノシ
505 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:58:07.00 ID:deUbLQzV0
見届ける
506 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:58:27.31 ID:EQtpebpR0
今日完結か
卒論してる場合じゃねー
507 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:58:42.62 ID:MnJM/s69O
JUJUの奇跡を望むならのPVが出てきた(TT)
508 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:58:50.80 ID:rMBKACXn0
もうこんな時間かよ
起きてから続き見て、泣きながら会社行くわ
509 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:58:56.26 ID:9f/ojy+l0
待ってる
510 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:59:15.85 ID:16piGS6K0
完結を見届ける!
511 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:59:29.85 ID:6Fj87JSQi
完結=…………
512 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:59:48.57 ID:yq+BRDNt0
今日は寝かせないぜ?
513 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 01:59:51.93 ID:OuXjV46H0
最後まで見守ってる!!
514 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 01:59:57.43 ID:GiMQqHjD0
どぞ。
515 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 02:00:00.50 ID:3YzCxcUB0
俺も一生そばにいるぜ!!
516 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 02:00:19.21 ID:FvJaK9/di
見届けるよ
517 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 02:00:24.31 ID:eYRmsKzc0
>>511
まだ何もわかんねえだろ!
518 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 02:00:55.54 ID:ZTtSI2F6O
よし!見守ってるぞ!
519 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 02:01:00.20 ID:SfuDRpCm0
(´;ω;`)ウェディングドレスはくると思ったけど…眠れなくなっちゃった
520 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 02:01:33.42 ID:8nddEFZl0
ずっとロムってるけど、ちゃんと完結するまで見てるからな
1こんな素敵な話をお裾分けしてくれてありがとう
語弊あるかもしれないけど悲しくて幸せな不思議な気分だ
521 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 02:02:50.68 ID:ilWYemZd0
まさかこのスレが社会現象を引き起こすとは、まだ誰も知る由のない話なのであった
522 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 02:02:53.83 ID:0fgQpmJg0
頑張って書いてくれてる>>1をほっといて寝れるわけないだろ
523 :KOR[kaori_m_0607@yahoo.co.jp]:2012/01/18(水) 02:03:16.20 ID:NwTmpMfrO
あたしの生き様
524 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 02:03:37.25 ID:h3JNK7bFi
やばい涙が…
525 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 02:03:38.77 ID:GjFq1fGq0
完結すんのか・・・
526 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 02:04:03.23 ID:/4ekVXGZ0
最後まで見ますわ
528 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 02:05:34.30 ID:ehAPk2F00
もう我慢できない。ちゃんと最後まで見てるから。
530 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 02:05:49.99 ID:uNLlqxAdi
オレ達だけではなくて、普通に皆に見て欲しいのが本音。
532 :KOR[kaori_m_0607@yahoo.co.jp]:2012/01/18(水) 02:06:14.50 ID:NwTmpMfrO
あたしの生き様
533 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 02:06:35.34 ID:RHZ9zB7E0
この調子だとスレ埋まるかもな
お前らレスはゆっくりにしようぜ
535 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 02:07:29.60 ID:jlubkleX0
がんばれ(。・ω・。)
536 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 [sage]:2012/01/18(水) 02:08:49.25 ID:aHxRc4hxi
今夜で完結だと!?
夜勤だけど仕事してる場合じゃねえ!!

幸せな結末をお願いします‥

537 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 02:09:18.32 ID:VEa4UjXG0
その日は幸せのど真ん中にいた。
しばらく、スーツとドレスのままで二人で話した。
不思議な気分で、一生このままならいいのに、と願わずにいられなかった。

彼女はすごく喜んでくれた。
「ありがとう、すごく幸せ」と言ってつけている俺のあげたネックレスを握っていた。
「こんな日にはAnthemが似合う」と一人でフジファブリックのそれを口ずさんでいた。

しばらくするとお母さんが来て、
「写真撮るね。」と言って写真を撮った。
「何も言わなくても、幸せそうな顔してるねw」
そう言われたのが印象的だった。

539 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 02:13:11.19 ID:ceLIC91u0
この状況でbutterflyは反則だろ、涙が止まれねえ
http://www.youtube.com/watch?v=N0FMAHuG354

540 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 02:16:15.01 ID:VEa4UjXG0
俺にとって、彼女といられる日はいつも特別だったけど、
この日はそれ以上に特別だった。

楽しくて、時が止まれと思った。

この日が過ぎたあとも、しばらくは穏やかな日が続いた。
俺たちはいつも病室で一緒にいたけど、いてもいても足りないくらいだった。

普通だったら毎日毎日顔合わせてたら少しは退屈になったりするんだろうけど、
俺たちはどんなに話しても笑いが絶えなかった。
どうしてだろう、話しても話しても、もっと一緒にいたい、
そういう想いが募るだけだった。

541 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 02:16:33.77 ID:PQVzt6CC0
見ているぞ!!!
奇跡よ起こってくれ!!!
542 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 02:17:24.88 ID:fq5h8PIJ0
パンツ脱いだ…
543 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 02:18:29.17 ID:fZwfAVap0
涙が止まらない…
センチメンタル/平井堅
544 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 02:18:59.61 ID:MnJM/s69O
>>542
今夜は冷える
履いとけ
545 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 02:20:56.84 ID:jlubkleX0
今までこれほどまでに俺たち泣かせた者がいるだろうか?
546 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 02:22:36.17 ID:836j5cAy0
なんか、ここの住人に助けられてるような気がする
合間のレスがなきゃ、胸が痛すぎて読めない
547 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 02:22:50.83 ID:3YzCxcUB0
>>539
ナイスリンクthx!
548 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 02:22:59.41 ID:1uUk3DQJ0
眠いけど完結はリアルタイムで見たい…!!

549 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 02:27:34.77 ID:VEa4UjXG0
彼女は病室でぼそっと100sのセブンス・ワンダーを歌って見せたことがあった。
彼女「この病院には七不思議があるんだよ。」
俺「へえ~何それ?」

それは彼女が勝手に考えたヘンテコなものだった。
実に下らない内容で、俺は一緒になって笑った。

俺「7つ目は?」
彼女「わたしが入院してることかなー」

俺はそれを言われて言葉を失った。

彼女「はやく、元気になりたいなー」
それが彼女が珍しく弱音を吐いた瞬間だった。
俺「すぐによくなるよ、必ずね。」

俺だって、すごく不安だったけど、信じるしかなかった。

550 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 02:27:52.59 ID:uNLlqxAdi
>>548
頑張ろう!!皆で応援しよう!!
551 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 02:29:53.99 ID:0DMpy9SH0
吹石が歌った曲、まとめろ下さい
552 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 02:31:10.60 ID:SkgI0+sZ0
前スレのは上のほうにまとめてあった

553 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 02:32:38.96 ID:VEa4UjXG0
12月になって、クリスマスが近くなったあたりから、彼女の様子は徐々に変わり始める。
現実が、音を立てて彼女と俺に牙をむき始めた。

彼女は辛そうにしていることが増え、行っても一日話せないことが増えた。
クリスマスイブもクリスマスも行った。
クリスマスは、まだなんとか調子がよくて、少しは話すことができた。

正念場だった。俺はストレス性の胃炎に何回かなった。

554 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 02:33:12.33 ID:PQVzt6CC0
やめてくれ,,,,,,
555 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 02:33:30.51 ID:GjFq1fGq0
はっ。・゜・(ノД`)・゜・。
556 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 02:34:07.57 ID:3YzCxcUB0
あうう、神様・・・・・・・・・
557 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 02:34:45.45 ID:Bdk2QYN20
うぅぅ…(´;ω;`)
558 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 02:35:09.19 ID:MnJM/s69O
奇跡を、奇跡を…!!
559 : 忍法帖【Lv=24,xxxPT】 :2012/01/18(水) 02:35:29.75 ID:W5VM0uND0
こういう、辛いことや悲しいことが起こる時に命って光り輝くんだなぁ、、、

560 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 02:35:59.08 ID:VEa4UjXG0
年が明けた。
これほど世間の「あけおめ」ムードが恨めしかったことはない。
浮かれている人々が、すごく憎たらしく感じた。

この頃から、俺は彼女の両親とも連絡をより密にとるようにした。
そろそろ、いつ何が起こるか分からない状態、にまで来ていた。

そう、いざそういう状態になってからは、状況はみるみるうちに進展していった。
昨日までの状態が、次の日になれば嘘みたいになっていることも、ありうる。

561 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 02:36:30.32 ID:jlubkleX0
神様ひでぇよ…(。・ω・。)
562 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 [sage]:2012/01/18(水) 02:37:17.05 ID:aHxRc4hxi
普段なら神様になんて絶対に祈らないけど‥奇跡をどうかこの2人に!
563 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 02:37:34.09 ID:wBa3Kpcn0
すごく胸が痛い・・・・・・
564 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 02:37:40.35 ID:GjFq1fGq0
ちょっと待ってくれよ。
涙腺が書くスピードについていかねえ
565 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 02:37:52.43 ID:ceLIC91u0
butterflyの歌詞 後半
夢のすべてはいつまでも続くよ 
566 :名も無き被検体774号:2012/01/18(水) 02:39:37.50 ID:QpCO8ARs0
>>560
俺もそうだよ。
今までのことが嘘みたいに壊れていって、
何事もないように笑ってる人とか
日常を過ごしてるやつが憎くてたまらない。
すまん口だして、最後まで見届けるよ。
がんばって>>1

568 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 02:40:33.18 ID:VEa4UjXG0
俺はこの頃から、彼女との話せる時間を本当に、本当に、大切にした。
弱った彼女を見るのは辛かった。けど、優しく、笑顔で、話しかけた。

俺は今までも、楽しかった日のことは決して忘れないように日記にしたためていたが、
この頃から彼女の写真や映像もより積極的に撮るようにしていた。

570 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 02:44:25.34 ID:NdCE2txu0
なんかこれ読んでると、今自分が抱えてる悩みなんか凄いちっぽけな事なんだなぁって感じるわ…

571 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 02:45:24.83 ID:VEa4UjXG0
刻一刻と、命の火が燃えていく気がした。
俺は、今、自分が何をしているのか分からなくて、
どうしようもなく辛くなるときもあったが、病室に行って彼女の顔を見て
どうにか耐えていた。
彼女の両親との協力は、不可欠だった。

しばらくすると、彼女はとうとう個室に移った。

572 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 02:45:26.14 ID:wBa3Kpcn0
まさかとは思うが・・・・・・年明けってこないだのことなんじゃ・・・・・・
573 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 02:45:28.42 ID:3YzCxcUB0
彼女の彼氏が>>1で良かったと心底思うよ。。。
574 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 02:51:00.29 ID:/k/e5NZP0
1よ、今誰よりも辛いのはあんただな
無理はしてくれるな

575 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 02:53:12.71 ID:VEa4UjXG0
病室に座る。
俺と、彼女だけ。

俺は優しく語りかける。
「今日は寒いね。」
「最近スパ4強くなったんだ俺ー」
「今度画材屋行こうと思うんだけど、何か欲しい?」
「俺はね、水彩色鉛筆がしたくて…」

返事が返ってこない日のほうが多かった。
たまに、すごくゆっくりだけど、答えてきたり、
自分から話そうとすることもあった。

576 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 02:55:09.88 ID:jlubkleX0
辛すぎる…
577 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 02:56:17.27 ID:W8UbBmSj0
>>575
がんばれ彼女。
578 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 [sage]:2012/01/18(水) 02:56:20.61 ID:aHxRc4hxi
無理して完結まで行かなくていいよ‥
どんな気持ちで>>1がこの文章を書いてるか想像しただけで辛いよ‥

579 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 02:57:47.25 ID:VEa4UjXG0
彼女の両親と、俺で、彼女を見守る。

彼女は俺に言った。
彼女「富澤…いるの…?」
俺「いるよ!俺はここにいるよ!」

彼女は少し笑みをこぼしてみせた。

彼女「あのね…。少しだけね…言いたいの…。」
俺「ゆっくりでいいんだよ、俺は、ずっと、ずっと、そばにいるんだから。」

彼女「いつもね…一緒に…いてくれた…人…」
俺「うん、うん。」
俺は半泣きだった。
彼女の両親も、泣き出していた。

580 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 02:58:45.57 ID:PyqpFDjX0
涙が溢れてきた
581 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 02:59:45.24 ID:/4ekVXGZ0
もはや釣りであって欲しいとすら思うレベル
583 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:01:05.30 ID:szJSk2LX0
うわぁぁぁぁ!!
神様ー!!どうか>>1を幸せにしてー!
584 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:01:24.25 ID:Mmg5o1dw0
1がこの文打ってると思うとああああああああああああああああああああ(´;ω;`)
585 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:01:37.91 ID:W8UbBmSj0
>>579
切ない。切なすぎる(T ^ T)
俺にも彼女がいて、今日その彼女の過去についてスレ立てて、書いてる途中で俺も辛くなった。
>>1無理するなよ。自分のペースで書いてくれ。
586 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:01:42.02 ID:3YzCxcUB0
なんてレスすれば良いのかも分からない・・・(゜´Д`゜)
587 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:02:30.60 ID:aZsPXcyj0
切ないけど不幸ではないよ(´;ω;`)
588 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:02:48.19 ID:4rVvyaJ70
夢オチだよな?目が覚めたら元気な彼女とのラブコメになるんだよな?そうだと言ってくれよ…
589 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:05:58.90 ID:5ggZrC0P0
こっから奇跡的な回復を見せるんだな!よしこい!
こい!
来てくれ…
590 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:06:29.75 ID:20eKcM9Fi
俺の悩みなんかホント小さいな
1よこれは供養になると思う
がんばれ
591 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:08:38.15 ID:C5dJ841d0
>>590
まだ早い。最後まで聞いてからにしようぜ
592 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:09:14.09 ID:0iwPokGRO
>>590
まだ死んでねぇよ
縁起でもないこと言うなよ!
593 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:09:54.84 ID:Mmg5o1dw0
>>590供養とか言うなよ…

594 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:10:20.09 ID:7Rw3FX/J0
小田一正のあのCMよぎった。なみだとまらん
595 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:10:29.13 ID:rGyGsIzI0
>>590
おい。
597 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:11:10.19 ID:WRJ+pcXI0
>>590
こら
598 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 [sage]:2012/01/18(水) 03:11:37.94 ID:aHxRc4hxi
>>594やめろよ‥あのCMは反則だろ‥

599 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 03:11:38.26 ID:VEa4UjXG0
彼女「富澤は…わたしの…大切な人…」
俺「うん、俺も、吹石が大切だよ…」

彼女「わたしが…いなくなっても…富澤はきっと…しあわせに…なってね…」
俺「違うんだよ!!吹石も一緒に幸せになるんだよ、ずっと一緒なんだから!」

彼女は少し笑みを含んで、
彼女「こんなわたしを…大切に想ってくれて…ありがとう…ありがと…」
俺「うん、うん。」

彼女「わたしは…だいじょうぶ…たのしかった…」

彼女はゆっくりだけど、確かに、俺にそう伝えると、
そのあとお母さんやお父さんに懸命に、話していた。
俺は、泣きすぎた。
その日だけで一年分くらいの量の涙を流したかもしれない。

600 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:11:57.62 ID:jgy15L+D0
瑛太と堀北で再生してるからな
601 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:12:45.68 ID:wBa3Kpcn0
俺たちも覚悟をしなければいけないようだ
602 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:12:54.18 ID:9c4eEsQt0
切ない・・・
603 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:13:04.04 ID:yq+BRDNt0
もう駄目だ
ディスプレイが滲んで世ねねえ
604 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:13:24.46 ID:tkAKeB4V0
フジファブリックの笑ってサヨナラ聞きながら泣いてるのは俺だけじゃないはず
606 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:14:00.21 ID:3YzCxcUB0
怒らないから嘘だと言ってくれ・・・
607 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:14:23.42 ID:dVLZAJV20
矢吹さんが言った曲の歌詞はコピーしてますので完結してからあげさせて頂きますね。BGMとかうんぬんより本人のその時の気持ちがリアルに伝わって最強過ぎるから。
608 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:14:39.39 ID:p1GDdYAK0
サヨナラのかわりに花束を
609 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:15:16.72 ID:jgy15L+D0
自分の体が確実に弱っていくのを実感しながら
話すのもままならないほどになった状態で伝えたい言葉
重く切ないとしかいえねぇよ…
610 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:15:39.64 ID:4rVvyaJ70
安価で蘇生魔法使う(つ´・ω・)つ
611 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:16:01.67 ID:0bXpleZp0
>>607
ジョー…
612 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:16:05.40 ID:E39Js7rbO
フジファブリックてボーカルの志村さんが2009年に亡くなってるんだよね。
いつどこでなにがあるかわからないから懸命に生きよう。
613 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:16:07.03 ID:fZwfAVap0
矢吹さんじゃねえし
614 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:16:14.17 ID:0jioi2tK0
もう涙が・・・
615 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:17:04.10 ID:LxX6p4CE0
ここからハッピーエンドなんだろ!?そうなんだろ!?
616 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:17:23.92 ID:6wE16rLc0
美しい名前

618 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 03:18:01.04 ID:VEa4UjXG0
それから二日後、彼女は俺と両親に見守られながらこの世を去った。
享年24歳。

最後は安らかに、眠りに落ちるようだった。

俺はしばらく式やその他の彼女に関わることの整理で、忙しくなり、気が張った。
目の前で進行していく数々の出来事が、俺の脳をただただ通過していくだけだった。

619 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:18:26.74 ID:836j5cAy0
日本医学超頑張る展開を(TдT)
620 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:18:31.34 ID:Gurc3fbUi
吹石って女優てあのコーヒーのCMでてる人だおね?美人だー
622 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:19:08.04 ID:/0FhUzG0i
。・゜・(ノД`)・゜・。
623 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:19:11.85 ID:836j5cAy0
うあ゙ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゙ぁあぁ゙ああぁぁうあ゙ぁあ゙ぁぁ
624 :角笛吹き ◆D3wTy8Z7ck :2012/01/18(水) 03:19:12.47 ID:O7bS0mc20
あぁ…
625 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:19:18.24 ID:/1cDilIN0
そうか…
626 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:19:20.94 ID:8nddEFZl0
呆然としちゃうよな、そういう時って
627 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:19:21.60 ID:3YzCxcUB0
ネタだと言ってくれ・・・・。゜(゜´Д`゜)゜。
628 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:19:30.72 ID:wBa3Kpcn0
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
ああ・・・・・・ああ・・・・・・
くっそおおおおおおおおおおおおおおお
くっそ・・・・・・
629 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:19:38.17 ID:Gurc3fbUi
まじか・・
630 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:19:44.83 ID:ceLIC91u0
予想してたがその結末は聞きたくなかった
631 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:19:47.20 ID:jlubkleX0
おれ声出して泣いてるよ…。゚(゚´Д`゚)゚。
632 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:19:48.75 ID:SkgI0+sZ0
釣りって言ってくれてもいいんだぜ・・・
633 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:20:13.97 ID:MnJM/s69O
>>618
嘘だと言ってくれ……
634 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:20:15.22 ID:9f/ojy+l0
若すぎるだろ・・・
635 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:20:26.38 ID:/4ekVXGZ0
釣り宣言まだ?
頼む???釣り宣言を???
636 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:20:50.97 ID:7Rw3FX/J0
なんでこういうのに限って釣りじゃないんだよ。。。
637 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:20:51.12 ID:YEGZrLtg0
ザオラルっ!
638 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:20:52.91 ID:p1GDdYAK0
もうやだ、こんな話やだ、耐えられん
639 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:21:02.65 ID:vzGjKqEU0
うわああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁ
640 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:21:10.12 ID:obXvQdZQ0
釣りだと言ってくれ…
641 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 [sage]:2012/01/18(水) 03:21:10.93 ID:aHxRc4hxi
直後から暫くは悲しむ暇すらないからな‥
一段落した後の辛さったらないよ
642 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:21:43.30 ID:deUbLQzV0
くそ、悔しい。。。
643 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:21:52.09 ID:16piGS6K0
成仏して来世で二人幸せになってくだはい
644 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:21:58.57 ID:e4QpxYmCO
いらんレス大杉。もうちょい黙って見守ってやろうよ?
645 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:22:04.88 ID:7dtwI9Ez0
ううぅ…
646 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:22:05.18 ID:BV5eaHlR0
彼女の生きた証を>>1と共有したよ
彼女の分まで生きろよ
陰ながらに応援するよ
647 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:22:05.45 ID:yq+BRDNt0
アクネ菌でガン治療出来るんじゃねえのかよ!
あと1~2年違っていればなあ
648 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:22:25.69 ID:PyqpFDjX0
うぅ( i _ i )
649 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:23:15.33 ID:aZsPXcyj0
もう歯磨いちゃったけど、ちょっと酒飲むわ。。
650 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:23:15.88 ID:uNLlqxAdi
今色んな感情が入り混じっている・・・画面は何か歪んで見えづらい(T_T)
651 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:23:16.50 ID:GjFq1fGq0
しりたくなかったー
652 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:24:00.77 ID:87nACf510
言葉に出来ないな…

653 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 03:25:36.02 ID:VEa4UjXG0
彼女がいなくなったこと、続けざまに起こる法要、
俺は、ただ呆然としていた。
心にぽっかり、穴が開いた。

彼女のお墓の前に言った時、俺があまりに号泣しすぎて
周りにも奇異な眼差しで見られた。

657 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:26:35.98 ID:KtwgTYn30
エンディングまで・・・泣くんじゃない!
658 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:27:07.84 ID:UcvTtKg+0
>>657
すまん
もうないてしまった・・・
659 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:27:31.48 ID:ceLIC91u0
気になる事があった1は彼女に愛してるって言ったか?
言ってなければ墓前でいいから愛してると言ってあげてくれ
661 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:27:39.03 ID:Wkz7ugNU0
でも彼女は1に出逢えてよかったよ
一生分のしあわせをありがとう
662 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:27:45.82 ID:qjbpGg6h0
頭の中でさよなら大好きな人が流れてきた…
663 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:28:39.07 ID:16piGS6K0
全俺号泣
664 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:28:51.14 ID:jlubkleX0
これにまだ花言葉が待ってるのか…涙足りるかな…
665 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:29:16.71 ID:eYRmsKzc0
釣りだろ
こんな悲しいことが現実なわけない
666 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:29:20.82 ID:Mmg5o1dw0
いやだあああああああ
667 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:29:54.18 ID:836j5cAy0
死別の虚無感喪失感は想像を絶するよな…
いくら泣いても泣いても
668 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:30:59.54 ID:+raaJDbe0
>>664
俺はもう気になって調べちまったよ・・・・・・
669 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:31:12.38 ID:3YzCxcUB0
今全国で泣いてるヤツいっぱいいるだろ
この涙が彼女に届きますように・・・
671 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:31:59.19 ID:Bdk2QYN20
>>661
おまえが泣かすなよ…(TдT)
672 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:32:16.44 ID:JrrH7fOE0
すごい悲しみを感じる…。今までに感じたことのない激しい悲しみを…。涙…なんだろう確実に流れてきてる、俺のアゴヒゲの近くにまで。

673 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 03:32:24.58 ID:VEa4UjXG0
気づいていた人は大勢いると思うけど、
俺と彼女は最初から最後まで「好き」という言葉を互いに
口にすることがなかった。なぜなのか俺にも未だに不思議なんだけど、

そんなこと口にしなくてもお互いが大切に想ってるって分かってたし、
一緒にいて共に過ごしてること自体がそういうことなんだから、
口にしなかったんだと思う。
言おうと思ったこともなかった。
誰かが磁石が惹きあうみたいって言ってくれたけど、それがすごくしっくりきた。

674 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:34:11.92 ID:eYRmsKzc0
最後までって…
もう見てられないよ
お休みなさい
1幸せになれよ!
675 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:35:09.40 ID:87nACf510
>>1と彼女の心は繋がってるよ。 今でも。
676 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:35:13.86 ID:wBa3Kpcn0
「好き」って言葉以上の、もっと形容しがたい何かが二人にはあったんだろうな
677 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:36:04.00 ID:ItVhZz9y0
上手く言えないけど、
俺はこの話に出逢えてほんとによかったと思う。
678 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:36:16.90 ID:mriHDuWL0
>>1
今度でいいから、自分の家族の反応教えてほしいです
あと、親父さんとのやりとりも聞きたいです
679 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:36:29.82 ID:W6M5GdqB0
butterfly・・・いい曲だなぁ・・・
明日CD買ってくる
680 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:36:35.86 ID:jlubkleX0
>>673
それも1つの愛の形だな
681 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:37:15.18 ID:UcvTtKg+0
>>677
同じく、1よ・・・ありがとう
682 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:37:47.53 ID:ceLIC91u0
>>673
俺がこう言うのは何だが言うべきだったよ 好きだ 愛してる
絶対彼女喜んだよ、霊や天国というものが存在するかもしれない
好きだ 愛してるって叫べよ 届くかもしれない 頼むよ
683 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:38:02.24 ID:deUbLQzV0
>>1、ありがとう。
2人のこと、忘れないよ。
684 :名も無き被検体774号:2012/01/18(水) 03:38:20.87 ID:QpCO8ARs0
こんなに純粋な愛がある世界でよかった。
多分好きという言葉じゃ足りないほどなんだろうな
685 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:38:25.83 ID:9f/ojy+l0
スピッツの楓が流れてきた。やべえ・・・
686 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:39:07.83 ID:I67ljKQbi
俺周りの人をもっと大切にするわ
687 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:39:13.30 ID:+raaJDbe0
あーあ、俺何で生きてるんだろう
688 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:40:11.11 ID:7Rw3FX/J0
時期としてはかなり経っているとは思いますが、彼女さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。そして、1さん。ごめんなさい。なにも言えないです。。
689 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:40:16.16 ID:836j5cAy0
>>1は、彼女が安心できるよう、天より彼女のもとに使わされたんだろう
彼女が残した笑顔をしっかりと記憶に残すために
690 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:40:45.86 ID:/1cDilIN0
日曜の夜中にたまたま見つけて読み始めてここまで追いかけてきたけど、このスレに出会えたことを感謝。>>1と彼女、本当にありがとう。
691 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:40:50.12 ID:Bdk2QYN20
>>1ありがとう。
692 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:42:16.80 ID:aHxRc4hxi
ありがとう
なんだかわかんないけど
ありがとう
693 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:42:38.28 ID:9c4eEsQt0
本当にこのスレに出会えて良かったよ

694 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:42:57.30 ID:9tfWldQ60
1ありがとう。
もいちどあげます。
10-FEET/ライオン

一体何の為の嘘なんだ!
もう僕は何処にも居ないんだ
何の為に生きているんだろう?
叫んだ。
心の形が変わっても
全てを犠牲にしてもいい
そこに愛とあなたが在るなら
叫んで
叫んで… 。

695 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:43:02.88 ID:ob0W8tQ/0
相手が居るのに喧嘩ばっかな自分が情けない
1と彼女さんよ…本当にありがとう
696 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:43:05.30 ID:3YzCxcUB0
長生きしたからと言ってこんな純粋な恋愛が出来る訳じゃないしな
神様は>>1という出来る限りのプレゼントをしたんだと思うよ
697 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:43:44.69 ID:szJSk2LX0
>>1ありがとう
子供たちのインフルエンザの看病頑張るよ。
>>1もみんなもインフルエンザ気をつけてね!
698 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:43:53.46 ID:LUkFmGNDi
平井堅の僕は君に恋をすると、ゆずの逢いたいを聴きながら読んでたら号泣
>>1に何か伝えたいけど、掛ける言葉が思いつかないよ…

699 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:44:08.25 ID:9tfWldQ60
藍坊主/テールランプ

神様一つ聞いてくれよ
風切る足を僕にくれよ
星降る丘に行きたい
あの娘に一度星見せてあげたい
突き出す前足をくれよ
蹴り出す後ろ足をくれよ
あの娘を笑顔にしたい
灰色の夜を駆け抜けて

700 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:44:23.91 ID:xmcVddMq0
かほさんは今何処に在籍してるかご存知の方がいたら教えていただけませんでしょう?
よろしくお願いします。
701 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:44:49.68 ID:Gurc3fbUi
結構最近のことなんじゃないのか??
てか>>1それからが気になる!
702 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:44:50.17 ID:HzuHNX8bi
>>1はさ、彼女亡くなった後、どうやって気持ち落ち着かせたの?
数日前のこと?
おまいも大丈夫か?
オレは20歳の時、友達亡くなって
12月だったけど近くの公園永遠彷徨ったよ
親とかにも気やすい気がしていえなかった
その後数日の記憶ない
703 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:44:53.54 ID:x7/jBVUh0
>1ほんとにありがとう
今から読み返してくる
704 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:44:54.86 ID:UcvTtKg+0
チクショー!ティッシュなくなっちまったじゃねーか
こんな顔でコンビニなんていけねーよ

705 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:45:30.42 ID:9tfWldQ60
フジファブリック/ベースボールは終わらない
べースボールの音が鳴った
誰もギャラリーいないグラウンド
上空に君を映した
ベースボールは終わらないよ
誰一人言わないゲームセット
大飛球を追い駆けるのよ
ベースボールの音が鳴った
誰もギャラリーいないグラウンド
上空に君を映した

706 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:46:05.71 ID:8S9WnL8z0
おい、まだ拍手喝さいには早いぞ
後日談とかあるかもしれないんだから
>>1が終了宣言するまで待てないのかよw

707 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:46:22.56 ID:9tfWldQ60
Mr.Children/星になれたら
さようなら 会えなくなるけど
さみしくなんかないよ
そのうちきっと
大きな声で 笑える日が来るから
動き出した 僕の夢
高い山越えて 星になれたらいいな

708 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:46:26.47 ID:mriHDuWL0
しっかし親父以外に話さなかった>>1の根性はすごいな
709 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:47:02.81 ID:Mmg5o1dw0
読み返してるけどやばい
710 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:47:05.42 ID:QKslN2eDO
はじめから見てきたけど、2人の出会いは偶然的でなく必然的だったんだと思う。
出会うべくして出会ったんだよ。
絶対に意味があるんだよ。一緒に過ごした時間なんか問題じゃない。こんなに、たくさんの人の心に何らかの影響をあたえた意味のある時間だったんだよ。
彼女さんの冥福を心より祈ります。

711 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:47:05.18 ID:9tfWldQ60
フジファブリック/birthday

今日は特別な夜さ
素敵な夢を見れたらなあ
明日が待ってる ゆっくり帰ろう
今日は特別な夜さ
素敵な夜になりそうだ
みんなが待ってる 急いで帰ろう

712 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 03:48:19.07 ID:VEa4UjXG0
みなさん、ここまで付き合ってくれて、本当にありがとう。

ここまで書くのは、正直本当に辛かったけど、みんなの支えがあったおかげで、
途中で折れずに最後まで書けました。
一服、と言って泣いてることも実はけっこうありましたw

今は乗り越えたとは言えませんが、整理はつきました。
最後に、花言葉でしめた方がいいのでしょうか?

713 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:48:19.52 ID:9tfWldQ60

木村カエラ/butterfly
Butterfly 今日は今までの
どんな時より 素晴らしい
赤い糸でむすばれてく
光の輪の なかへ
Butterfly 今日は今までの
どんな君より 美しい
白い羽ではばたいてく
幸せと共に

714 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:48:23.90 ID:ULCabgGO0
>>711
一通り終わってからにしてくれ

715 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:48:46.74 ID:9tfWldQ60
フジファブリック/anthem
闇の夜は 君を想う
それら ありったけを 描くんだ
鳴り響け 君の街まで
闇を裂く このアンセムが
何年間で遠く離れてしまった
いつでも君は 僕の味方でいたんだ
でも いない いない いない
いない いない いない いない
いないや
もう いない いない いない いない
いない いない いない いないや


花言葉お願いします。
716 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:49:09.75 ID:wBa3Kpcn0
>>712
このスレを立てたきっかけを頼む
717 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:49:22.54 ID:aHxRc4hxi
>>707もうカラオケで泣かずに歌える自信ねーよ‥
718 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:49:22.94 ID:UcvTtKg+0
>>712
花言葉たのむ1から聞きたくてしらべてないんだ
719 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:49:34.69 ID:+raaJDbe0
最後に「釣りでした」で締めてくれればそれでいい

それでいいんだ・・・・・・
720 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:49:38.44 ID:3YzCxcUB0
そうだね、花言葉知りたい
721 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:49:42.61 ID:ULCabgGO0
>>712
あなたの文才で、ぜひ花言葉でしめてください
722 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:50:19.45 ID:9f/ojy+l0
花言葉が「釣り」だったらどんなにいいか
723 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:50:35.88 ID:+raaJDbe0
>>712
あとがき。現状を
724 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:50:50.32 ID:3YzCxcUB0
>722
その発想はなかったw
725 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:51:21.62 ID:UcvTtKg+0
>>722
禿同
726 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:51:21.88 ID:yq+BRDNt0
>>1は頑張って生きて彼女の分まで幸せになって欲しい
彼女もそれを望んでいるだろうし
727 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:51:22.14 ID:/KuuHms90
花言葉はもちろん「釣り」なんだろ!?
そうであってくれ......
728 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:51:57.39 ID:jFmBhw/XO
目から汁が
729 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:51:59.20 ID:7ICTDeT00
無駄に過ごしてしまってる一日があるけど、
もっと一日一日を大事にしないといけないと思ったよ。
頑張って生きる事の大切さをあらためて知った。

書いてくれてありがとう。

そして俺も自分の大切な人をもっと大事にするよ!

>>1さん本当にありがとう!
730 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:52:07.65 ID:87nACf510
空想とか…な。
731 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:52:36.07 ID:aHxRc4hxi
さて、腹筋だよな?
732 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:54:33.21 ID:QCNTMaLE0
スレ残り少ないし書き込み自重しようぜ。
733 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:54:41.23 ID:ceLIC91u0
その人が死んでもその人を思ってる人がいる限り
心の中で生き続けると聞いた事がある
好きという言葉を発してしまうと特別な存在になり
別れがつらくなってしまう、だから1と彼女は好きって
言えなかったんじゃないかな、彼女が1の中で生き続けるために
彼女を好き(OR愛してる)ってこのスレだけでも宣言してあげてほしい
そしたら彼女は1にとってより大切になり彼女の存在が救われる気がする
まあ、自己満足かも知れないが

734 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 03:55:01.82 ID:VEa4UjXG0
複数あるようですが、
彼女が大好きだったトルコキキョウの花言葉は、
「永遠の愛」です。

彼女のことはこれからも、ずっと想い続けます。

735 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:55:08.28 ID:wBa3Kpcn0
>>731
>>1は4回でいいのかよ・・・・・・
俺は3回だけどなwww

ははは・・・・・・は・・・はは・・・・・・
736 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:55:29.73 ID:HgB5lEcII
>>1乙!!
737 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:55:37.14 ID:y8ZmnQTQ0
おまいらの大嫌いな韓国ドラマだが
>>1よ、「ごめん、愛してる」は絶対みるなよ
状況が似すぎててヤバイ
おそらく観たら自殺する

>>1は今後相当つらいだろう
おまいにとっても初めての恋愛だろうに
一生のトラウマになるからな
下手すると一生独身だし一生童貞で終わる
それどころか笑うことさえ、なにか楽しむことさえ罪に思えてしまう
どうにか乗り越えてくれ
嫁をつれて墓参りにいけ
これが彼女への最高の「ありがとう」だ
今はわからないだろうがいつかわかる
738 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:55:59.51 ID:aZsPXcyj0
(´;ω;`)ブワッ
739 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:56:07.03 ID:9tfWldQ60
>>1乙!!そして本当に本当にありがとう!!
740 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:56:15.45 ID:yzLMs1Ti0
あああああああ。・゚・(ノД`)・゚・。
741 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:56:28.95 ID:No5iFXrz0
>>1の書く文章でこんなにも泣けてくるのに、実際に文字じゃ書きあらわせられない程の彼女との思い出をもっている>>1は本当に辛いだろうに。
彼女は幸せだったと思うよ。このことを書いてくれて本当にありがとう。
ご冥福をお祈りします
742 : 忍法帖【Lv=24,xxxPT】 :2012/01/18(水) 03:56:35.34 ID:W5VM0uND0
>>712
そんな1を全力で支援!
いい話をありがとうございました
743 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:56:46.00 ID:KXTnuE+N0
>>734
結局彼女の病気のことは母親と妹には話してないの?
744 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:57:16.95 ID:erkDNagIi
>>1
本当にお疲れ様
本当にありがとう

745 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:57:29.81 ID:BqW5TJtni
>>734
お疲れ様

746 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:57:38.77 ID:5GjudW+Z0
乙でした、本当に
747 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:57:50.40 ID:ItPfhFsF0
>>680
『愛』って言葉は、形容詞なんだよ
愛し合っている二人の間には言葉にしたくても出来ない言葉なんだ
せいぜい言えるのが「好き」とか「大好き」なんだ

>>1が、いつかの日か…
出来るだけ早く、彼女を「愛していた」と、言える日が来るのを願ってる

たぶん
彼女も、>>1に「愛されていた」って、天国で胸を張って言える時を……
待ってると思う
748 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:57:51.97 ID:836j5cAy0
>>734
よい語らい 優美 希望 変わらぬ美 永遠の愛
749 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:57:53.01 ID:mriHDuWL0
お疲れ様。
750 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:58:00.49 ID:ob0W8tQ/0
>>734
調べず待っててよかった!!
1から聞けて本当に…

751 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:58:14.38 ID:bRdM8K2AO
長くなりましたがこのSSはこれで終わりです。
ここまで支援、保守をしてくれた方々本当にありがとうごさいま した!
パート化に至らずこのスレで完結できたのは皆さんのおかげです (正直ぎりぎりでした(汗)
今読み返すと、中盤での伏線引きやエロシーンにおける表現等、 これまでの自分の作品の中では一番の出来だったと感じていま す。
皆さんがこのSSを読み何を思い、何を考え、どのような感情に浸 れたのか、それは人それぞれだと思います。 少しでもこのSSを読んで「自分もがんばろう!」という気持ちに なってくれた方がいれば嬉しいです。
長編となりましたが、ここまでお付き合い頂き本当に本当にあり がとうございました。
またいつかスレを立てることがあれば、その時はまたよろしくお 願いします! ではこれにて。
皆さんお疲れ様でした!
752 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:58:19.84 ID:Mmg5o1dw0
1はちゃんと想い伝えてたのか
吹石もその花大好きなんだし伝わってたよな?
753 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:58:24.03 ID:UfRW3hFF0
現状教えて
754 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 03:58:24.42 ID:/k/e5NZP0
1よお疲れ様。

ゆっくり休んで下さい。
755 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:59:02.12 ID:UcvTtKg+0
>>734
いい花言葉だな・・・1と彼女にぴったりだよ

756 :名も無き被検体774号:2012/01/18(水) 03:59:29.76 ID:QpCO8ARs0
二人にぴったりの花言葉だ…
ここまで書いてくれてありがとう。
姉が彼女と同じ状況なんだ。だからこの
スレに出会うことも、私にとって運命だと
思う。辛かったのに、本当にありがとう。
彼女がいつまでも>>1を見守ってくださる様に
757 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:59:55.58 ID:0jioi2tK0
お疲れ様です。

書くの辛かったと思うけど本当にありがとうございました。
758 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 03:59:58.96 ID:9tfWldQ60
>>751
おい
759 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:00:02.11 ID:nQt8vQZx0
>>1
もうなにもいえない
お疲れ様、ありがとう
760 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:00:03.16 ID:6wE16rLc0
ありがとう。お疲れさま。
761 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:00:22.15 ID:FhhbXD5B0
>>1
ありがとう
ほんとうにありがとう

762 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:00:57.12 ID:ItVhZz9y0
お疲れ様。

ありがとう。
763 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:00:59.59 ID:eOmSKOku0
ありがとう
764 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:01:08.01 ID:LtqJJRe5i
おつかれさまでした
765 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:01:22.36 ID:87nACf510
>>1
有難う。
766 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:01:25.85 ID:/KuuHms90
おつ
767 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:01:26.82 ID:W6M5GdqB0
イイスレだった
お疲れ様
768 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:01:42.50 ID:cdd/wLNJQ
お疲れ様でした。
本当にありがとうございました。
769 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:01:48.23 ID:DtlOjlLG0
お疲れ様
ありがとう…
770 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 [sage]:2012/01/18(水) 04:02:00.34 ID:lyc6+8cY0
吹石はトルコキキョウの花言葉の意味知ってたのかな・・・
いや、知ってただろうね…
771 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:02:09.41 ID:9c4eEsQt0
おつかれさま
そしてありがとう
772 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:02:47.29 ID:1JlyRfFf0
辛い思い出を聞かせてくれてありがとう
彼女も天国で見守ってるよ
>>1の人生に幸せが訪れることを願います
773 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:02:50.11 ID:H1UefXhi0
乙!
774 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:03:08.59 ID:UcvTtKg+0
お疲れ様でした
何度でもいうほんとにありがとう
775 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:03:20.54 ID:ob0W8tQ/0
リアルタイムで見たのはこれが初めてだが1よ本当にありがとう
絶対幸せになれよ!!
お疲れさま!!
776 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:03:42.32 ID:OevOdJEj0
>>1
他のみんなも言ってるがありがとう。
本当にありがとう。
777 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:03:56.88 ID:uNLlqxAdi
>>1と彼女さん。

悲しいけど心温まるお話、ありがとうございました。

オレもいつか心から愛する人が出来たら、このスレのことを話そうと思います。

そして、二人の話と、スレを読んでいた時間、スレに書き込んだ皆の想いを胸に刻んで行こうと思います。

778 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:04:06.92 ID:P/yOu9ei0
俺の一番好きな花はトルコキキョウになったよ
もしだれかに花を贈ることがあったらこの花を贈る
779 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:04:12.25 ID:obXvQdZQ0
>>1お疲れ様、そしてありがとう。
俺、明日から頑張るよ
780 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:04:24.85 ID:8nddEFZl0
1乙

ゆっくり休んでから、ちゃんと
前向いてくれ

お前には絶対幸せになって欲しい
781 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:04:32.46 ID:y8ZmnQTQ0
「わたしが…いなくなっても…富澤はきっと…しあわせに…なってね…」
この言葉をよく考えるんだ

彼女だって愛してるとかいいたかったはずだよ
おまえを永遠に縛り付けてしまうことになるから
できなかったこともあったはずだ
だから「彼女を一人にすることはできない」とは考えるな
おまえはおまえの人生を生きろ
彼女はそれを望んでいる
耐えきれなくなってあとをおったりするなよ
782 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:04:49.11 ID:R5JNrQBfO
>>1乙。書いてくれてありがとう。

783 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:04:52.25 ID:3YzCxcUB0
本当に本当にありがとう。お疲れ様でした。
彼女は>>1に出会えたおかげで、これからも多くの人の記憶の中で生きていけるんだと思う。
短い間だったかも知れないけど、最高のカップルだよ。

後は1!おまいが幸せになれYO!
784 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:04:53.90 ID:9f/ojy+l0
>>1おつです
俺もサボってばっかいないでもっとちゃんとゲーセンに通うようにするよ
785 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:05:10.96 ID:clLXqpV6O
おつかれさまでした。
ありがとう。

ゆっくり休んでくれ
786 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:05:27.23 ID:/4ekVXGZ0
最初から見てたが感動した。
お疲れさまでした。
787 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:06:41.13 ID:1ULL9wr8i
>>1乙!
そしてありがとう
現実にこういうことがあるってのが辛すぎる
彼女のこと大切に思うのは大事だがちゃんと自分の幸せも考えろよ
彼女もそれを望んでると思うから
788 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:06:59.08 ID:yq+BRDNt0
あなたと初めて出逢ってから
どのくらいの幸せをもらっただろうね
大きいものや小さいもの
気付かずにいたようなものもあっただろうね

言葉や言葉じゃないもの
涙やケンカの後の朝日の色
2人の道は決して平らではなかったけれど

あーよかったな あなたがいて
あーよかったな あなたといて
あーよかったな 一緒にいて
あーよかったな2人でいて

ttp://www.youtube.com/watch?v=qvUao2k0nCo
789 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:07:08.33 ID:0MNf1tsV0
1お疲れさま、そしてありがとう
涙がとまらない

790 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:08:40.62 ID:7dtwI9Ez0
身体が震える…
ありがとお

791 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 04:08:47.24 ID:VEa4UjXG0
みんなここまでありがとう。
本当に、ありがとう。

彼女が亡くなった直後は一ヶ月近くまともにメシ食べれませんでした。
でも今は割と穏やかに、普通に過ごしています。

ゲーセンにも行っているよ。
やっぱり、あそこは楽しい。
みんなも、もっとゲーセンに行ってゲーセンを盛り上げてくれるといいな。

それでは、本当にありがとう。
またいつか、今度はゲーセンとかで会えたらいいね。



792 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:09:01.67 ID:MOCJE/zDO
初カキコだよ(´;ω;)
ずっと携帯から見てた
フリーターで悩んでるのが生きてる幸せになってきたお( ^ω^)
>>1さんのような素敵な恋愛がしたいと思いました。
お疲れ様です。
ありがとうございました。
793 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:09:04.66 ID:jlubkleX0
1さん感動をありがとう!
794 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:09:37.42 ID:PQVzt6CC0
まとめさせて頂きました
とても感動したので
ただ、まとめブログなんかに載るよりもなんか
形に残らないかな…?
と思ってブログまで立ててまとめさせてもらいました。
純粋にこの良い話だけを記しておきたいと思いました
何かあったら言って下さい。
http://ge-senn.seesaa.net/
795 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:10:00.63 ID:6xtS5TZF0
ずっとロムってた
幸せにな
796 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:10:04.68 ID:R5JNrQBfO
彼女にとって、>>1が幸せになってくれることが彼女の喜びでもあるんじゃないかな?
797 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:10:30.20 ID:ygY44qiQ0
俺は明日からゲーセンに通って1と付き合うぞ
798 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:10:36.43 ID:jlubkleX0
俺もゲームセンターという場所をもっと大事にしよう。
799 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:11:12.81 ID:nCONUCGa0
>>1乙
最後がちゃんとリアルタイムでみれてよかった
毎日何もない退屈な日常だと思ってたけど、もうちょっとがんばってみるよ

800 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 04:11:20.06 ID:VEa4UjXG0
あ、もっと落ち着いたら、彼女の歌ってた歌の歌詞
もっかいあげてくれたら嬉しいな

あれ、なんかすごい気に入ったんだ。

801 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:11:35.43 ID:W6M5GdqB0
>>1の家族とかにはどう説明したの?
今は大丈夫ならよかった
802 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:12:19.59 ID:Bdk2QYN20
>>791
スレ立てのきっかけは?
803 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:12:22.83 ID:87nACf510
>>791
乙!!
804 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:12:23.94 ID:QCNTMaLE0
>>1乙&記念パピコ。
亡くなった人の思い出は最強なんだからいつまでも吹石を想うのは得策じゃない。
時間かかるだろうが立ち直って新たな幸せを見つける事が亡くなった恋人への供養になる。
つまり釣り宣言はよ
805 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:12:37.29 ID:WavugPvL0
1、ありがとう
俺は今日も全力で生きます
806 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:12:51.54 ID:/KuuHms90
一昨年から去年にかけての話か。
どうやって普段通りの生活に戻ったのかも、別スレで気が向いたら頼むよ
807 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:13:44.78 ID:jgy15L+D0
果てしない不安と死の恐怖の中、ただ一つ幸せな気持ちを共有できた1に彼女は心から感謝し、そして安らかに眠りにつけた事と思う
こんな気持ちにしてくれてありがとう
この気持ちを表そうと思ったけど言葉が見つからない
ただただありがとう
808 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:13:53.74 ID:PQVzt6CC0
>>794
歌詞などもまとめさせて頂きたいのですが
>>1さん
このような形で残しても大丈夫でしょうか?
809 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:14:03.62 ID:Gurc3fbUi
ありがとおおおとお
810 :角笛吹き ◆D3wTy8Z7ck :2012/01/18(水) 04:14:30.77 ID:O7bS0mc20
>>788
この歌中学の時嫌な先公に無理やり歌わされたせいで
あんま好きじゃなかったんだが
たった今好きになれた
さんくす
そして>>1
ありがとう
どうか幸せになってくれ
811 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:14:41.00 ID:Wkz7ugNU0
>>791
>スレ立てのきっかけは?
俺も知りたい
812 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:15:19.30 ID:e2Qug+7B0
>>800
らじゃーす!!
任してください!!
813 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:15:33.61 ID:ceLIC91u0
1と彼女と通じて得たもので1が幸せになるそんな人生を歩んでほしいね
そしてこのスレを見た人間が何かを得て幸せになる事が彼女のためだと思う
俺も得るものがたくさんあったよ、二人ともありがとう みんな幸せになろうぜ
814 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:16:07.61 ID:T+Uw7YfU0
彼女だって、一人で死んでいくのは恐い、おまえの記憶から薄れていくのもイヤだ
一生自分だけのものでいて欲しい、そう思っただろう
でも自分の気持ちを殺しておまえのために「幸せになってくれ」といってくれたんだ
だから恐いだろうし辛いだろうが
時がきたらおまえも一歩踏み出さなきゃいけない
おまえがずっと独り身でいることとか、彼女が一番つらいぞ
だから、>>1よ、がんばって生きておまえの幸せをつかんでくれ
815 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:17:11.65 ID:aZsPXcyj0
Love is feeling, feeling love.
by John Lennon
www.youtube.com/watch?v=3G-qAKmACDE
816 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:17:42.97 ID:3YzCxcUB0
>>1さん とてもつらい思いをしながらも
大事なことを伝えてくれてアリガト(正座)。
絶対幸せになるんだぞー!絶対彼女さんもここのみんなも思ってるっ!!
817 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:18:25.51 ID:Mmg5o1dw0
もし良かったら吹石が1さんにプレゼントした絵見せてくれませんか?
818 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:19:01.15 ID:HCarTpeWi
ずっとROMっていたが最後まで読ませて貰った。
>>1おつ
最初のキスが誓いのキスで良かったな。
ちかい通りそばにいてあげたんだもんな。
819 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:19:19.43 ID:YPwxb8WxO
>>813
良いこと言うねぇ
凄く同意
820 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:19:48.34 ID:LUkFmGNDi
人を好きになるって素敵な事なんだなって考えされられたよ。
>>1と彼女さん、大切な事を教えてくれて本当にありがとう!
お疲れ様でした。
821 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:20:56.55 ID:JrrH7fOE0
てかいつごろの話?
822 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:21:38.06 ID:mriHDuWL0
歌詞の意味も大事だと思うが、バンド名も重要だと思うのよ>>1よ
バンド名は「届きそうで届かない距離」(10フィート=約3メートル)の意。
つまりは>>1と彼女の距離じゃないのか・・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/10-FEET
823 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:21:49.16 ID:T+Uw7YfU0
スレたてたのはきっと1年たって気持ちの整理してたんじゃないのかな?
もしくは最後に残していきたかったとか
>>1は自殺してもおかしくないと思ってる
童貞オタがこんな素敵な夢のような恋愛を経験したら
一生のトラウマになるのは間違いないし
ほんとうに一生恋愛できないかもしれない
実際に大恋愛経験して別れてしまってその後恋人作れない人って結構いるんだよ
824 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】 [sage]:2012/01/18(水) 04:22:03.78 ID:Dzhee7sui
>>1乙
本当に感動した。
いま自分のいる環境をもっと大事に思うことにするよ。
825 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:23:14.19 ID:xNpIBJl7i
いち乙
元気でな!
826 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:24:41.17 ID:dssHzLNV0
明日からがんばる
828 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:26:12.05 ID:ZHkQ8ClAO
運命ってあるねんなー。
829 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:27:40.11 ID:7dtwI9Ez0
女嫌いだったけどこんな子に出会いたい
830 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:27:58.82 ID:T+Uw7YfU0
>>1さ、今もゲーセンいってるって
それってここにいれば彼女と一緒にいるような気がするとか
彼女とまた会えるような気がして
じゃないのか?
逆だよ、ゲーセンには辛いだろうが行ってはいけないんだよ
おまえ一生抜け出せないぞ
彼女のこと本当に愛してたんなら、鬼になって一歩踏み出すんだ
831 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:29:42.33 ID:jgy15L+D0
愛って深いな
深いよ
832 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:31:50.18 ID:836j5cAy0
>>830
>>1は大丈夫だよ
彼女が選んだ奴だから、そんな過去に溺れる弱い奴じゃないと思う
たぶん、いまは笑顔だよ
じゃないと、彼女の死が無駄になる

833 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:32:48.76 ID:e2Qug+7B0
あれID変わっちまった。
まとめブログさん1さんの要望ですのでこれも載せておいて下さい。

10-FEET/ライオン

一体何の為の嘘なんだ! もう僕は何処にも居ないんだ
何の為に生きているんだろう? 叫んだ。
心の形が変わっても 全てを犠牲にしてもいい
そこに愛とあなたが在るなら 叫んで 叫んで… 。

藍坊主/テールランプ

神様一つ聞いてくれよ 風切る足を僕にくれよ
星降る丘に行きたい あの娘に一度星見せてあげたい 突き出す前足をくれよ
蹴り出す後ろ足をくれよ あの娘を笑顔にしたい
灰色の夜を駆け抜けて

フジファブリック/ベースボールは終わらない

べースボールの音が鳴った 誰もギャラリーいないグラウンド
上空に君を映した
ベースボールは終わらないよ 誰一人言わないゲームセット
大飛球を追い駆けるのよ
ベースボールの音が鳴った 誰もギャラリーいないグラウンド
上空に君を映した

Mr.Children/星になれたら

さようなら 会えなくなるけど さみしくなんかないよ
そのうちきっと 大きな声で 笑える日が来るから
動き出した 僕の夢 高い山越えて 星になれたらいいな

フジファブリック/birthday

今日は特別な夜さ 素敵な夢を見れたらなあ
明日が待ってる ゆっくり帰ろう 今日は特別な夜さ
素敵な夜になりそうだ みんなが待ってる 急いで帰ろう

木村カエラ/butterfly

Butterfly 今日は今までの どんな時より 素晴らしい
赤い糸でむすばれてく 光の輪の なかへ
Butterfly 今日は今までの どんな君より 美しい
白い羽ではばたいてく 幸せと共に

フジファブリック/anthem

闇の夜は 君を想う それら ありったけを 描くんだ
鳴り響け 君の街まで 闇を裂く このアンセムが 何年間で遠く離れてしまった
いつでも君は 僕の味方でいたんだ
でも いない いない いない いない いない いない いない
いないや もう いない いない いない いない いない いない いない いないや

834 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:33:39.25 ID:PvWj+AOwO
釣り宣言はよ。寝れねぇじゃねぇか。
なんかおれ周りの人を大切にするわ。チクショー!
トイレットペーパーで顔拭き過ぎてヒリヒリするわ。
835 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:34:38.00 ID:5aUegsc/i
いち乙!!
言う言葉が見つからないが、とりあえず
ありがとう!

836 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 04:35:25.62 ID:VEa4UjXG0
みなさん心配しているようなので、一つだけ書かせてもらいます。
俺にとって彼女は永遠に大切な存在。
それは変わりません。

しかし、大学は留年してしまいましたが、夏に新しく部活に入ったり、
自分でも新しい一歩が踏み出せるよう、ゆっくりとではありますが、
前に進もうと努力はしています。
俺がいつまでも孤独に落ち込んでいて、彼女が喜ぶわけないって
一番分かっているのは俺です。

ゲーセンに行くのはやめません。純粋に好きだからです。
そこには彼女以外の仲間もいます。
友人と行くこともあります。

だから、俺はこれからもゆっくりですが、歩いていこうと思うのです。
みんな、最後まで心配してくれるレスをありがとう。

その上で、また、今度はゲーセンで会おう。

837 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:36:41.90 ID:ceLIC91u0
まだ若いんだし2~3年くらい彼女との思い出に
浸ってていいと思う その思い出が逆に前向きにさせたり
人を成長させるものさ 無理に振り切らなくていいよ
なんなら彼女の夢を1が次いだっていいしね
次の恋はその後でいいと思うよ
838 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:37:04.65 ID:PQVzt6CC0
お疲れさまです!!
感動しました!!
839 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:37:23.17 ID:R5JNrQBfO
>>836良かった。
840 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:37:32.05 ID:4HTg/e0nO
>>1
話を聞けて本当によかった。
ありがとう。
841 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:37:40.07 ID:UcvTtKg+0
>>836
おうよ!今度ギルティしよーぜ!
俺、超ヨエーけどなw
842 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:39:41.66 ID:YPwxb8WxO
まぁ
とにかくゲーセン行くぜ
久しぶりに
843 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:40:58.22 ID:6I2t6irpi
>>800

なんて言えばいいかわかんないけどありがとう
俺も次出会えた人を本気で大切にするよ
人との出会いの大切さを改めて教えたくれた
844 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:40:59.78 ID:fGTqiYtN0
乙!!
そしてありがとう。俺も今のままじゃだめだって気付いた。
いつかゲーセンで会おうぜ!!
845 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:41:03.17 ID:T+Uw7YfU0
オレも最初は感動して涙して読んでたけどさ
少し経って冷静になったら>>1が心配で仕方なくなってる
おそらく去年のことだから1年だろ
なんでスレたてたのか?
それは>>1自身が吹石との思い出を忘れたくなくて仕方ないからじゃないのか?
記憶や想いが薄れていってしまうことに自己嫌悪したりしてるんじゃないのか?
きっと>>1は死後、誰にも話すこともできなかっただろう
はき出しきれてないんだよ
だからここで誰かに聞いてもらう必要があったのかもしれない
846 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:42:00.94 ID:BqW5TJtni
>>836
お疲れ様
LOVでダリスとバハム二体連れてる奴が居たら俺かも知れんからよろしくな
847 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:42:06.18 ID:T+Uw7YfU0
>>836
そうか少し安心した
逆にいろいろいってすまんかった
がんばって生きてくれよ
848 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:42:09.71 ID:UI2frvHx0
>>836
妹と母親には隠してたこと怒られなかった?
849 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:42:17.03 ID:ceLIC91u0
>>836
それでいいと思うよ、だからこそ彼女と出会って得た者は失っては
いけないと思うよ 辛い時は彼女との思い出が1を支えてくれると思うよ
俺も昔大学留年したが一年くらいなんでもないよ(親に迷惑かけたが)
850 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:42:40.96 ID:8aD3lLQ0i
彼女は今も思いっきり、天国のゲーセンでファイトしてるね
そしていつか、吹石さんのゲームが1の前に届く日がくる。必ず
ありがとうございました、1
851 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:48:20.48 ID:5iyatRvGi
ありがとう
852 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:50:30.36 ID:jgy15L+D0
お兄さんはどーなったんだっけ
853 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:53:04.70 ID:9f/ojy+l0
>>1が新しい一歩を踏み出せていてよかった
俺もゲーセンで知り合った友達と15年以上続いてるよ
今でも一緒にネトゲしたりTRPGしたりしてる
小中の友達なんかみんな疎遠になっちまったのにな
次からゲーセンに行くたびに富澤に似てる奴探すよwww
あとスパ4でピンク色のTホーク見かけたたら多分俺だからよろしくな
854 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 04:53:53.31 ID:PvWj+AOwO
吹石さんの望み通り1さん幸せになってくれよな。
書いてくれてありがとう。
855 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:56:12.35 ID:XOf7SEsuO
俺も1みたいに好きな人を大切に大切にするよ
856 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:56:13.20 ID:/lETDsVh0
こんなに感動したのはいつぶりだろうか。
トルコキキョウの花言葉は"永遠の愛"か…。
>>1さんは彼女をずっと忘れないでいるだろうね…でもこの先自分が幸せになる事があっても良いんだよ、彼女は>>1が幸せになる事を望んでいたんだから。
関係ないけど俺もね、大好きな人に必ず渡す花がある、それは向日葵、向日葵の花言葉は"あなたの事をずっと見つめています"なんだ。
>>1が目一杯幸せになる事を祈ってる。
857 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 04:56:51.92 ID:FvJaK9/di
お疲れさまでした
>>1ありがとう
859 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】 [sage]:2012/01/18(水) 05:00:14.89 ID:9+EyCpkH0
>>1、本当にありがとう。
私は3年半前に亡くした母の事を思っては日々いじけてばかりいるので>>1を見習ってしっかり全て受け止めて行きたいと思えた。
ほんとうにありがとう。
860 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 05:06:14.05 ID:bTDeuRof0
ありがとう
本当にありがとう
861 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 05:08:29.77 ID:+raaJDbe0
相手に巡り合ったのが運命ならば、
こうした別れも運命か
残酷だよな、本当に。運命って奴は
精一杯生きろよ、>>1もお前らも
862 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 05:16:23.36 ID:/lETDsVh0
運命か…。富山の方言で"あたわり"”運命とか巡り合わせ”と言う意味です。
自分なりには、「与わり」と漢字で書いて
天から一人一人が与えられている命に対しての方向性じゃないかと思っています。
よく何のために生きて、何のために悩む?
みたいなことを言われますが、そんな事は何時になっても答えが出るもんじゃありませんね。
でも自分がその「与わり」に気づき自分の力でその方向へ進み始めた時
初めてその人の命がいきいきと生かされるんじゃないかな?
でも人は不安や、怖れ、妬みなどの感情でその「与わり」から外れてしまう。
遠くで光る灯りを見つめながら、足元を一歩づつ確かめながら、生きていきたい。

863 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 05:18:45.55 ID:VEa4UjXG0
>>808さんのレスを見て気付いたのですが、
もう各所でまとめられていて驚きました。

自由にまとめて頂いてけっこうです。
わがままを言うと、彼女が歌っていた曲には動画のリンク等も
貼ってくれたら嬉しいです。
彼女が歌っていた曲は本当にいい曲ばかりだったので、みなさんにも是非聴いてもらいたいので。

864 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 05:26:57.46 ID:by9drsJs0
大切な想い出を聞かせてくれてありがとう
ゲーセンかここのどこかでまた。
865 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 05:28:32.07 ID:h6HuToXMi
>>1乙です
ずっとROMってたよ
感動をありがとう
866 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 05:36:13.93 ID:8ATivabS0
>>1の家族にはどう伝えたの?
しかし彼女の両親は息子といい娘といいかわいそうだ。1にずいぶん救われただろう
867 : 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 [sage]:2012/01/18(水) 05:49:22.03 ID:OF/rlMNd0
>>1
お疲れ様
868 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 05:53:08.25 ID:2X4Gq6Yx0
いい話をありがとう
本当にありがとう
俺も忘れん!!!
869 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 05:54:26.19 ID:T+sSTi0w0
>>1
おつかれ
彼女はあんたに会えたこと、きっと感謝してるよ
命ってのはホントに大切なものなんだよな
命あるってのが当たり前なことじゃなく、その影でついえて行った命もあるわけで
改めて思った
命の大切さを知ってもらうために俺は頑張るよ>>1ありがとう
870 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 05:54:28.80 ID:/k/e5NZP0
音楽の好みで分かるが
彼女はセンス溢れる人だってすぐ分かるね
そういう人って、大概すべてにおいて魅力的なんだよな
そして本人が一番その自覚がない
871 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 05:56:39.98 ID:JY/eqCeL0
>>1乙!
その悲しみを完全に乗り越えた時新たな幸せが訪れる・・・そう思う
872 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/18(水) 06:00:57.27 ID:QOMp+gCz0
前スレで
なんで生きたいと思うやつは早く死んで死にたいってやつが長生きするんだよみたいなのあったけど
生に対する強い思いがある人って
すごく濃い時間を過ごしてると思う
時間の流れがすごく早くて
周りの人の記憶に鮮明に残る
うまくまとめられないけど
どれだけ生きたかではなく
どんな風に生きたか
これが一番大事
長生きできなかった人の為にも今日から生き方変えようぜ
873 : 忍法帖【Lv=14,xxxPT】 :2012/01/18(水) 06:05:57.62 ID:oPbRAh/5i
お疲れ様
このスレに出会えて良かった!
874 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 06:06:06.28 ID:jbHfMQGE0
こんなに泣いたの久しぶりだ
875 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 06:09:37.92 ID:L8sDtowv0
自分語りのスレで泣いたの初めてだわ。
876 :名も無き被検体774号+:2012/01/18(水) 06:09:48.18 ID:JVJPesMci
まとめ見て心配なって来てみたよ
彼女幸せだっただろうね
俺も頑張らないと
>>1よ、ありがとう

877 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/18(水) 06:10:36.41 ID:VEa4UjXG0
>>833 うわ、ありがとう。イエモンと100sも要チェケラです。

>>870 気に入る曲がありましたか。





1の書き込みはここまでで、以下はスレ民達の鎮魂歌で埋まりました。


学生の頃の話ですが、小島一慶さんがパーソナリティーを務めていた深夜のラジオ番組で、白血病でなくなったリスナーの女の子の命日に、彼女の日記を毎年朗読されていたのを思い出します。

nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ゲーセンで出会った不思議な子の話 [その他]

ねらーたちに投下された最近の燃料をまとめ風に・・・
学生の頃良く行ったゲーセンが思い出されます。




ゲーセンで出会った不思議な子の話

1 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 03:43:40.34 ID:WuLtuWlB0
俺:大学生、さえない男
たまの休みや講義の空きにゲーセンに行って格ゲーをやるのが好きだった
そこであった話を、ちょっと書かせて欲しい


2 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 03:43:58.79 ID:h1w7AQ2J0
聞くぞ
3 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 03:44:06.45 ID:moXcoFo40
どうぞ
4 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 03:45:09.48 ID:73nBPBuo0
かまわんよ

5 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 03:45:18.42 ID:WuLtuWlB0
俺はといえば、大のゲーセン好きだった。
格ゲーにアケカードゲーに音ゲ、割となんでもやってた。

というより、そのゲーセン独特の雰囲気が大好きだったんだ。


6 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 03:47:32.27 ID:WuLtuWlB0
俺は趣味といえば絵を描くくらいで、大学でもなんのサークルにも入っていない。
だから学部に何人か友人はいれど、基本休みはひとり。

だからこそゲーセンに惚れ込んでた。
ゲームをしてれば顔なじみはできるし、言葉は悪いけど、ゲーセンに行くと
「あ。俺みたいなダメな人はたくさんいるんだ…」てきな居心地の良さがあった。


8 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 03:50:03.74 ID:WuLtuWlB0
基本、ゲーセンで顔見知り程度の知り合いができるのは珍しいことではない。
毎回同じとこに行って同じようなゲームをやっていれば、顔を覚える。

ゲーセンでできた友達ってのも何人かいた。
ゲーセンってのは多分皆が考えてるよりは健全で、いい場所だと思う。


9 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 03:52:10.67 ID:WuLtuWlB0
俺はその日も講義が半日だったので、午後から意気揚々といつもどおりゲーセンに向かったんだ。
あのワクワク感がいい。

今日は何すっかなーなんて迷いつつ俺はスーパーストリートファイター4を始めた。
平日とは言え、たまたま猛者が一人いて負けがこんでイライラした。


10 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 03:55:04.36 ID:WuLtuWlB0
その日は、もうスパ4はいっか…ってなって、ブレイブルーかLoVをやろうと思った。
LoVってのは、スクエニのアーケードのカードゲームでハマるとなかなか面白い。

でも金がかさむからあまりやらないんだけど、その日はやろうって決めた。
俺は筐体に座って、しばらくそのゲームのプレイに興じていた。


11 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 03:57:31.22 ID:WuLtuWlB0
珍しく勝ちが続いた。そんなに得意なゲームじゃないんだが。
すると、俺の隣の筐体に女の子が座った。
LOVの人口的にも、ゲーセンでなかなか女性プレイヤーに出会うことはないから、
ちょっと驚きつつも、
「まあ別におかしいことはないよな」って思いつつ俺はゲームを続けていた。


13 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 04:00:58.11 ID:WuLtuWlB0
自分のゲームが一段落すると、俺は隣の女の子の方を見てみた。

キャスケット帽?っていうのかな、を深々かぶってて顔はよく見えなかった。
俺は「面白い子だなー」なんて思った。
そして、こういうとこで趣味の合う子とか身近でいたらいいだろうに…
と半ば妄想していた。


14 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 04:03:44.51 ID:WuLtuWlB0
しかし、彼女は負けると独り言を言い出した。
「今のはだめかー…」「う~んなんでだろう」
はたから見るとちょっと変な人なんだけど、俺はなんだか彼女のことが気になりだした。

どういう気持ちで俺がそうなったのかは分からないが…


15 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 04:04:45.75 ID:GxQ8aJ5o0
彼女のスペック
16 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 04:05:05.76 ID:pwhcoRzJ0
俺もそういう子には惹かれてしまうwww

17 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 04:06:19.18 ID:WuLtuWlB0
俺も最初は「まわりに聞こえるくらい独り言とか…ちょっとな…」
って思って印象は最悪だった。けどなんか気になった。

そうすると彼女は早々とLOVから引き上げてスーパーストリートファイター4をやりに行ったので
俺は気になりついていって彼女の試合を観戦してみる事にした


18 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 04:09:07.18 ID:WuLtuWlB0
彼女のスペックはすぐ分かるからちょい待ち

そうすると、彼女その時使ったキャラはさくら。
そしてなかなかに強い。PP3000くらいはありそう。
なんだろ、このへん知らない人は分かり辛いかもしれないけど、
普通に俺より遙かに上手かったんだよね。

俺は驚いて、「ほぉー…」と思ってじっと対戦する彼女を見つめていた。

19 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 04:11:44.48 ID:WuLtuWlB0
俺も見ていたせいか、数人の人だかりができて、彼女がコンボを決めると
「お、おお…」みたいなしょぼい歓声みたいのがあがるようになってたw

なんだろ、その時の彼女はすごく輝いて見えていたよ。
でも彼女はこのあと予想外の行動をとるんだよね…


20 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 04:13:50.00 ID:GxQ8aJ5o0
どきどきわくわく。
はよ

21 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 04:13:59.08 ID:WuLtuWlB0
さっき俺をボコボコにしたであろう、猛者プレイヤーと彼女が当たって、
彼女なら勝てるかも…と思ったけど負けちゃったんだよ。
けっこう惜しかったんだけど。

俺も「あー残念…」くらいに思って見てたんだけど
彼女は顔を真っ赤にして明らかに泣いてたんだよね。
声はゲーセンだから聞こえないけど。

俺は唖然とした。


24 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 04:16:31.98 ID:WuLtuWlB0
彼女はこの時キャスケット帽をとったんだけど、ショートヘアで顔真っ赤。
明らかに泣いた状態で店外の喫煙所とかありそうな方向に出ていったから
俺もなぜか無心で追いかけていた。

なんで追いかけてしまったのかが謎なんだけど。


25 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 04:17:07.37 ID:pwhcoRzJ0
どうなるのか気になる

26 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 04:20:04.10 ID:WuLtuWlB0
店の端の割と静かな喫煙所っぽいところに彼女はいた。
目を真っ赤にしていた。
というか、キャスケット帽かぶり直してたけど、顔が好みで困った。
多分一般的には可愛いって言われないタイプだと思うけど、俺はドキっとした。

俺は喫煙者だし、煙草を吸うふりをして、彼女に話しかけようと思った。

さっきは、惜しかったですね…。


27 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 04:21:23.09 ID:UNsJdFg90
なかなかやるじゃねーかこの野郎

29 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 04:23:11.20 ID:WuLtuWlB0
ふてくされてるかと思ったが、そんなことはなかった。
にっこり笑うと、
「あぁ、見てたんですか、恥ずかしいです。わたしああいうとこだとつい必死になっちゃって…」
と笑いながら話してくれたのには驚いた。

恐らく、ゲーセンにいるって段階で、初対面の会話の壁ってのが数段なくなってるんだと思う。
お互いにゲーム好きだと分かってるし、ここで自然な会話が生まれたのはゲーセンだったからだと思う。


30 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 04:23:52.59 ID:F0WtCt+K0
続きが気になる話だ、、。
31 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 04:25:07.85 ID:Bb4YzyUF0
ショートヘアいいなぁーーー

32 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 04:25:42.75 ID:WuLtuWlB0
そうすると彼女は面白そうに、
「煙草一本くれません?」と言ってきた。
俺「え、あ、吸うんですか?」
「吸わないけど、なんか見てたら…なんか」

この時点で薄々分かってたんだけど、彼女は天然か変な人かよくワカラン人のいずれかだったw

33 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 04:29:39.57 ID:WuLtuWlB0
しかし俺はといえば、大学生活サークルなし、青春なし、家に帰れば絵かきに身を費やすという生活を送っていたため、女の子と話すこと事態稀も稀で、舞い上がってた。

俺「じゃ、吸います?wキャスターってんですけど…ちょっと甘いかもですw」
「ありがとございます~!
すぅぅ…ゴホ!ゲホ!なにこれ苦しい…」
案の定涙目になっていた。

よろしくないことではあるが、俺はもうその時、
なんなんだこの人すごく面白いし可愛いって気持ちに取り憑かれていた。

34 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 04:32:48.24 ID:WuLtuWlB0
煙草が初めてってことは…そんなに悪いかんじの子ではない。
まあ見た目からしてそうではあったが。

あと、なんか知らないけどやたらと笑う。
そこで数分格ゲー談義をしていたんだけど、すごく笑うんだ。
女の子ってこんなに笑うの?というか笑った女の子ってすごい。

そもそもこんな誰とも話せたことのない格ゲーの話を、
今ここで、初対面の女性としているということが一番信じられなかった。

35 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 04:36:20.85 ID:WuLtuWlB0
なんだかすごい打ち解けてしまって、あの喫煙所で一体何分話したろう。
そうなってくると、男としては「連絡先知りたい」
という欲望が出てきしまう。
20~30分話した時くらいだったか

趣味の話になってて俺が言ったんだよ。
「ちょっとね、イラストを描くのが好きで…」
ゲーセンにいた子だし、こういうことにもちょっとは興味を示してくれるんじゃないか
なんて淡い想いもあったわけだが…
「イラスト?」
笑顔いっぱいだった女の子が急に、すごく暗い顔になった。
「ま…その話はいいよ…」
「それじゃ、また…ゲーセンで会えたらいいね…

36 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 04:37:57.04 ID:dRug4JKb0
気になって寝れない
37 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 04:38:28.79 ID:DwYZ6jvr0
ぱんつはどうすればいい

>38 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 04:39:45.17 ID:WuLtuWlB0
予想外だった。連絡先どころか、ほぼ喧嘩別れクラスの雰囲気の悪さで別れてしまった。
イラスト、ちょっとくらいはテンション上って話が膨らむかなと思ったんだけど…

もしかしたら、そういうのが嫌いな人だったのかもしれない、
そう思って俺は落胆した。

「一体あの子は何だったんだろう…?」
キャスケット帽が似合ってたのは覚えてる。でもそんな風貌でゲーセン来るなんて…
俺はすごい気になった。

39 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 04:40:40.61 ID:WuLtuWlB0
>>37 すまん多分エロ展開はないよw

40 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 04:42:05.40 ID:DwYZ6jvr0
>>39
無くても構わんぞ

41 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 04:44:14.53 ID:WuLtuWlB0
いかんせん、俺が人間として少しでも甲斐性を見せるにはイラストしかなかった。
だって、それしかしてなかった…

それから数日経って、俺は再びゲーセンを訪れた。
彼女はまた居た。
その日はLOVをやっていた。その日はなぜかベレー帽。
でもそれも似合っていて、可愛かった。

相変わらず不思議な人だなあ…と思いつつ
俺もおもむろに近くでLOVをプレイし始めた。

42 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 04:46:24.84 ID:WuLtuWlB0
この時、様々な疑問が浮かぶ。

今日は平日だぞ。
俺は講義半日だからいるが。
彼女はなんなんだ?
大学生?フリーター?
同い年くらいに見えるけど…
というか名前も知らないし。

悶々として、ゲームに集中できない。

43 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 04:48:02.92 ID:WuLtuWlB0
LOVの彼女の称号レベルをチラ見する。
やはり、俺よりやりこんでいる。
そして勝率も高い。明らかに俺より上級プレーヤー。
そして勝つと、
「やったね~!」と声を上げる。
相変わらずの奇人っぷりを発揮していらっしゃる。

44 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 04:50:19.69 ID:WuLtuWlB0
ゲームが終わったところで、俺は肩を叩いて、ども、と会釈する。
「あ、来てたんだね~。ジュース買おうぜ~」
などと言い出す。もはやキャラが分からない。
馴れ馴れしいし、
本当に素の時は変な人なんだ。なんなんだこの人。
ますます気になる。

45 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 04:54:17.21 ID:NW4b4Pql0
寝ようと思ったら面白そうなスレですこと。
さて、ゲーセンいくか

46 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 04:54:44.74 ID:WuLtuWlB0
自販機前で、俺「あ…この前はなんか…すいませんでした」
すると彼女は何が?ときょとんとした顔になった。
俺「ほら…イラストとか言ったら…」
彼女「あ~、あのことはね、ちょっと…」
彼女「私もね~描いてたんだよ、ついこないだまでね!」

俺「絵を描くの好きなんですか?」俺がテンション上げて言うと、
にっこり笑って、「好きだったんだよ。今は描いてない。」
俺「どうして…ですか?ってかアナタって今日も平日ですけど…
大学生さんとか…ですか?」
彼女「ちょっと違うかな」

47 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 04:55:25.78 ID:pwhcoRzJ0
気になって寝れないからはよ
48 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 04:57:20.93 ID:DwYZ6jvr0
なんか寝る直前にスレ見てる人多いなw

49 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 04:57:42.98 ID:WuLtuWlB0
彼女「わたしは美大だよ、だから大学生だけど、今はなんというか…」
俺「ええ!美大って…すごいですね…雲の上の人だ…」
彼女「…今は思い出を見に来てるというか」
俺「はい?」
彼女「ここっていい所でしょ」
俺「ゲーセンに…ですか?思い出?;」

50 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 04:58:14.69 ID:H9XXPRtg0
漫画家だったのかな?

52 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 05:01:32.10 ID:WuLtuWlB0
彼女は次第に俺が年下だと気付いて、口調は変わっていた。
俺「え、そりゃどういう…」
彼女「ま、さ!」
いきなり大声を出す。
彼女「一回で知りたいこと全部知れるほど、簡単じゃないよ~」
といってゲームにもどろうとする。
俺「え、そんな…また次もゲーセンに来てくれますよね!?」
彼女「くるくる~まだ浸りたいから」

彼女の言葉はひっかかることだらけだった。
思い出?
その時の俺にはまったく理解ができなかった。

そして美大生。ますます俺は彼女の虜になてしまった。

53 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 05:02:36.52 ID:FxcB+dy70
ロブの絵描いてたとか?
54 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 05:03:13.70 ID:dei2nTng0
実に興味深い
55 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 05:03:30.41 ID:pwhcoRzJ0
芸術家には変態が多いってやつか
56 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 05:04:02.42 ID:mPJ/ueGA0
不採用続きだったんだろうな

57 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 05:04:27.26 ID:WuLtuWlB0
自分にない何かを持ってる人。
よく分からなくて、自分を振り回す人。
きっと俺はそういう人に弱かったんだ。

もともと大好きで通っていたゲーセン、それからは毎日違うときめきと
一緒に通うことになる。
今日はいるか?明日はいるか?
もちろんいつも会えることはなく、会えない日のほうが多かった。
もしかしたらもう2度と会えないんじゃないか…
そんな風に思うこともあった。

58 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 05:06:57.98 ID:WuLtuWlB0
と、今日はそろそろこの辺で寝ます~
明日は事情であんまり描き込めないかもしれませんが頑張ります…
月曜にまとまって書けると思いますので、すいません…

59 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 05:07:56.60 ID:UNsJdFg90
おつ
また頼むぞ
60 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 05:08:31.98 ID:DwYZ6jvr0
楽しみにしてる

64 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 05:11:04.71 ID:WuLtuWlB0
すいません…明日も夕方あたりに少しでも書き込めたら書きます…
変な時間に立てちゃって申し訳ない

65 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 05:11:45.18 ID:H9XXPRtg0
お疲れ様

66 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 05:39:06.85 ID:WuLtuWlB0
案外眠れないのでちょっとだけ書きます

67 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 05:39:57.76 ID:NW4b4Pql0
まってたw

68 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 05:41:52.29 ID:WuLtuWlB0
何日か通っていると、彼女は再びゲーセンに現れた。
またベレー帽を被ってたんだけど、いつもと様子が違った。

服が作業着っぽいのか、インクやアクリルがついてて、
靴にいたっては絵の具だらけに汚れていた。
LOVをする手も、絵の具で汚れているようだった。

69 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 05:43:25.66 ID:WuLtuWlB0
俺はもうときめいちゃって、ワクワクして話しかけた。
「こんにちは~」
彼女「うん…」

いやにテンションが低かった。
明らかに何かあったかんじではあった。
でもまあいつも変な感じではあるんだけど、その日はなんか、落ち込んでいた。

70 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 05:45:14.38 ID:WuLtuWlB0
ゲームに負けても独り言言わない。
ただ黙ってひたすら…
その横顔が自分とは違うちょっと大人に見えた。

俺「一戦終わったら、休憩しませんか?ね。」
彼女「そ、そのとおりであるね~」

やはり変ではあるが。

71 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 05:47:42.66 ID:WuLtuWlB0
俺「今日は大学で絵でも描いてきたんですか?」
彼女「いや…大学はもう卒業間近だし、関係ないね~」
俺「あ、そういえば美大って…!どこに就職するんですか?」
おれは無邪気な期待で聞いただけだった。

彼女「……。」

72 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 05:47:52.41 ID:qmWG/f1j0
>>1よ、こおいう女に嵌まると疲れるぞ・・・って、もお遅いなw

73 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 05:49:41.35 ID:WuLtuWlB0
>>72 なんだろう、自分にない何かを持ってる女性ってとっても魅力的に見えたんだよね…

74 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 05:51:51.86 ID:UNsJdFg90
美大とか芸術学部とかは、まじ就職厳しいらしいな
75 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 05:52:44.65 ID:qmWG/f1j0
>>73
分からんでもない。
反省はしても、後悔のないように頑張れ!
応援してるぞ

76 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 05:59:23.16 ID:WuLtuWlB0
彼女「就職はね…ちっちゃいデザイン会社で…」
俺「うわ、デザイナーじゃないですか…!すごいですね!」

彼女は笑った。
彼女「ありがとう~そんな風に言ってくれるのは君だけだな。」
彼女「でもなぁ、もどりたいなあ。君くらいの時に」

俺「どうしたんですか?何か夢があったんですか…?」

今思えば、ずけずけと聞きすぎだった。

彼女は泣いてしまっていた。
彼女「辛いなあ…君といると。名前なんてんだっけ?」
俺「富澤です…。」(仮名、サンドウィッチマンに似てるので)
彼女「そっか、わたしは吹石っていうんだ…」(吹石一恵に似てるので)

77 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 06:02:44.07 ID:WuLtuWlB0
彼女「君は絵が好きなの?」
俺「好きです…下手ですがそればっかやってます…」

彼女「あははは、そうなんだ。」

そうするとまた泣いてしまって、
彼女「ごめんね…もうゲーセンにも来れないかも。」
そう言って夜の街に飛び出していった。

78 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 06:04:28.99 ID:WuLtuWlB0
あ、すいませんそろそろ限界です。
それではまた夕方にでも…ごめんない…

83 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 06:49:38.57 ID:oL42weJb0
これは続きの気になるスレ
84 :名前:名も無き被検体774号:2012/01/15(日) 07:17:05.49 ID:CFpcLodB0
続き待ってます

92 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 14:48:05.83 ID:WuLtuWlB0
さて、ちょいと忙しいので書くスピードが遅くなるかもしれませんが
ぼちぼち書き込みを再開していこうかと思います。

93 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 14:54:17.56 ID:JCE/w50Z0
待ってたぞ

94 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 14:56:55.38 ID:WuLtuWlB0

彼女はゲーセンを出ていった。
俺は混乱した。何か悪いこと言ったのか?
もう何がなんだか分からなくなってた。

無心で追いかけた。
「待ってください!どうしたんですか!?」

95 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 15:00:13.56 ID:WuLtuWlB0
彼女は立ち止まって黙った。
俺はどうしようか困った。
なんて声をかけたらいいか分からなかった。

目の前で、ベレー帽を被って手や服を絵の具で汚した女の子が泣いている。
なんてヘンテコな状況なんだろう。

瞬間、俺はこんな事を口にした。
「そ、そうだ…これから画材屋さんにでも行きませんか?」

96 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 15:02:49.52 ID:WuLtuWlB0
なんでこんなことを言ったのか分からないが、
何か状況を変えようと思ってとっさに出た一言だった。

彼女「え…?ほんとに?」
俺「はい、行きましょう、近場でどこか…」

彼女の反応は思ったよりよかった。
そして幾分ノリ気であった。
彼女「じゃあさ、近くにあるから行こう。ちょっと電車のるけど。」

97 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 15:07:32.31 ID:WuLtuWlB0
駅に向かって、黙って切符を買う。
「JRって高いのかな?」
などと彼女は言っていた気がする。

ホームで電車を待ってた。時間帯もあって、駅はなかなかの雑踏だった。
無言で過ごす。さっきまで泣いていたのに、彼女は思ったよりケロッとしていた。

俺はよく分からない展開に動揺して、緊張して、足が震えてたかもしれない。
彼女の方を見ると、笑ってVサインをしたりしておどける。

俺「なんなんですかソレ」
彼女「わからんなw」

98 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 15:11:12.14 ID:WuLtuWlB0
この道中も、彼女は決して自分のことを語ろうとはしなかった。
俺がひたすら話していた気がする。
「美大生なんて本当に憧れる」とか「絵が好きで上手くなりたい」とか
俺が終始しゃべっていた。

そのたびにニコニコするだけで、それがなんだか可愛く見えた。
でもなぜ泣いてしまったのか、そのことには触れられなかった。

99 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 15:17:48.68 ID:WuLtuWlB0
画材屋に着く。
すると彼女は途端にテンションが上がって、
あ~どうしよう張りキャン買ってこうかな~あでも筆も…
などと顔をキラキラさせて俺を連れ回して買い物を始めた。

俺はリラックスしている彼女になら何か聞いても大丈夫だと踏んだ。
俺「楽しそうですね。」
彼女「ここ来るとやっぱね~テンション上がるよ。」
俺「でもこの前、もう絵描いてないって言ってませんでしたっけ…?」
俺はといえば、大のゲーセン好きだった。
格ゲーにアケカードゲーに音ゲ、割となんでもやってた。

というより、そのゲーセン独特の雰囲気が大好きだったんだ。

101 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 15:24:26.21 ID:WuLtuWlB0
彼女「いや、それはね…」
俺「気を悪くしたらごめんなさい…でもなにか知りたくて。
今日もいきなり泣かれてしまって…」

俺はもう彼女のことで頭が一杯だったから、知りたかった。
そして少しでも彼女の力になりたいと思っていた。

俺「なんで、いつもゲーセンに来てるんですか?なにか思い入れが?」
彼女「思い出があるんだよ、だから」

分からない。

102 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 15:25:13.49 ID:OPjA9tnB0
意味がわかると怖い話か
103 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 15:26:28.52 ID:k/QC1PhU0
わかった。彼女は幽霊なんだな!!

104 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 15:29:15.37 ID:WuLtuWlB0
もう分からないことだらけだった。
一体なんなんだろうこの人は。
そもそもただでさえこんな女の子がいつも一人でゲーセンに
来ていること自体不思議で仕方なかった。

俺「思い出って…なんなんですか?」
彼女「わたしの絵、見る?」

そういえば見たことなかった。
俺はそこで彼女のケータイから彼女の絵を見せてもらった。

107 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 15:33:14.65 ID:WuLtuWlB0
そこにはポップンやら音ゲのキャラクタ、あるいは格ゲーキャラクタの絵があった。

とても可愛らしい絵柄で、おれは素直にいいなあ、と思った。
絵柄的には誰だろう…chancoさん辺りに近かったと思う。

俺「わああ!すごい上手いですね!」

彼女は満面の笑みになった。
彼女「ありがとう。」
彼女「私はただ本当にアーケードのゲームが大好きなだけ。」

しかしそれでもまだ合点がいかないことだらけだった。
なんで泣いていたのかがどうしても気になった。

108 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 15:37:41.80 ID:WuLtuWlB0
俺「でも、本当に上手いですね。大好きな絵柄です!」
俺「やっぱりそっち関係を本当は目指していたんですか?」

彼女「ま…ね」
俺「そうなんですか…でもこれだけ上手かったらきっとまたチャンスありますよ!
俺は絶対応援しますよ!」

彼女「いや、もうそういうのは描かないって決めたことだから」
俺「? どうしてですか?」

109 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 15:38:44.42 ID:nuobW42W0
ふむふむ
110 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 15:38:58.34 ID:7cpMvV8U0
ぬるぽ
112 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 15:41:30.26 ID:T1r2U3y20
>>110
ガッ
114 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 15:42:40.57 ID:7cpMvV8U0
>>112
ありがとう

115 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 15:43:09.08 ID:WuLtuWlB0
彼女「君は若くて、絵が大好きで、きっといい子なんだろうね。」
俺「え、はい、あの…」

彼女「ダメなんだよ、気安くそう優しい事言っちゃ。」

いつになく真剣な顔になったので、怖かった。
目が真っ赤になっていた。
彼女「君はダメだ…。ダメダメだ。」

ダメダメって言われたのが妙に覚えている。

彼女「じゃあね、今日はここまでで。付き合ってくれてありがとう。」
帰り際にコピックマルチライナーを俺に手渡して、そそくさと去っていった。

俺は呆然として、追いかけることもできなかった。


117 : 忍法帖【Lv=22,xxxPT】 :2012/01/15(日) 15:46:07.02 ID:nhA7ui6A0
コピックマルチライナーってなんだよ

118 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 15:46:49.14 ID:WuLtuWlB0
何も分からなかった。
俺は完全に彼女にすべてを持っていかれてしまった。

しばらくメシもろくに食えなくなって、もらったマルチライナーで
落書きとかしてた。

寝ても覚めても完全に彼女のことしか思い浮かばなくなっていた。
でも連絡先すら知らなかった。

もはやゲーセンに行くということだけが、
彼女と俺を繋ぎとめる唯一の方法だった。

119 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 15:47:35.39 ID:WuLtuWlB0
>>117 ごめん。画材のことだ。イラスト描いたりするペンだよ。


120 : 忍法帖【Lv=22,xxxPT】 :2012/01/15(日) 15:52:25.61 ID:nhA7ui6A0
>>119
なるほど、ありがとう

121 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 15:55:57.08 ID:WuLtuWlB0
俺は悶々としながらゲーセンに通い続けた。
あの調子じゃ、次会っても何を話したらいいか分からない。

俺がいつものように学校帰りにゲーセンに行くと、彼女はいた。
LOVの筐体に座っている。
肩を叩いて、会釈する。
彼女「あ、きた~!ねえねえローカル対戦しよーよ!」
彼女は会うなりゲームに誘ってきた。

ゲーセンありがたい。ゲームを介せば彼女の機嫌も良いみたいだった。

122 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 15:59:03.02 ID:WuLtuWlB0
ゲーセンというものが、俺らの仲をつなぎ止めてくれている。
そんな風に感じた。

ひと通りゲームをして、喫煙所OR自販機に行って格ゲー談義して、
楽しかった。
楽しくて気が合うからこそ、俺は彼女のことを知りたかった。

ゲーセンにいるうちなら、何か話してくれるかもしれない。
俺はそう思っていた。
初対面に会った時も、ゲーセンだからあれだけ意気投合できた。

124 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 16:02:06.69 ID:WuLtuWlB0
ひととおりゲームをして、また自販前に来た。
ゲームが心地よく鳴り響いている。

俺「あの…吹石さんはどうして絵を描き始めたんですか?」
彼女「わたし?んー…お兄の影響かなぁ」
彼女はポロッとこぼした。
ここで俺は初めて彼女にとってのお兄さんの存在を知った。

126 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 16:07:19.96 ID:WuLtuWlB0
ゲーセンという、お互いに好きな場所だから、ついつい気を許して口をついて出たんだろう。
彼女はハッとした顔だった。
俺「お兄さん…ですか?」
彼女はかぶっていたキャスケット帽を深々とかぶり直した。
俺「なんですかソレ…」
彼女は苦笑う。

彼女「わたしには兄がいるんだよ…。小中学生の時はよく一緒にゲーセンに来たよ。」
彼女「だからわたしはゲーセンが好きになったんだけどね。」

俺「お兄さんもゲーセン好きだったんですね?」
彼女「うんw好きなんてもんじゃなかったよ。」

127 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 16:08:02.53 ID:vEZCC0gL0
淡いかんじですきだ

132 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 16:13:59.38 ID:WuLtuWlB0
彼女「お兄は絵が大好きだったから、みんなにやってもらえるアーケードゲームを作りたい
って、いつも言ってた。」
俺「それはすごいですね…」
彼女「でもね。」
彼女「ウチは厳しいから…お兄は美大に行きたかったんだけど、親に
旧帝大以上の大学じゃないとダメだ、って言われて…」
彼女「東大に行ったの」
俺「え、すごいじゃないですか!」

133 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 16:16:22.08 ID:RtZ4bQJy0
その子のスペックをもう少しでよいので希望です!
身長とか、服装とか…スカート?

134 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 16:18:19.04 ID:WuLtuWlB0
彼女「お兄は長男だったから…父さんたちも必死だったんだろうな…」
俺はなんだかこの話をこのまま聞いていていいのか、いたたまれなくなった。

彼女「お兄は大学に行ったら好きなように創作活動できると思ってたんだろうね…」
彼女「大学に入ったら、今度は親に官僚か弁護士になるように勉強しろとこっぴどく言われて…」

俺「弁護士…司法試験ですか…」奇しくも俺も法学部だったので反応した。

135 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 16:21:47.40 ID:WuLtuWlB0
>>133 キャスケット帽被ってました。服装は…ちょっとタイトなジャケットに
ホットパンツでタイツ…だったような…ちょっと変わった服装だったけど
女の子らしかったと思います

138 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 16:25:50.23 ID:RtZ4bQJy0
133です。
即レスありがとうございます。
ホットパンツにタイツですか。ええ、僕好きです。それ。いいな。

141 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 16:28:28.06 ID:WuLtuWlB0
彼女「お兄ね…司法試験全然ダメだった。」
彼女「時々、絵が描きたいって本音を漏らすこともあった。私だけが女で下の子だから、
好きなように美大に行かせてもらえたんだよ。」

俺は何も言えずにいた。というか、普段まったく自分のことを話さない彼女が、
こんなに話してくれているのに、半ば驚いた。

彼女「司法試験に落ち続けるうちに…お兄はまいっちゃったんだよね。
心を病んじゃって、今入院してるんだ…もう絵を描くどころじゃない。」

なんて言ったらいいか分からなかった。いや、なんて言えば良かったの?w
彼女はそんな重大なことをあっさり笑って言うもんだから、俺は動揺した。

142 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 16:29:43.70 ID:+t3I5efm0
これは何も言えないな
152 : 忍法帖【Lv=22,xxxPT】 :2012/01/15(日) 16:43:46.85 ID:nhA7ui6A0
いろいろ複雑だね

153 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 16:44:34.59 ID:WuLtuWlB0
彼女「だから、わたしは…ゲーム会社に入ってゲームを作りたかったんだ。
私は好きなことをやって、自由にさせてもらった。だから絶対、夢を叶えようって…
でも、ダメだったよ。思い出にすがってるようじゃ、ダメなんだね。」

俺「ダメだったんですか…」
俺「でも、まだまだチャンスはありますよ…!」

彼女は、そうだねとは言わなかった。
だた、笑うだけだった。
その笑いが、何を意味するのか、まだ俺には分からなかった。

155 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 16:50:58.67 ID:WuLtuWlB0
その日、会うのは何回目か分からなかったけど、初めて連絡先を交換した。

色々合点がいった。
なんでゲーセンにいたかも。
最初の印象より、ずっとしっかりした子だった。
もちろん意味不明なところもたくさんあったけど、それが可愛かった。

美大浪人したらしく、俺より2つ3つ上だったんだけど、背は小さかった。
でもその背中がすごく大きく感じた。

俺は嬉しくなった。彼女が話してくれた。
これからはもっと彼女の力になれるかもしれない。
彼女のために、なんでもするくらいの心持ちだった。
彼女の抱えてたものは大きくてビックリしたけど、
何より話してくれたことが嬉しかった。

156 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 16:54:49.41 ID:WuLtuWlB0
すっかり浮かれていた。
次はいつ会えるだろう?

それから俺はまたしばらくゲーセンに通い続けた。ひたすら。
でもしばらく通っても、彼女はまったくゲーセンに現れなくなった。
メールは割と返ってきていた。

なんだろう?気になった。
土日も来ない。まだ仕事も始まっていないはずだった。

どうしてゲーセン来ないの?とメールで聞いても
「近いうちに行こうかな~」という趣旨のメールが返ってくるだけだった。

157 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 16:57:21.12 ID:WuLtuWlB0
それからまたしばらく経って、俺は若干凹んでいた。勝手に。
彼女はもしかしたら彼氏もいたかもしれないし、俺は多分忘れられた…と。

ゲーセンではいつも楽しくて、メシを食べることも多かったから、
向こうも俺のことを必要としていると思っていた。

突然、不思議なメールが来た。

「そろそろ、大きな勝負が待っています。勝ってみせるよ。」

> 158 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 16:58:34.28 ID:vEZCC0gL0
なにかを頑張ってたんだな
159 : 忍法帖【Lv=22,xxxPT】 :2012/01/15(日) 16:58:46.17 ID:nhA7ui6A0
彼女が病気か、

160 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 16:58:59.19 ID:WuLtuWlB0
勝負?なんのことだろう?
就職試験?それともイラストレーターデビュー?
俺は楽観的に考えていた。

「勝負?なにそれ?気になる」的なメールを返した。
するととんでもない内容のメールが返ってきた。

162 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 17:01:08.33 ID:WuLtuWlB0
「今、入院しています。○○病院のどこどこ。良かったら会いにきてね、
わたしのファンさん」
みたいなメールが来ていた。
卒倒しそうになった。
驚きと同時に怒りも湧いた。
すべてを話してくれたと思ったのに…どうして黙っていたんだろう。

163 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 17:01:38.63 ID:hiNsX/wJ0

164 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 17:01:47.99 ID:qP+0jAr80
あ、あぁ…
165 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 17:02:17.99 ID:+t3I5efm0
嘘だろ…

166 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 17:04:01.26 ID:WuLtuWlB0
俺は大学をさぼってすぐに会いに行った。必死だった。

俺「どうしたの?すごく心配してたんですよ!!」
「若年性の卵巣がん。」
彼女はニコッと笑って俺が着くやいなやそう言い放った。

俺はことの重大さにすぐ気付いた。
俺はばあちゃんを卵巣がんで亡くしてる。
進行性のとても早い癌として知られていて、ばあちゃんもものの半年で…
だったのを思い出した。

167 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 17:04:57.32 ID:+t3I5efm0
おいおいおいおい
168 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 17:05:54.20 ID:hiNsX/wJ0
あぁ・・・
169 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 17:06:22.20 ID:wHEUWZP90
まじかよ

170 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 17:08:01.67 ID:WuLtuWlB0
彼女は変わり果てた姿でそこにいた。ニット帽をかぶって、やせ細っていて…
彼女「本当はねえ。手術終わるまでは黙ってようって思ってたんだ」
彼女「でもやっぱり直前になって怖くなっちゃった。」
彼女は笑った。

笑顔だけは変わらずそこにあったので、なんだか俺のほうが安心して、悲しくなって、
涙目になってしまった。
しっかりしなくてはいけない。

171 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 17:08:15.74 ID:Znema7ww0
おいおいキャンサーはやばいっておいおい
172 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 17:08:53.12 ID:0ZoZjK6b0
やだ、この流れやだ
なんとかハッピーエンドにしてくれ頼む
173 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 17:09:20.72 ID:+t3I5efm0
最悪の結果でないことを切に願う
マジで泣きそう
176 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 17:11:28.62 ID:hiNsX/wJ0
>>1さんお願い
ネタだと言ってくれ・・・
177 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 17:11:44.71 ID:vEZCC0gL0
釣りでいいからさ
手術成功させといてくれよなっ!

179 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 17:15:00.81 ID:WuLtuWlB0
強く、一人で頑張っていたんだろうな…
きっと俺と初めて会った時から、このことで悩んでいた…
そう思うと本当に泣きそうになった。

俺「大丈夫です。教えくれてありがとう。
これからは、俺も一緒にいますから。」
これが俺の精一杯だった。
そうすると彼女は安心したのか、途端に涙目になった。

彼女「こわいんだよ…手術…絵を描けなくなるのも…ゲーセンに行けなくなるのも…
何もかも怖いんだよ…」

彼女は何かがぷつんと切れたかのように、大泣きしだした。
俺も涙をこらえて、ひたすら
「大丈夫、大丈夫…」としか言えなかった。

正直この時俺もダメだと思った。絶望してた。でも俺が
弱音吐いちゃ絶対だめなんだと思って、ふんばったよ。

181 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 17:16:34.71 ID:oRUw3uTe0
これは、エロゲかなにかか。。。気になってバイト行けねぇww
182 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 17:17:03.34 ID:WYLAq7ca0
>>181
いけよwwwwww
183 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 17:18:08.13 ID:DwYZ6jvr0
体調悪くて寝込んでるけど最後まで付き合うぞ
184 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 17:18:30.15 ID:+t3I5efm0
なんかそわそわしてるぞ俺
185 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 17:19:17.91 ID:oRUw3uTe0
>>182
くそ。。。行かなきゃ駄目なのか、いや、もう風呂とか飯とか飛ばしてギリギリまでは、張り付くと今決めたw

186 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 17:19:44.46 ID:Hr3/t+Yc0
釣りだよな?なあ?おい

188 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 17:20:09.67 ID:WuLtuWlB0
ひととおり励まして、なんとか良い空気に戻った。
彼女が、ブリジット描いてー!(ギルティギアという格ゲーのキャラ)
などと言ってくるので、俺が描いたりして遊んでいた。

すると、不思議と和やかになっていった。
そのうち、彼女のお母さんが機を見て病室に入ってきた。

俺「こんにちは」
母「あ、これはこれは…」
おふくろさんは人当たりの良い方だった。

190 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 17:22:33.11 ID:oRUw3uTe0
>>188
母は、厳しくないのか
それとも、病気だから?
くそ。。。今北ばっかだが、次レス気になるww

191 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 17:24:01.35 ID:WuLtuWlB0
俺は昔から大人(特におばちゃん)とは何故か打ち解けるのが得意だったので、
すぐにお母さんとも懇意になれた。

しかし俺と彼女の関係性があまりに曖昧だったので、そこはなんとも言及しづらかった。
母さんは勝手に彼氏だと思っていたようだが。

そして俺は手術までの間通い続けた。
すべてを捨てる覚悟だった。
大学も全部サボった。

192 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 17:25:25.01 ID:hiNsX/wJ0
(´;ω;`)うぅ...
193 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 17:26:28.38 ID:oRUw3uTe0
>>192
エンディング前になくなよ、ここからだろ
194 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 17:26:36.26 ID:vEZCC0gL0
>>192
まだ泣くのははやいぞwwww

196 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 17:29:07.63 ID:WuLtuWlB0
手術前日。行っていいのか迷ったが俺は行こうと決めた。

父親も、母親もいた。
お父さんは、話に聞いていたよりは温和そうな人だった。
「こんにちは…」

すると、母さんに手招きされて、待合に呼ばれた。
俺は母さんとは電話連絡もして買い出しにも行くくらい、実は懇意になっていた。

母「富澤くんには聞いておいて欲しいの。」
俺「はい…」

正直俺は手術の趣旨も、彼女の癌の状態もほぼほぼ知らなかったから、
何か聞きたいとは思っていた。

198 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 17:30:38.90 ID:qP+0jAr80
あ、あぁ…
199 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 17:30:53.82 ID:hiNsX/wJ0
もう・・・やめようよ。。。
200 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 17:30:58.54 ID:OozkLzls0
続きが怖いなぁパンツはこうかな
201 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 17:32:30.17 ID:13xBj7C80
正座した

202 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 17:32:52.69 ID:WuLtuWlB0
すまん、打ち続けてちょっと疲れた、ちょっとだけ一服休憩させてください

205 : 忍法帖【Lv=22,xxxPT】 :2012/01/15(日) 17:33:25.40 ID:nhA7ui6A0
>>202
ゆっくりでいいよ
207 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 17:33:49.23 ID:RtZ4bQJy0
>>200
許すから。早く行って、早く戻ってきな!
210 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 17:35:13.06 ID:oRUw3uTe0
どこまでが釣りだよww
お前文才あるから続きかいてくれwww
211 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 17:35:58.68 ID:tNQB6EHg0
今北
ガンダムAGE見ながら読んできたからユリンとニット帽の彼女がカブって嫌な予感しかしないよ・・・
212 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 17:36:00.23 ID:RtZ4bQJy0
>>202
落ち着いてね。すごく惹かれる内容と文章構成力だと思います。

218 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 17:44:40.89 ID:WuLtuWlB0
さて、再開します。遅くてごめん。

お母さんは俺に言った。
母「手術しても…余命は1年くらいだろうって、言われてるの…」

動揺した。思っていたよりも、ずっとずっと、残っていた時間はなかった。

母「君は…それを覚悟しておいてね。それで、このことをあの子に伝えるか
わたしたちは悩んでるの…」

人生20年そこらしか生きて来なかった俺には、もうどうしたらいいのか分からなかった。
母「君は、最後まできっとあの子のそばにいてあげてね。
あの子、あなたがいない時もあなたのことばかり話すのよ」
みたいなことを言っていたと思う。

最後までってなんだ?もういなくなること確定なのか?
混乱した。
大学生の小僧には、あまりに色々重すぎて、どうしたらいいか分からなかった。

219 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 17:46:56.50 ID:w5nPJfAb0
俺なら病室を薔薇で埋め尽くすわ。
220 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 17:48:00.11 ID:hiNsX/wJ0
話が重過ぎてなに書けばいいのか分からなくなってきた。

221 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 17:48:01.73 ID:WuLtuWlB0
手術は滞り無く無事終わった。
しばらくは麻酔やらなんやらのせいで、熱も続き、
彼女も起き上がるのは難しいということで俺は病院に行くことを控えた。

俺はしばらくフワフワした気持ちになっていた。
全部夢なんじゃないかとも思っていた。

223 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 17:49:18.47 ID:+t3I5efm0
こういう映画なら普段ならばかにしてるのに

226 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 17:51:14.12 ID:WuLtuWlB0
手術が終わって数日して、俺は彼女に会いに行った。
彼女は寝ていた。

目覚めると俺を見て、フラフラと体を起こす。
俺「あ、起きないほうが…」
彼女「いいの、今日は調子いいんだ…」
笑みにも力がない。

俺「手術、頑張ったね。」
彼女「ありがとう。」
彼女の笑顔には本当に力がなくなっていた。

231 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 17:54:25.81 ID:WuLtuWlB0
俺「何か、欲しいものは…?」
彼女「一緒にゲーセン行きたい」

俺「それは…もうちょっとしたらにしようか。」

彼女「ゲームしたいね。」
そんなこと言われたら、悲しくなるだけだった。

235 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 17:58:13.28 ID:WuLtuWlB0
彼女「病院の中散歩したいなあ。」
俺「それなら」

俺は看護婦さんとお母さんに聞いて了承を得て、車椅子をひいてちょっと外まで行くことにした。

俺「喉かわかない?辛くない?」
彼女「そんな大丈夫だよwよそよそしいのやめてw」

彼女「あ、でも欲しいもんあるぜ~」
俺「え、なになに?」

236 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 17:58:32.06 ID:hiNsX/wJ0
俺みたいなクズの寿命も持って行ってよ・・・
237 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 18:00:28.58 ID:0ZoZjK6b0
>>236同意
俺の残り寿命全部渡してもいい
238 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 18:02:49.10 ID:tNQB6EHg0
>>236
激しく同意
寿命あげるだけじゃ足らないから病気も持って行ってやりたいわ
240 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 18:06:27.14 ID:3npXYNxz0
切ない…
続きが気になる…

243 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 18:10:20.97 ID:WuLtuWlB0
彼女「スケッチブックが欲しいな」

俺「あ、なるほど。それならクロッキー帳なら俺今持ってる。」
彼女「ほんと?やった、それなら絵描きたいな。」
ラウンジみたいなところで、おれは彼女にクロッキー帳を差し出した。

車椅子に座る彼女の体を支えつつ、ペンとクロッキー帳を渡した。
彼女はゆっくりと絵を描き始めた。

245 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 18:11:27.85 ID:xVZv7HQd0
自分が無駄にした1日は
他の人にとっては大事な1日でも
あるんだよな
246 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 18:13:14.71 ID:3npXYNxz0
>>245
そうだよね…
そういう言葉を聴くとちゃんとしなくちゃなって思う

247 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 18:14:53.45 ID:WuLtuWlB0
そこには、彼女が好きなアーケードゲームのキャラクタたちと、なにやら
メッセージ描かれていた。
そっとそれを恥ずかしそうに俺に渡す。

「迷惑かけてごめんなさい。こんな病人と一緒にいて楽しい?」

それは多分彼女の大きな不安だったんだろう。
これを、口に出して聞くことが出来なかったんだろう。

248 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 18:20:18.21 ID:WuLtuWlB0
俺は泣きそうになった。

俺「何いってんの?」
俺「俺は吹石さんといる時が、一番楽しいよ」
俺はハッキリ伝えた。絶対に変な不安を持ってほしくなかった。

彼女「よかった。ありがとう。」
彼女は小さく笑った。

俺は彼女の頭を撫でたけど、ヘタレだからそれしかできなかった。
頭を撫でると彼女は笑って「わんわん!」と言った。
本当に、こういうとこがあるから俺は惹かれてしまったんだろう。

249 : 忍法帖【Lv=22,xxxPT】 :2012/01/15(日) 18:24:46.33 ID:nhA7ui6A0
>>248
泣きそうになってんのは俺らだよ
250 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 18:26:32.98 ID:FGhAtxU80
( ・´ω・`)
251 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 18:26:51.31 ID:rFBqa3vV0
この板きて初めて涙が出たわ
252 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 18:28:07.54 ID:0qTpL2IwI
>>1馬鹿野郎!3年ぶりの涙だ馬鹿野郎!

254 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 18:29:01.53 ID:WuLtuWlB0
と、ごめん。ちょっとバイトだからしばらく離れる。
待ってる人は申し訳ない。

255 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 18:30:31.75 ID:FGhAtxU80
>>254
行ってこい!
まってるから
256 : 忍法帖【Lv=35,xxxPT】 :2012/01/15(日) 18:30:35.08 ID:w8ox2UzZ0
なんだこのスレ
涙がとまらんぞ
どうしてくれる
259 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 18:32:13.18 ID:cFyA2mnE0
久々に2chでマジ泣きしたったwww
テラワロスwwwwwwwwwwwwww
260 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 18:33:52.16 ID:hiNsX/wJ0
帰宅時間だけでも教えていただきたい

261 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 18:35:13.64 ID:WuLtuWlB0
帰宅時間は日付変わる頃かな…でもその時はあまり書けるか分からないです。
おそらくまたまとまって書けるのは明日の夜あたりになると思います。

262 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 18:37:39.64 ID:hiNsX/wJ0
おいおい・・・修学旅行いくから
次見れるのは22日の夕方かよ・・・くそっ
263 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 18:37:42.98 ID:0ZoZjK6b0
>>261
切ないが待ってるぜ
バイト頑張ってくれよな
264 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 18:38:16.55 ID:hiNsX/wJ0
>>261
バイトがんばってくれ!
265 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 18:45:56.54 ID:tNQB6EHg0
>>262
1週間も修学旅行行けるのか・・・最近の学校は豪華だな・・・
266 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 18:46:50.02 ID:hiNsX/wJ0
>>265
できれば修学旅行サボってでも
このスレみたい
267 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 18:47:42.32 ID:jzq6RVUV0
まだわからないんだなら、泣くのはもう少し我慢しろwwwwww
268 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 18:48:10.37 ID:0ZoZjK6b0
>>266
それはそれ。
いい思い出作ってこいw
269 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 18:48:16.25 ID:63hWrscd0
1日1日をもっと大切に生きよう。
273 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 18:51:23.96 ID:0qTpL2IwI
誰かプロデューサーに知り合い居ないのか!
これは間違いなく全日本が涙する!
274 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 18:52:18.90 ID:T/l+BuDm0
俺も極度の音ゲー廃人でゲーセンで彼女出来たわ
>>1の話が本当か釣りなのか、まず彼女がどうなったのかわからないけど、彼女大切にしようと思った
277 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 18:53:32.87 ID:hiNsX/wJ0
>>274
ちなみに何を極めてらっしゃるのでしょうか?
279 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 18:58:12.31 ID:T/l+BuDm0
>>277極めては無いけどギタドラリフです
282 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 19:01:51.20 ID:hiNsX/wJ0
>>279
かっこいいな・・・
俺なんて太鼓しかできね。
284 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 19:04:19.67 ID:T/l+BuDm0
>>282
やり込まなきゃ出来るようになりませんぜww
スレチなのでこのへんで
286 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 19:09:54.88 ID:Obtepeco0
良スレすぎる…
289 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 19:27:03.30 ID:Hr3/t+Yc0
吹石さん生きてたら悠長にスレ立ててなんかないよね。
ということは、、なんだ完治したのか。
290 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 19:32:19.30 ID:C6/Ad4RA0
天に還ったんだろ。
291 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 19:51:48.54 ID:/58/6som0
>>289
だれかにきいてほしくてスレたてるのも大いに有り得るんじゃね?
293 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 20:16:49.70 ID:FfpJ0zPk0
全俺が泣きそう…
295 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 20:27:06.93 ID:RtZ4bQJy0
私の次レスが荒らしでなければ、
神スレになる予感…
302 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 22:12:28.59 ID:b3bRu2fSO
すごい、切ない気分、、、本当こうゆう時運命の糞野郎って言いたくなるわ
304 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 22:37:00.70 ID:RDrAkKBr0
このスレの事考え続けて
明日会社で上の空だったら「1」さんに悪いから、
頑張って仕事するよ!!
306 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 22:45:11.82 ID:ytmvefIgO
おい何だよ
こんなくその命だけどやるから生きろよ
...ちくしょぉ
308 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 23:08:45.30 ID:rFBqa3vV0
明日仕事だけど最後まで読む

309 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 23:24:49.79 ID:WuLtuWlB0
こんばんは。
思ったより早く帰れた。
みんなありがとう。少しだけど、書かせて頂きますね。

310 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 23:27:44.58 ID:PlvqQnxo0
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
311 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 23:29:37.05 ID:b3bRu2fSO
嬉しいんだ、来てくれたのは嬉しいんだが展開的になぁ、なんかなぁ、う(´;ω;`) 312 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 23:30:59.18 ID:b9wwBkUkO
(゚∀゚)バイトおつかれー
314 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 23:32:02.00 ID:sdG+A9i+0
ティッシュ用意した

315 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 23:33:14.89 ID:WuLtuWlB0
散歩から帰ると、病室に一人の女の子の姿があった。

どうやら、彼女の高校時代の友人らしかった。
彼女「てて子…」(名前は仮名です。LOVの彼女のお気入りの使い魔から)
友人「心配してたよ…」
俺「こんにちは」

俺は空気を読んで席を外そうとした。すると、
彼女「いていいよ…」
彼女がそういうので病室に残ることにした。

316 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 23:36:50.00 ID:WuLtuWlB0
彼女たちは懐かしい話に話を咲かせていた。
でも終始、彼女が病気の話に触れることはなかった。

そして30分くらいしたらだろうか、友人さんはお見舞いをおいて去っていった。
見たところ、癌のことすら知らななそうだし、彼女の病気について知らなそうだった。

俺「友達には、病気のこと話してないの?」
彼女「うん、てて子だけだよ。それに癌とか知らない。すぐ治ると思ってる。」

317 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 23:38:44.86 ID:WuLtuWlB0
俺「誰にも言わなくていいの?」

きっと俺が同じ状況になったら多くの友人に言ってしまう。

彼女「心配かけたくないじゃん。普通、みんなビックリしちゃうよ。
本当に少しの人が分かってくれてれば、それいいんだから」
彼女はとても優しい口調で言った。

318 :名も無き被検体774号+:2012/01/15(日) 23:38:53.53 ID:Buwz9axx0
気になって眠れんわ
319 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 23:39:05.98 ID:LaUs1+ko0
俺もLoVやってたからそっちの話したかったが、全然そんな雰囲気ではなかった;;
でも海種使いだったのかな。

320 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 23:40:23.76 ID:WuLtuWlB0
>>319 海種使いだったよ。おれも真似して海種使ってた。分かってくれてなんか嬉しいわ。

321 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 23:44:45.43 ID:WuLtuWlB0
その少しの人に、俺が入っていたのは、嬉しくもあり、
なんとも言えない気持ちだった。

この子はもし俺がいなかったら、誰にも言わず、家族だけに頼って、
そう思うとなんだか辛くなった。

それからの日々は割と穏やかだった。
彼女は病院から離れられなかったが、俺は大学をできるだけ抜け出し
なんとか毎日でも彼女に会いに行った。

322 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 23:45:46.06 ID:LaUs1+ko0
>>320
やっぱそうかー。私は不死使ってました。
話の腰を折ってごめんね。続けてください。

323 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 23:48:25.22 ID:WuLtuWlB0
花が好きだったから、けっこうな頻度で花を買っていった。
彼女のお気に入りの花はトルコギキョウという花だった。

俺が偶然花屋さんで見つけて買っていった花を、彼女はとても気に入ってくれた。
青と白の色合いが綺麗な花だった。

でも毎回なるべく違う花を買っていった。
そして病室で二人で「花擬人化ごっこ」
をして持っていった花を女の子の絵にして遊んでいた。

324 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 23:52:41.16 ID:WuLtuWlB0
よく笑った。花を持って行くと彼女は決まって
満面の笑みになって喜んでくれた。

彼女「今日はどうしよっかなー」
なんて言ってふたりで花を見て絵で遊んで、
本当に彼女が病気だってこと忘れるくらいに楽しかった。

326 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 23:54:46.07 ID:WuLtuWlB0
でもいつもいつも調子がいいわけじゃなく、
日によっては行っても起き上がることすら辛い日もあって、

そうすると俺はふっと病気のことを思い出して途端に辛くなった。
そんな日も俺はお母さんに言って、持っていった花だけは
花瓶に入れるようにしていた。

327 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/15(日) 23:56:15.53 ID:JH2srFjD0
トルコキキョウの花言葉>>1は知ってる?
その事について触れるとしたらごめんなさいね

328 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/15(日) 23:58:58.77 ID:WuLtuWlB0
ある日、いつものように病室に向かうと、
やたらテンションの高い彼女がいた。

彼女「ねえねえ、聞いてよ聞いてよ!」
俺「あらら、元気だね。どうしたの?」

彼女「外泊許可がもらえたよ!五日間!」
俺「本当に!?」

彼女「嬉しいなあ。2日間はおうちに帰るけど、わたし三日間は富澤といるよ!」
俺「本当に!」

329 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 00:00:22.79 ID:WuLtuWlB0
>>327 いや、わかんないですwなんなんでしょう?

332 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 00:05:38.01 ID:qxHxUsLB0
>>329
どうせなので話を全部聞いてからにしますね
展開次第で吉と出るか凶と出るかわからないので
333 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 00:06:45.76 ID:mPJ/ueGA0
外泊出るといよいよやばい予感
334 :名も無き被検体774号:2012/01/16(月) 00:16:37.86 ID:txRiV3MN0
うちの姉も一年前乳がん発見されてな。
だが時すでに遅し、体全体に侵食してる。
自分も>>1と同じ心境だから分かるよ。
お前らもちゃんと健康診断してくれ、頼む。
338 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 00:18:36.12 ID:KEi5yus30
>>334
俺も去年叔父を亡くした
最期はもうガリガリになって
息してないと思ったらしばらくして心臓が止まった
339 :名も無き被検体774号:2012/01/16(月) 00:20:56.02 ID:txRiV3MN0
>>338
姉ちゃんまだ生きてるけど、もう残り少ないみたい
340 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 00:21:12.63 ID:x54nf88m0
外泊おk=先が長くない
ってイメージしかないのは俺だけかな

341 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 00:21:28.68 ID:x9+/iUde0
彼女「デート行きたい!デート!」
俺「いいね、いこういこう。」

彼女「ゲーセン行こうよ、ゲーセン!」
こんなに元気で明るい彼女を見るのは久しぶりだったので、
俺はすごく嬉しかった。
どうにか彼女をたくさん楽しませてあげたい、そういう風に思った。

342 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 00:23:29.33 ID:cGKiHjoj0
もう涙しかでないすわ。f5がきついっす
343 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 00:23:38.59 ID:+acmGupP0
すでに涙腺が決壊しそうなんだが…
344 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 00:24:32.71 ID:cNQajzD20
花言葉調べて涙腺崩壊した

345 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 00:24:34.16 ID:x9+/iUde0
二人で、三日間何をするか考えふけった。

彼女はゲーセンに行きたくて、俺と普通のデートが一度してみたかったのだという。
そして、俺の生まれ育った街が見たいということで、俺の実家に来たいということ。

この二つだった。
彼女は多くを望まなかったし、贅沢も言わなかった。
何か欲しいものとかないの?
と聞いても、「ただ一緒にいたい」と言うだけだった。

346 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 00:24:41.50 ID:aS8Wbu6T0
涙やばい
彼女可愛すぎだろ…
348 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 00:26:20.98 ID:WdAtM8AuO
彼女のテンションの高さが(;ω;)なんかもういや、すごいフラグ、まじ泣けてきた
349 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 00:27:43.73 ID:SEuKli0k0
彼女かわいすぎる;;
350 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 00:29:55.53 ID:cOF2U+4D0
このタイミングでの外泊許可は最後の外泊としか思えない・・・

353 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 00:32:55.02 ID:x9+/iUde0
もしかしたら、最初で最後のデートになるかもしれない。
俺は覚悟していた。
この、外に出られる、普通に過ごせる三日間で彼女を最高に笑わせたいと思った。

俺は色々考えた。プレゼントを買うために、貯金を下ろした。
何を買うか、迷ったが、COACHの帽子をあげることにした。

彼女はCOACHが好きで(と言っても財布しか使っていなかった)、きっと帽子なら喜んでくれると踏んだ。

354 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 00:35:48.86 ID:VKbWOZLNO
淡くてせつなくて、いい話なんだけど、つらい
355 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 00:36:19.96 ID:qXuEQoPE0
スレが愛に包まれております
356 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 00:37:07.17 ID:WdAtM8AuO
あぁこの世は理不尽だよ・・・ちくしょう;;
357 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 00:37:26.64 ID:+acmGupP0
釣りだと言ってくれた方がどんなに…。
最後まで読ませてください。

359 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 00:37:42.57 ID:x9+/iUde0
当日まで、ドキドキとした。何をどうすりゃいいのか。

彼女にデート初日でやりたいことを聞いた。
彼女「ゲーセンに行って、そのへんフラフラするー」
俺「え、そんなんでいいん?」

彼女「特別にどっか行くより、そっちの方が普通のデートっぽくていいじゃん」
彼女「学校帰りに一緒に帰るくらいの日常さで、いいんだよ」
彼女はにこにこしてそう言う。

彼女が望むのなら、俺もあまり気張りすぎないようにしようと思った。

360 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 00:39:50.77 ID:cOF2U+4D0
3日ってのがまたなんかな・・・

364 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 00:58:49.39 ID:x9+/iUde0
その日が迫るごとにあたふたした。
実家に、女の子連れてくよって電話した。病気のことは伏せた。

前日に、意気揚々とCOACHに帽子を買いにいったが、あいにく売っていなかった。
彼女が一番好きなブランドはCOACHだった。COACHで帽子が欲しかったのに…

俺「あの…帽子が欲しいんですが…COACHのニット帽、被ってる人見たことあるんです」
店員「もうしわけございません…それはこちらの店頭では…」

あきらめられなかった。
俺は店内を見ていると、ハートの可愛いネックレスを見つけた。3万くらいした。
帽子を買うつもりでそんなに金は使うつもりではなかった。

でも俺はそのネックレスを買った。
しかし、この選択は正解だった。

365 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 01:02:12.00 ID:qXuEQoPE0
おお、正解だったか!
>>1よ良かったな

366 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 01:03:08.02 ID:x9+/iUde0
いよいよその日になる。
俺はリュックにプレゼントを忍ばせて、いつ渡すか決めかねていた。

お父さんとお母さんに挨拶した。
お父さんは優しそうに笑っていた。
「よろしく、頼むね。」
俺「はい、彼女のことは、任せてください。」
彼女「じゃーね、いってくる!」

俺もニヤニヤしていたけど、彼女も始終にこにこしていた。
楽しい、忘れられない三日間が始まる。

367 :名も無き被検体774号:2012/01/16(月) 01:06:05.99 ID:txRiV3MN0
うまく言えないが、
この話を書いてくれてありがとう>>1
368 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 01:06:07.06 ID:fmtyDkWmi
兄も病気で
この両親やりきれんな…

371 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 01:07:50.15 ID:x9+/iUde0
正直不安もいっぱいだった。
突然体調が変わったら?彼女に何かあったら?

でも彼女は俺のこと信頼して、全てを俺に預けてくれたんだろう。
もしもの時のために病院の番号もメモったし、お父さんとお母さんの番号も分かってる。
きっと、どうにかなる。とにかく彼女といられる時間を大事にしようと思った。

374 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 01:12:32.33 ID:x9+/iUde0
彼女「電車のろ!電車電車!」
俺「え、タクシーとかでもいいんだよ?」

彼女「そんなんセレブなデートないよw」
俺「まあこの時間なら人も少ないしね。電車に乗ろうか。」

駅に着く。彼女は大声を出す。
彼女「わわ、電車だよ電車!いいなあ懐かしいなあ!」
俺「なんだかいいね、こういうの。すごい不思議な感じ、至って普通なのにw」

ずっと、病室でしか会えなかったものだから、色々と新鮮に映った。
電車に乗っただけで、なんだかとても嬉しかった。

378 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 01:13:53.11 ID:HbZ8ThR6i
生きたいっておもうやつがあっさり死んで
死にたいってやつがしぶとく生きる
世の中理不尽だよね…
379 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 01:15:43.68 ID:9WSRwcRW0
>>378
そうだな

383 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 01:18:29.16 ID:x9+/iUde0
電車ではしゃぐ彼女はどこかヘンテコだったけど、
どう見ても普通の女の子にしか見えなかった。

この小さい体に、色んなものを抱えてると思うと、悔しかった。
電車内には同じような年齢の女性もたくさんいて、それを見てると複雑な気持ちになった。
俺「どこいこっか?」
彼女「あ、決めてないのー?もうしっかりしてよー」

俺「ええ、ノープランでいいって言ってなかった?」
彼女「嘘でしたー!言ってみたかっただけこういう事w」
彼女は笑いながら言った。

384 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 01:20:43.71 ID:x9+/iUde0
あーすまん、書くのちょっとだけ辛くなってきたよ。
少しだけ一服休憩させてください

385 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 01:21:22.31 ID:qXuEQoPE0
ヤバイ…情景が浮かびすぐる
386 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 01:21:43.50 ID:cOF2U+4D0
>>384
うん、休め。
388 :名も無き被検体774号:2012/01/16(月) 01:22:35.80 ID:txRiV3MN0
必要な分だけ休んでいいよ。
おつかれ
389 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 01:24:09.30 ID:llrdI5TH0
もういいっ・・・!休め・・・!>>1ッ・・・!
390 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 01:24:46.08 ID:f5KWgNoP0
こういうスレの時だけお前ら空気読むの上手いよな

392 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 01:26:58.40 ID:x9+/iUde0
>>391 やや、もうちょっとだけ書かせてくれ。

394 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 01:27:38.60 ID:WdAtM8AuO
こうやって思い出してくのは色々くるものがあると思いますが、>>1 頑張ってお(`;ω;)
396 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 01:31:22.74 ID:FkKH4r1nO
デートプランぐらい立てろよ
予約されたりするの女の子は喜ぶだろ
399 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 01:35:03.15 ID:qXuEQoPE0
>>396
>>1のウブさから言って無理だ
察してやれ

402 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 01:37:44.19 ID:x9+/iUde0
彼女は電車の中でも突拍子もないことを言い出す。
彼女「ねえねえ、ケンカしよ!」
俺「え、は?」
彼女「もう、ふざけないでよ!」

俺「どゆことwww」
彼女「失礼しましたw」
ケンカをするはずがすぐ漫才みたいになってしまって、二人で笑い転げた。

俺は彼女が何を求めているのか、なんとなく分かっていた。

404 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 01:38:08.10 ID:6EAWpJ7G0
花言葉の攻撃力ハンパないな

406 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 01:42:09.14 ID:x9+/iUde0
花言葉が気になるけど、続けますw

彼女は自由だった。そう、彼女はこういう人だったんだよ。
俺は凄く安心していた。

けっこう電車に乗って、とりあえず新宿で降りた。
彼女「あ、そだ。ゲーセンでも行かない?」
俺「それ最初から決めてたんじゃんww」
彼女「ま、そうなんだけどww」

彼女のワールドになりつつあった。
俺はすごく懐かしい気持ちになった。
会ったばかりの頃を、思い出すようだった。

408 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 01:46:53.52 ID:x9+/iUde0
ゲーセンに着くやいなや、彼女はテンションだだ上がり。
彼女「大きい!すごい!この雰囲気懐かしい!」
俺「初めてだけど、すごいなー。格ゲーとかも猛者がいそうだ。」

彼女「デッキ組んだんだよデッキ!まずLOVね!」
もう大はしゃぎの彼女を見ていると、こっちも楽しくて仕方がなかった。

411 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 01:47:50.15 ID:yO0Vd0vqI
いい話しだ。花言葉は各自確認しておこう。

413 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 01:51:51.18 ID:x9+/iUde0
俺たちはまあ、アケゲーオタだから、ここに会話の内容書いてもあれかもしれないけどw
彼女「わだリバデッキ作ったんだー!ゲート閉じちゃうよゲート!」
俺「いや、させない!俺のムーブでそんなものは…」

ま、分かる人だけ分かってくださいw
こんなこと言い合いながら、それは楽しくプレイしていたわけです。

415 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 01:56:22.85 ID:x9+/iUde0
そのあとはひと通り色々まわる。
彼女がポップンやりたいと言えばやり、太鼓叩きたいと言えば、叩き。

そのあと二人で格ゲー武者修業と名づけ、すいていたので
勝てない相手にコンビを組んで挑み続けたりw

友達とやったら盛り上がった試しのないQMAというゲームでも、
二人でハイタッチしながら嘘のように盛り上がったり。

とりあえず、俺達にとってゲーセンというのはこの上なく楽しいスポットだった。

418 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 02:00:08.84 ID:x9+/iUde0
そんなことをしているうちにあっという間にお昼を回っていた。

俺「そろそろ引き上げようかー」
彼女「すごい楽しかったー!」

彼女は本当に満足しているようだったので、俺は安心した。
かくいう俺も本当に楽しかった。

俺「お昼どうしたい?」
彼女「マックがいいなぁー」
俺「え、そんなもんでいいの?」
彼女「わたし携帯のクーポンあるからねー!」

419 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 02:00:52.49 ID:yO0Vd0vqI
失礼。まさにドラマ。このあとの展開、息がつまります。
420 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 02:01:20.31 ID:9YlaqSz4i
>>1頑張って
424 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 02:03:02.47 ID:QCtubbcK0
ゆっくりでいいぞー
426 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 02:03:43.15 ID:SEuKli0k0
やばい涙腺が…
まだ途中なのに
427 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 02:05:01.81 ID:yO0Vd0vqI
ガンバ、俺たちはその切ない気持ちを感じたい。
428 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 02:05:14.87 ID:9I0f0EPiO
寝ようとして軽い気持ちで開いたら‥花言葉も‥
目腫れたまま大学行く羽目になるわ‥
>>1 頑張って
おやすみ皆

429 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 02:06:45.07 ID:x9+/iUde0
彼女は本当になんてことない日常の時間を過ごしたいってのはもう分かっていた。

彼女「わたしはねー、てりやきかなw懐かしいな~」
カウンターで楽しそうに選ぶ。
俺「じゃあ俺はベーコンレタスでww」
彼女「シェイク飲もうよシェイク!」

はしゃいでる彼女を見るのは楽しかった。
何をしていても、本当に楽しそうにしていた。

430 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 02:06:59.57 ID:Q8gYt84OO
追いついた
まじ泣ける(泣)
明日学校休んで
こんな子探しにゲ~セン行くわ
431 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 02:10:19.49 ID:zIltmcuT0
前、スーツ姿のお姉さんが一人でコインゲームやってた。
432 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 02:10:57.77 ID:UsuMV0hyi
彼女は普通の日常、普通の生活、普通のデート。
全てがありがたく見え、幸せに思えたんだろうな。
俺たち人間、特に大人はきたねぇよ。金だコネだ権力だって。
みんなわかんねぇよな。今こうしてなに不自由なく生きてる事ありがたいとおもわねぇよな。
この命あげられるならこうゆう子にあげてぇよ
434 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 02:12:25.44 ID:9YlaqSz4i
>>431 ええ話やん
435 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 02:12:27.46 ID:qXuEQoPE0
もう何年も行ってないが
行ってみるかゲーセン

436 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 02:12:29.06 ID:x9+/iUde0
席に着く。一息つく。

彼女「マックこんなに美味しかったかなあw」
俺「久々に食うと美味いんだよねえ」

彼女「わたしはポテトを欲しているよ」
俺「あるよ?」
彼女「ちがうよ、ほら」

彼女は口を開けて促す。正直、アホである。
そして、俺が口にポテトを入れてあげると、食べながら
「10点~!」
などと意味の分からない事を言い出す。

俺もこれをやらされるハメになって、二人してマックでアホなことをしていたw
でも、楽しかった。

437 :名も無き被検体774号:2012/01/16(月) 02:14:26.24 ID:txRiV3MN0
普通が一番幸せだって。
これ見てると痛いぐらい分かる
438 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 02:14:28.55 ID:diXg8QK80
ポッキーするとこだったかw
440 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 02:15:20.48 ID:yO0Vd0vqI
頑張れ! 実話だろうか、フィクションだろうか、このレスは感動。

441 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 02:15:51.50 ID:x9+/iUde0
今思えば、俺は彼女のこういうところに惹かれていた。
一緒にいると、なんでも面白く思えて、笑いが絶えない。

時々本当にあほらしいことを言っては、笑顔になる。
それがすごく心地良かった。

445 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 02:20:03.51 ID:QCtubbcK0
普通の恋愛してみたいぜー(T_T)
446 : 忍法帖【Lv=22,xxxPT】 :2012/01/16(月) 02:20:04.21 ID:hGwtjpu00
いい話だな
447 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 02:20:08.10 ID:qXuEQoPE0
俺は続きはまた明日宣言が出るまで見守る
っーか、ネックレスの出番とその効果が気になってw
話の布石がイイ感じで寝れねぇw

451 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 02:23:09.99 ID:x9+/iUde0
>>443 彼女は10-feetってバンドが好きだったよ
いつもライオンって曲聞いてた

452 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 02:24:55.17 ID:x9+/iUde0
もう今日は遅くなったので、そろそろ落ちますね。
みんなこんな時間までありがとう。
明日の夜には完結に持っていけるように頑張りたいです。

453 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 02:25:50.57 ID:WvMuqEoB0
冬目景のイラストで脳内再生してしまうな
454 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 02:26:14.62 ID:QCtubbcK0
>>452
おやすみー。
楽しみにして、待ってる

457 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 02:28:02.51 ID:x9+/iUde0
>>453 冬目景俺も大好きだ。ってか彼女も好きだった。いいよね、あの人

459 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 02:29:41.29 ID:LC3h+2bj0
支援
10-feet:たしか届きそうで届かない距離かなんかだった気がする
俺はgoes onが好き
461 :名も無き被検体774号:2012/01/16(月) 02:30:25.92 ID:txRiV3MN0
>>1おつ
明日も来るよ
464 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 02:41:45.28 ID:dkar+y+si
最近彼女を放ったらかしにすること多くなってきたけど、これ読んでもっと大切にしようと決めたよ
ありがとう>>1
470 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 03:11:43.32 ID:UyTgZsXz0
こんな青春痛すぎるわ
476 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 05:30:36.04 ID:q3SD1qW40
釣りでしたって言って欲しい最後に
寝る前にとんでもないトコ見てしまった・・
477 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 05:58:22.42 ID:p6wdR6MN0
彼女も好き だ っ た 。
(´;ω;`)
478 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 06:01:43.48 ID:9zEkPE1U0
あれだよな、俺の母ちゃんも卵巣ガンになったけど手術後ってメッキリ弱っちゃうんだよな
見てるこっちが辛いのよ
この子には頑張ってほしいな
479 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 06:07:21.76 ID:O5okXC2s0
こんなに釣り宣言が欲しかったことがあっただろうか。いやない。
480 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 06:18:58.67 ID:0PYqSYlT0
奇跡的に回復して
かわいいおばあちゃんになって
孫に囲まれながら
笑顔で息を引き取ったんだよな
そうだろ?
そうだと言えよ!おい!
482 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 07:25:44.20 ID:Nb5RvuPf0
起きて一発目に読んだ。。。こんな話、小説かドラマでしかみたことねーよw
釣りだろ?釣りなんだろ?
そうと言ってくれ、マジで
484 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 07:54:30.42 ID:H2mtaLoO0
俺も嫁のこと大好きだし大切にしてきたつもりだけど、こんな精神状態で居れるか自信がない…
492 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 09:42:12.64 ID:l3Ag4UeX0
20代だけど健康診断したほうがいいかな?
元気だからなんも心配してないけど
494 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 09:50:50.05 ID:e3m9Kv46O
>>492
女ならやっとけ
495 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 10:01:57.16 ID:zB2gJPG2i
追いついた…
電車の中で読んでたら泣いた(/ _ ; )
命、幸せって…
考えさせられる
500 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 10:38:27.10 ID:R28txUvvi
過去形なんだよなぁ
ホントに釣りであってほしい
544 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 16:26:22.64 ID:RqGpU1YOP
>>1のおもいを見届けるか
545 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 16:34:54.73 ID:cT0WGf2m0
lov週に2,3日はやるJKだけど、声かけられたことなんてないぞ。
どうなっていやがる。
ハッピーエンド待ってます。
547 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 16:39:39.21 ID:wIjFiIu70
>>545
今度対戦しようぜ
声かけるからキャスケット被って来いよ
548 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 16:47:27.59 ID:cT0WGf2m0
>>547
おうよろしくな。
ワダリヴァ買いに行ってくる…
549 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 16:47:47.72 ID:OXILqM3q0
>>545
ここ話的には、lovやってて声かけられた方が ○○フラグだがいいのか
ついでに誰かに声掛けるなよ、それも向こうに○○フラグだ
550 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 16:57:11.91 ID:kWWipDFY0
>>545
美人なの?
551 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 17:07:35.29 ID:cT0WGf2m0
>>549
話しかけられたらそれはそれできょどるけどね
実際lovやってるとき忙しいし話しかけられなくない?
>>550
ゲーセン通ってアケゲーやってるて時点でお察しだろ
言わせんな恥ずかしい
552 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 17:13:25.04 ID:kWWipDFY0
>>551
ごめん、野暮なこと聞いちまったなw
553 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 17:17:16.30 ID:NIIUhmof0
でもゲーセンで一人で音ゲやってるかわいいこっているよね
話しかけられないけど
ってかゲーセンで人に話しかけづらい・・・
554 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 17:21:25.50 ID:kWWipDFY0
実際ゲーセン行ってて話しかけられたいもん?
556 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 17:25:58.07 ID:cT0WGf2m0
>>554
女プレイヤーだとおとなりとか後ろからガン見されたりするから
そんなに見るなら声かけてくれたらいいのになと思ったことはある
557 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 17:34:38.38 ID:kWWipDFY0
>>556
女プレイヤーは珍しいから眼で追いたくはなるね
558 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 17:37:09.06 ID:NIIUhmof0
男女関係なく上手い人には話しかけてみたい
でも人見知りなジレンマ・・・
559 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 17:43:15.41 ID:DUMxvo6w0
BGMが平井堅の曲が流れてとまらないの・・・
涙腺がヤバイの・・・ヤバイ
561 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 17:53:52.22 ID:rsE5PANx0
UFOキャッチャーがめちゃくちゃうまいお姉さんならいたなぁ
その人が持ってたコンビニ袋4つくらいが全部景品でパンパンになってて
見てたらほとんど百発百中で景品をGETしてた
俺がほしかったあしたのジョーのフィギュアもGETしてたから
思わず声をかけてしまった
「すいません、ジョーが泪橋に佇むフィギュア、お金出すんで譲ってもらえませんか?」 「ごめんなさい、丹下と力石しか持ってないです」
「…そうですか…残念」
「じゃぁ…」 スタスタ……
「あ、ちょっ…」
綺麗な人でした。
562 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 17:54:55.47 ID:wIjFiIu70
コツおしえてください!っていって手を添えてもらってやったらよかったのにw
566 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 18:20:07.75 ID:ykns6fMs0
毎日頑張ってる旦那においしいごはん作ったげようと思う
普通が一番幸せなんだな

569 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 18:39:53.82 ID:x9+/iUde0
こんばんは。
お待たせいたしました。みんなありがとう、ほんとうに

ぼちぼち再開していってもいいですかね?

571 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 18:41:32.90 ID:p37ljSgtO
>>569
おかえり~
よろしく!!
572 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 18:42:00.76 ID:jyrYcl8U0
キター!
モニターの前に正座しました
577 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 18:46:31.16 ID:Dp8MHfqn0
おかえりー、早くハヤク!!
運転に集中出来ん…

580 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 18:52:37.56 ID:x9+/iUde0
一服しつつゆっくり書いていきますので、
みなさんもゆったりお付き合い頂ければ。

マックでの俺達は年甲斐もなくはしゃいでいた。
まわりに高校生やら大学生も多くいたと思うけど
その子ら以上に大笑いしていた。

彼女「ねえ、煙草吸ってイイよ」
俺「え、どうして?」
普段、彼女の前では絶対煙草を吸うことはなかった。というか不可能だった。
その時は喫煙席に座っていた。

俺「くさいよ?」
彼女「いいの」
言われるままに一服した。
彼女は黙って眺めていた。

581 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 18:53:55.52 ID:CCqLDcq10
この時点でヤバいわ・・・・・・
583 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 18:54:36.36 ID:2apkvwPH0
>>581
はやいだろ

585 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 18:56:42.07 ID:x9+/iUde0
案の定、
彼女「ごほっ、くっせーね。」
俺「だから言ったじゃーんw」

彼女はそう言ったものの、にこにこしているだけだった。
俺も、なんだか照れくさくなりながら、一服。

そうしていると、俺の携帯にメールが来た。

591 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 19:00:54.78 ID:x9+/iUde0
妹からだった。
俺には一つ年下の妹がいる。

内容の趣旨としては、
「兄貴今日女の子連れてくるんだって?期待しとるわw」
みたいな感じだった。

おちょくっていやがる。基本仲悪くもなく、
実家に帰れば一緒にゲームしたりもするし、なにぶん
妹自体も少しオタクなので、気が合う兄妹ではある。

594 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 19:08:08.03 ID:x9+/iUde0
俺「午後からどうしよっか。電車の時間までは、けっこうあるんだよね。」
彼女「買い物行きたい!本屋さん行こ!」

俺「え?本屋さんでいいの?」
彼女「間違いない」(長井秀和のマネ)
俺「なっつwww」

彼女のこのあたりはもはや言うまでにもあらずだったけど、
彼女はよく芸人のマネをしては笑っていた。

598 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 19:14:21.73 ID:x9+/iUde0
まあ入院生活も長いわけだし、きっと欲しい本とかもいっぱいあるんだろう。
そして書店に赴く。

彼女「ひれーっ!」
俺「俺も初めて来たけど大きいね…」

彼女はコミックコーナーに駆け出す。
そしてずーっと俺の手を引っ張って、
「これ、〇〇さんの本、すごく好きなんだ~
あ、〇〇さんの漫画、これは作画綺麗で…」
という風に喋り疲れるんじゃないかって思うくらい話す。

俺「大抵本屋とか一人で来るけど、一緒に来ると
好きな本のこととか話せて楽しいね。」

601 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 19:19:56.77 ID:x9+/iUde0
俺自身、正直にそう思った。
俺も普段から本屋巡りとかが好きで、好きな絵柄の作家さんとか
見つけたりするのが好きだった。
でも一人だどこか寂しい部分もあった。

それを彼女と共有するのは楽しかった。

彼女「でしょーじつはこういうとこに二人で来てみたかったんだよね…」
彼女は照れくさそうに言った。

彼女がどうして普通のデートがよかったのか
なんとなく分かったような気がした。

602 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 19:21:14.84 ID:CCqLDcq10
おい・・・・・・もうやめてくれ・・・・・・・
605 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 19:27:56.99 ID:tRhU7qSRi
仕事に身がはいらねぇ…

606 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 19:28:15.36 ID:x9+/iUde0
俺たちは、笑うときもそうだけど、お互い語りだすと止まらない。
格ゲー談義をするときもそうなんだけど、どのプレイヤーが強いかとか、
そういうことを夢中になって語る。

彼女は、俺のオススメの本を教えて欲しいというので、俺も彼女に負けじと語った。
言っても言っても、「他は?」「全部知りたい」
と言ってきかないのでキリがなかった。

彼女「富澤オススメの本、全部読みたいな…」
俺「よし、今度持って行ってあげるね。」
彼女「そんなー悪いよー」
俺「ほんとは?」
彼女「待ってました…w」
彼女は苦笑いと共に本音を漏らした。

607 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 19:29:19.34 ID:RQOpyNfs0
彼女可愛すぎんだろ・・・
608 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 19:31:35.73 ID:c7UXEoRe0
女の子のはにかんでる姿こそかわいいものはないな
609 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 19:32:22.68 ID:p37ljSgtO
>>1の感性素敵だな

614 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 19:42:39.01 ID:x9+/iUde0
すいませんちょっとだけ休憩します

平井堅ってレスがあったのでyoutube見に行ったら自爆してしまいました
すいませんすぐ復帰します

615 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 19:45:57.33 ID:LAdbH0ZcO
>>1はこれ思い出しながら書いてて、辛くないわけないよな?
俺なら途中で発狂して投げ出すレベル。
616 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 19:46:21.55 ID:+AYpV7o70
待ってるから、ゆっくりで
617 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 19:48:19.55 ID:T5t5QHtHi
彼女可愛いなぁ
621 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 19:53:33.05 ID:diXg8QK80
告白とか無くてもいい感じ
623 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 19:54:56.68 ID:rsE5PANx0
>>621
だな
磁石が自然に引き合うような感じ

628 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 20:02:12.84 ID:x9+/iUde0
電車までひとしきり時間があったので俺はその後
プラネタリウム行く?とかどっか美術館行く?とか聞いた。
けど彼女の答えは違った。

彼女「1時間だけカラオケに行きたい」
俺「ああいいねーそれ。座ってると負担もすくないもんね。」

カラオケに行くと、どんな感じになるんだろうと思ったけど、
彼女のレパートリーは実に豊富だった。
お互い真剣に歌うというよりふざけてばかりだった。

二人してテニミュを空耳で歌ったり、盛り上がる曲で合いの手を
入れあったりして、はしゃぎ倒した。
彼女は疲れちゃうんじゃないかって、心配になるくらいだった。

630 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 20:05:56.65 ID:x9+/iUde0
楽しい時間なんてあっという間なもんで、電車の時間が迫った。
カラオケでクーポンみたいなものをもらった。
マックでもクーポンみたいのをもらった。
そういうものをもらう度、俺は
「次があるのかな…」と一人で思った。

632 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 20:08:00.51 ID:iBjEHxqbi
これは悲しい
633 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 20:09:23.01 ID:5fzD/KhX0
泣いた

636 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 20:10:30.84 ID:x9+/iUde0
電車、特急列車。
俺の地元にむかう電車だった。
俺の地元までは特急で2時間くらいだった。

彼女「わーなんか旅って気がしてきました!」
俺「楽しいよねー」
彼女はそそくさと売店に向かった。
そしてじゃがりこを買ってきてドヤ顔で俺に見せつける。

彼女「旅っつったらこれでしょ!」
俺「車内販売もあるんだけどねぇ」
彼女「マジか!」

637 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 20:10:32.94 ID:MFtf8uY80
おっさんまた泣いた
釣りって言ってくれ
638 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 20:10:36.32 ID:Ve6J8iFX0
平井堅のいつか離れる日が来ても
聞いて死んだ(T ^ T)
640 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 20:13:45.75 ID:bSXoEoHz0
もうみんなやめろよお…
バイト前なのに泣いてるだろ俺が…
641 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 20:18:16.22 ID:xGHrZAy10
一緒にいたら楽しそうな彼女だな

645 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 20:23:21.17 ID:x9+/iUde0
特急に乗る。
最初こそ彼女は特急ってすげえ駅すっとばすよね!
とか言って元気だったんだけど、そのうち疲れちゃったのか、
しばらくするとすっかり眠ってしまった。

俺は、しばらく静かな時間を過ごすことになる。
よこの彼女を見ると、色々と、思うものがあった。

648 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 20:26:22.58 ID:x9+/iUde0
少し油断すると、こんな日がずっと続くと錯覚してしまう。
この三日間が終わった先にはどんなことが待っているのか…

考えたくなくても、嫌でも脳裏をよぎった。
ここで、俺は本当に泣きそうになる。
そして彼女に分からないように泣いてしまった。

特急の指定席で、一人で号泣した。
どうしてだったか分からないけど、すごく悲しかった。

649 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 20:27:38.19 ID:WvOioCSV0
寝顔ってずるいよな
650 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 20:29:03.07 ID:wKWtKGgU0
>>1と吹石との同棲イベントが現在も進行中だと信じている、
俺の期待を裏切らないでくれ

651 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 20:34:25.78 ID:x9+/iUde0
こんなんではいけない。俺は、思いついた。今だ、と。
寝ている彼女の首に、気付かれないように、プレゼントのネックレスを巻こうと思った。
窓によりかかっていたので、すきまがあってた。
起こしてしまうかハラハラしつつも、どうにかこうにか彼女にネックレスを
つけることができた。

ビックリするかな。俺は不安と期待でドキドキした。

652 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 20:36:16.27 ID:QCtubbcK0
うわ、いいなー
微笑ましい
653 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 20:36:19.06 ID:tIKq19t4O
やっとネックレス北

654 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 20:37:23.72 ID:x9+/iUde0
駅に着くまで彼女は熟睡していた。
ここまで上手くいくと思わなかったけど、しかしよく寝ていた。疲れたんだろう。

駅に着くアナウンスが流れる。
俺「さ、着いたよ。起きて起きて。」
彼女「え、あ…」

寝ぼけている彼女の手を引いて、俺は彼女を誘導した。

655 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 20:40:00.21 ID:cOF2U+4D0
これは・・・>>1ナイス!!!
656 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 20:40:05.66 ID:2apkvwPH0
イケメンだな>>1
657 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 20:40:49.81 ID:MFtf8uY80
いち おまえ かっこいい

662 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 20:42:26.71 ID:x9+/iUde0
ホームに降りると辺りは暗くなり始めていて、 宵の口と言ったところだった。

彼女は降りると、う~んと伸びをして「よく寝た」とつぶやいた。
俺はドキドキだった。

彼女「わ!なにこれ…ネックレス?富澤?」
俺は「魔法だよ、きっと」と言うつもりだった。でも、

俺「誰かのいたずらか…?」
意味が分からないw

664 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 20:43:55.56 ID:cOF2U+4D0
>>662
おい。そこは魔法だろおぉぉおっぉ

665 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 20:45:54.81 ID:x9+/iUde0
かっこいいこと言おうとしたのに、彼女にこっちを見られると恥ずかしくなって
ついついおかしなことを言ってしまう。

彼女「えーww富澤でしょーwこれ可愛いなー。」
俺「うん…プレゼントだよ。すっごい似合ってる。」

本当に似合ってた。自分の選んだネックレスをつけている姿が、
とっても、微笑ましかった。

666 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 20:46:07.96 ID:+vfrWPE90
もう>>1がかっこよすぎて見てるオレが辛い…
続けて下さい…

667 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 20:50:32.37 ID:x9+/iUde0
瞬間、彼女は俺に抱きついてきた。

俺はビックリして心臓飛び出るかと思った。
俺「ぅお…!」ビックリして、変な言葉が出る。

彼女「ありがとう。絶対絶対、大事にするよ。」

勇気を絞って、俺も抱きしめた。
思えば、人生で始めて女の子を抱きしめた瞬間だったと思う。
とっても暖かくて、大事なものだって気がした。

670 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 20:51:19.02 ID:4RcE4fBoO
イケメンすぎるって
671 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 20:51:50.23 ID:Qca1klCr0
かっこいいですね

673 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 20:56:02.63 ID:x9+/iUde0
高校時代毎日使っていた見慣れた駅のホームの真ん中で、
俺は確かに人の温かみを感じた。

人なんてほとんどいなくて、駅のホームには俺と彼女だけだった。
向いのホームに高校生がいたが。

しばらくその状態で、彼女がいきなり
「充電完了だー!」
と大声をあげるものだから、ぱっと手を離した。

676 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 20:56:54.45 ID:Za6OG5J70
ポカポカした
ポカポカしただけにこの先が怖い・・・

678 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 20:59:56.61 ID:x9+/iUde0
改札をくぐる、なんだか照れくさくなっちゃって俺はぎこちない。
でも彼女はそんなのおかまいなしで、

「ほらら~らら~らら~♪」(聖剣LOMのドミナの曲)などと鼻歌を歌う始末。
ご機嫌だったんだろう。彼女は普段からよく歌う子だった。
それ、聖剣だね!なんていつものように俺もつっこめず、

駅を抜けるとそこには迎えが待っていた。

680 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 21:01:14.81 ID:x9+/iUde0
ちょいと失礼。
晩飯を作ってきますゆえ、しばし離れます。
30~40分で復帰しますね。

682 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 21:02:09.77 ID:N8PdPWCf0
終わりが気になるけどゆっくり見ていたい。
688 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 21:15:36.15 ID:J8w3rW4e0
15年ぶりに胸があつくなった

697 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 21:43:36.77 ID:x9+/iUde0
ごめんなさい。お待たせいたしました。

また一服しつつゆったりと再開したいと思います。

700 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 21:47:04.77 ID:diCQq7Qji
続きが知りたいけど知りたくない
もうゲーセンに不思議な子は居なかった
て事にしてくれ

701 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 21:54:02.83 ID:x9+/iUde0
迎えに来ていたのは、妹だった。
車で迎えにきてくれた。
「なんでアイツなんだよ…」
と思ったが、結果母親が来てもあまり変わらないので同じだった。

俺は彼女の荷物をずっと代わりに持っていたので、積みこむ。
俺「ごくろーさん」
妹「いえいえ」
彼女「こんにちは、わざわざありがとうございます。」
妹「こんにちはー」

妹は明らかにニヤニヤしていた。

702 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 21:54:14.30 ID:TpERXDKCi
>>1
帰って来てたのかぁ~
お帰りなさい
今追い付いてまたまた、泣いてしまった…
ネックレスのとこ凄くカッコいい!!
俺もこんな素敵な恋したいな~
703 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 21:56:36.01 ID:N8PdPWCf0
待ってたー
704 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 21:56:57.29 ID:eRE2oI1V0
おいついた!
マジ泣きそう…

705 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 22:00:44.01 ID:x9+/iUde0
妹「可愛いなー。同級生ー?」
俺「お前よりずっと年上だから」

彼女「いえ、全然気にせず接してくださいねw」
妹「こんな兄だけどよろしくお願いしますねー」

車内は女社会と化していたが、非常に和やかなムードで、
妹と彼女も気が合いそうな感じで俺は安心した。

709 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 22:08:33.88 ID:x9+/iUde0
車で坂をのぼる。
俺の実家はちょっと坂の上にある。
店がまったくないわけでもなく、いい感じの田舎だ。

家につくと、待ち構えていたように母さんが出てくる。
「いらっしゃい!遠くからお疲れ様」
彼女「いえいえ、よろしくお願いします。」
彼女は、こういうところで礼儀正しくて、当然のことながら少し驚いた。

気のせいか、母さんも妹も、よそよそしくて、落ち着かない感じだった。
無理もない。ダメ息子が急にこんな女の子を連れてきたら、
面食らうってもんだろう。

713 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 22:15:03.82 ID:x9+/iUde0
母さんと妹はまだ晩飯の準備中だったらしく、
彼女は手伝いたい、と言った。
俺は疲れてるんだから無理しないで、と言ったが、
どうしてもと言ってきかなかった。

俺「母さんエプロンあったっけ?」
母「あれがあったわよアンタのが」

彼女は俺が高校の家庭科で使っていたエプロンを身にまとった。
「どうかな?w」
恥ずかしそうにエプロンを着て彼女は言う。
俺「いいねー最高だよ。」

720 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 22:21:34.63 ID:x9+/iUde0
その様子を見て母さんと妹が俺の方を見て不自然にニヤニヤする。
俺は「ほっとけ!!」と心の中で連呼した。

彼女も台所についてできることを一生懸命手伝っていた。
うちの家族に混ざって、楽しそうだった。

俺はそれを横目に見つつ勝手口の裏口で一服していた。
俺も手伝おうとはしたが、アンタ失敗するから、と妹に阻止された。

722 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 22:22:14.77 ID:cHxXWezS0
>>720
妹gj
723 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】 :2012/01/16(月) 22:26:22.87 ID:JxN1HClsi
なんてほっこりすんだ!
うらやましー

724 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 22:28:36.27 ID:x9+/iUde0
その日は、カレーだった。
ウチのカレーはレトルトは使わず、スパイスとかも使って、
無意味に凝っているものだった。

みんなで食卓に着く。
俺は若干の気まずさを隠しきれなかったw

彼女「こんなに本格的なカレー、おうちで作れちゃうんですね~」
母「まーこだわりだすとキリがないのよね」
母さんは鼻高々だった。

725 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 22:30:35.15 ID:x9+/iUde0
彼女「おいしい!美味ですよこれ!」
彼女が笑ってそういうとみな口々においしいと言い出した。

俺「うん、やっぱりおいしいね。」
妹「たしかに美味、だねw」

ご飯が進みだすと、妹と母さんが動き出す。

728 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 22:35:55.72 ID:x9+/iUde0
母さんは、「うちの息子の何がよかったの~?」
とか笑いながら聞き出すし、
妹は妹で、彼女がオタ気質であることを知ると、
途端に自分の好きな漫画とかの話を振りだす。

彼女は彼女で、「わたし一発芸とかできるんです」とか
ワケの分からないことを言い出すし、そうするとうちの妹も悪ノリしだすし、

色々とてんやわんやなんだけど、楽しかったよ。
初めて食卓を共にしたのに。

729 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 22:37:16.93 ID:qqaCxJ9bO
幸せ過ぎて逆にツラい・・・
733 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 22:41:10.62 ID:BtQKZFO00
容姿端麗、礼儀正しい、でも一発芸で盛り上げる
あまりにも出来過ぎた彼女だけに切ない・・・

734 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 22:42:02.65 ID:x9+/iUde0
そのあとも、妹が「今日は面白いテレビやってないから」と
言い出してアメトークのDVDを見だしたりした。

妹は終始馬鹿笑いしていて、
彼女も「正気ですか!?」とかケンコバのものまねを始めだして、
母さんがなんか果物食べる?と聞けば
彼女は味をしめて「正気ですか!?」と返したり、

いや、楽しかったんだよ。本当に。

737 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 22:48:51.19 ID:x9+/iUde0
夜も更けて、そろそろ寝る体制に入る。
彼女は、俺のベッドに寝かせてあげた。疲れてるだろうし、明日もあるし、
なにより体調を崩さないかすごく心配だったので、俺たちは早めに寝ることにした。

俺は毛布をしいて、床で寝ることにした。明日も、ある。明後日も。
明後日も、終わったら、その次は…?

夜になると途端に辛くなる。

部屋で二人になると彼女に言われた。
彼女「今日はすごく楽しかった。本当楽しかった。」
かみしめるように言う。

739 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 22:52:19.64 ID:x9+/iUde0
彼女と日常を共にしていると、あの病室に帰ることが途端におぞましく思えた。

でも、彼女はもっと、ずっと、帰りたくないんだろう。
俺は彼女に「楽しかったよ。今日は疲れたし、早く寝よう。」
とだけ言ってから、ずっと考え込んでいた。

母と妹に、病気のことを言ってないのが辛かった。
正直、俺も誰かに相談したくてしょうがなかった。

740 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 22:54:20.22 ID:TpERXDKCi
彼女の噛みしめるような言葉…
切なすぎる…
741 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 22:55:00.81 ID:yvH22yUw0
>>1の文才に嫉妬

742 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 22:56:02.95 ID:x9+/iUde0
彼女も寝て、妹たちも部屋にいるのを確認してから、俺は勝手口に一服しに行った。
電話をかける決心をした。

親父に電話をかけた。
俺はもう、誰かに話さないとどうしょうもなく辛くなっていた。

746 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 23:04:11.46 ID:p37ljSgtO
20代前半に1年くらい入院した経験あるけど、外泊って本当にあっという間に終わるんだよね…
747 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 23:05:12.96 ID:LFUHbAl+0
今は還暦で隣に帽子かぶって寝てる奴がいます
748 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 23:05:31.72 ID:Qca1klCr0
文を綴る才能あるね。
ホントに上手いね。
749 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】 :2012/01/16(月) 23:08:48.34 ID:RNSTcwT40
このあたりまえの生活が
できてることに本当感謝だ(T_T)

750 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 23:12:40.62 ID:x9+/iUde0
親父「おう、どうしたー?」
俺「遅くにすまん、実は…」

俺は、彼女のこと、彼女の病気のこと、今すごく不安なこと、
すべてを親父に赤裸々に離した。
男同士で、話したかった。聞いて欲しかった。

親父は多くは語らなかった。そして、俺に言った。
「絶対、最後までそばにいてあげろよ。つらいと思う。
でもお前が弱音吐いちゃだめだろ。
いつだってそばにいてあげろ、男と男の約束だ。」

751 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 23:13:25.01 ID:gEklYoTr0
最近いろいろあって荒んでたんだけど、このスレ読んで心が温まった。
日本のどこかにいるんだねー
頑張れよ1
752 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 23:14:09.91 ID:xGHrZAy10
親父…
753 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 23:14:10.69 ID:BtQKZFO00
>>750
お父さんの強さと優しさを感じた
いいお父さんだ、大事にしろよ

754 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 23:15:02.31 ID:x9+/iUde0
親父は古風で、頑固な人間だった。
そんな親父の言葉は、俺の胸に強く響いた。

絶対に最後まで一緒にいよう。何が待ってるか、分からないけど。
青臭い小僧の俺が一人でずっと抱えていたことが、
親父に話したことで、とても軽くなった気がした。

755 :名も無き被検体774号:2012/01/16(月) 23:18:12.49 ID:txRiV3MN0
親父…
756 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 23:19:07.33 ID:zpt17khU0
いい親父で羨ましい
757 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 23:19:42.78 ID:1T5A/N4b0
親父でかいな

758 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 23:20:48.60 ID:x9+/iUde0
俺は親父に話して、すっきりした。
部屋にもどると、さっきまでの不安が嘘のように、スムーズに眠りに落ちた。

気付くと、窓から明かりがさしていた。
実家の俺の部屋は一つの窓にカーテンがなく、朝日は入り放題なのである。
起きると、彼女は俺の机で何かをしているようだった。

俺は寝ぼけていて、状況を読み込めず、目覚めて彼女がいること自体に驚いた。

762 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 23:26:24.63 ID:x9+/iUde0
朝飯を食べて、いざ出かけよう、となる。
前々から話していたが、彼女はとりあえず俺の育った町や場所を見て回りたいのだという。
俺は本当に楽しいのだろうか、と若干の不安があったが、
彼女がやっぱりどうしても、というのでそうすることにした。

彼女「今日は一日動きまわるねー!」
俺「無理しちゃダメだかんね。」

俺はさっそく車のキーを握って車をだそうとした。

766 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 23:30:52.43 ID:x9+/iUde0
すると彼女は珍しくぐずった。
俺はよく分からなくて、車乗らないの?と聞く。

彼女「自転車、あるよね…?自転車乗りたい」
俺「あ、そうなんだ。でも2台あったっけなー?」
彼女「そうじゃなくて。二人乗り…しようよ。」

俺「え?」
彼女「ずっとしてみたかったんだ…二人乗り」

767 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 23:34:02.75 ID:CCqLDcq10
もうダメだ・・・
モニタが見えねえ

768 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 23:34:49.85 ID:x9+/iUde0
俺「だめだよ、あぶないし、体に負担かかって疲れちゃうよ…」
彼女「わたし一度も二人乗りってしたことないんだよ…」

そう言われると、弱い。
かくいう俺も人生で一度も二人乗りをしたことがなかった。
だから怖い、ということもあったのだが。

俺「分かったよ。じゃあすぐ近くの俺の小学校まで、だけね。」
彼女「やったー!じゃあグローブ持ってこうよ!」

笑顔になってはしゃぎだすのを見ていると、仕方ないかって思えた。

769 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 23:36:07.59 ID:maqFtoVji
>>642
ロードぴったりだな
771 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 23:37:25.40 ID:TpERXDKCi
凄く素敵な子だな…
俺の命分けてあげたい…
772 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 23:38:41.15 ID:j+dpcaay0
彼女が自分の体のことを受け入れて出来るだけ普通の暮らしを望む姿が儚げで涙止まらん…
たかだか2ケツなのに…
773 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 23:39:26.65 ID:CYJZPGEA0
くっそ……
母ちゃん死ぬまで泣かないって決めたのに

774 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 23:40:03.70 ID:x9+/iUde0
彼女は「どう座るんだ?」ってつぶやきながら荷台にちょこんと座って笑った。

俺「それでいいんじゃないかなw
よし、じゃあ俺が乗るから一回降りて」
彼女「やったー!」

荷台に乗せて気付いたが、彼女は嘘のように軽かった。
家を出て、ろくに車も通らない農道のような坂道を下っていく。

彼女は、とてもごきげんだった。

775 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 23:41:09.52 ID:c7UXEoRe0
ゆっくり~ゆっくり~くだってく~

が脳裏をよぎった

777 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 23:42:18.49 ID:maqFtoVji
まさか伝説のジブリ乗りか?
778 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 23:43:55.22 ID:O63BVYgu0
共犯というのもいい思い出だな。。
780 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 23:47:39.55 ID:9Jzh2luzO
道路交通法違反ですな!通報しちゃうぞちくしょう
………ちくしょう

781 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 23:50:21.01 ID:x9+/iUde0
彼女は歌い出した。
「かーみーさーまー!ひとつきいてくれよー!」
それは彼女が好きだった藍坊主のテールランプだった。

俺も楽しくなって、一緒に歌う。
「かーぜーきるー!あしをーぼくにくれよー!」

はたから見たら馬鹿丸出しなんだけど、
もう、どうでも良かった。

784 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 23:53:51.37 ID:QCtubbcK0
藍坊主いいよなー
スプーンって曲が好きだわ
785 :名も無き被検体774号:2012/01/16(月) 23:53:06.87 ID:Qr+uUuGs0
いろんなBGMが脳内再生される…
ニケツ見てカントリーロード思い出した…
うわぁぁん。・゜・(ノД`)・゜・。
786 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/16(月) 23:55:40.19 ID:x54nf88mi
想像したらなんか微笑ましいのにすげえ切ない

787 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/16(月) 23:55:54.10 ID:x9+/iUde0
彼女はごきげんだった。色んな歌を俺に歌ってみせてくれた。
彼女は歌い終わると、
彼女「こら、拍手しろ!」
俺「どうやってすんだよww」

このやりとりを数回に渡って繰り返したw

788 :名も無き被検体774号+:2012/01/16(月) 23:56:12.37 ID:cHxXWezS0
このスレ見てると俺の死んだ幼馴染(女)思い出すわ…
803 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 00:06:50.04 ID:KwSavrVB0
くそ。〉〉1の口調が俺の地元と同じなまりなのが気になって話に集中できねぇ・・・
804 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 00:11:40.13 ID:o72mg8G60
>>801
そいやーみすずちんも、声優も、ゴールしちゃったね。。。

805 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 00:12:11.95 ID:WJObiXhX0
そんなこんなで、近所の俺の母校の小学校に着いた。
土曜だったので、がらんとしていた。
少年野球のチームが、練習している以外、校庭もほかに人はいない。

俺「懐かしいなあ~。ここでよく、野球したんだー」
彼女「そうなんだー。すごい広いね…」
無駄に校庭だけは広い小学校だった。
807 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 00:18:52.97 ID:WJObiXhX0
彼女は少女のごとく駈け出した。
思いっきり走りだしたもんだから、印象的だった。
あまり息上がるのもよくないのにね…。

彼女「こっちに来て!」
彼女「これ、うんていだよ、なつかしーw」

彼女は無邪気に色んな遊具で遊びはじめた。
彼女は滑り台の階段を上がって、俺が登ると滑り降りた。

彼女「無限ループだ!」
俺「そうなの?w」
こんな調子だった。

809 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 00:21:52.50 ID:WJObiXhX0
俺たちは何故か滑り台の無限ループがツボに入ってしまい、
いい年してしばらくそこで笑いながら滑り台に興じた。

俺「いつまで経っても捕まらないww」
彼女「はやく追いついてww」

こんな繰り返しだった。

810 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 00:22:10.33 ID:QFkf4JvpO
>>807おい・・・なんかフラグたててないか・・・
811 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 00:22:10.76 ID:uqasE5sB0
受験生だけど受験勉強より大切なことがここにはあると思ってる
812 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 00:23:59.29 ID:fzJGwJ/w0
それはスベルということ
813 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 00:25:31.58 ID:tjSVWJwaO
>>812
>>811に謝りなさいww
814 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 00:26:13.95 ID:zlUH+60/0
>>811
ニートだけどハロワよりも大切なことがここにはあると思ってる
815 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 00:28:33.29 ID:2f+qrroz0
>>812
評価したいがダメだろwwww

818 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 00:29:48.04 ID:WJObiXhX0
しばらくすると冷静になって二人して、
「え、これ何が面白かったの?」的な感じになった。

遠くから少年野球の声が聞こえる。
彼女「ねえ、あの少年野球にいたの?」
俺「うん、懐かしい。もうずっと前のことだけどね。」

彼女はしばらくぼーっと駆けまわる少年たちを見つめていた。
彼女「キャッチボールしよう。」
俺「大丈夫?無理しないでね。」

彼女はまた歌い出す。
「べーすぼーるのおとが鳴ったー、だれもぎゃらりーいないぐらうんどーってね。」
俺「何それ?」
彼女「知らないの?」

彼女は音楽の造詣も深くて、たまに俺の知らない曲も歌う。
そうするとちょっとぐずるんだけど、そういう時は決まって
すぐiPodとかで教えてくれる。

821 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 00:30:53.99 ID:zlUH+60/0
>>804

みすずちんの声優そんな年でもなかったのにね、病気むごい
生きるべき善良な人間が死んで、万死に値する人間が刑を執行されずのうのうと生きてるなんて・・・

822 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 00:35:54.74 ID:WJObiXhX0
その曲はフジファブリックのベースボールは終わらないだった。
「フジファブリックか…」

その日はその曲にピッタリだった。
晴れ渡っていて、広いグランドに二人だけ。
俺はその曲に則って、「あとで炭酸飲料を買いに行こう。」
というと、彼女はやたら喜んだ。

「いくよ!」
俺がボールを投げると、彼女はしっかりキャッチ。
そしてイイ感じに返してくる。運動神経がよかったのか、
昔からあまり運動が得意でない俺はちょっとだけうらやましくもあり、楽しくなった。

823 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 00:36:28.21 ID:o72mg8G60
>>821
生きなきゃ行けない人間はいつも早死にさ。。。俺らみたいなのが長生きしちゃうのはなんでなんだか?
彼女はどちらか、こっちが話の人間だろwってことは何だかんだで生きてくれるはずだな!
あー心配して損したー。。。そうだよな?

844 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 00:52:18.09 ID:WJObiXhX0
ひとしきり小学校で遊ぶと、俺は彼女を連れて小学校の近くの駄菓子屋に行った。
正直、まだあるか不安だったけど、小学生の時はよく入り浸っていた。

彼女「すごい…こういうのって本当にあるんだね。」
俺「ま、田舎だからね…w」

駄菓子屋のおばちゃんには可愛がってもらった。
おばちゃん「はい、いらっしゃい。」
俺「こんにちは、富澤ですー」
おばちゃん「あら、富澤くん…久しぶりだねえ…」

彼女も笑って、
「こんにちは」と言った。
3人でしばらく談笑した。

846 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 :2012/01/17(火) 00:55:01.93 ID:ZmFvwrP20
青春そのものじゃないか
847 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 00:55:11.13 ID:mgtyauBMO
みすずちんの声優も卵巣癌だったんだよな・・・
848 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 00:55:58.84 ID:CUQntcYvi
彼女の選曲良すぎる

849 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 00:58:08.94 ID:WJObiXhX0
おばちゃんは、
「この前〇〇君来てさ…とか、〇〇先生がね…」
と懐かしい話をたくさんしてくるため、俺は楽しかった。

店を出る。
彼女は退屈だったかな、って思うと彼女は買った駄菓子を抱えながら
彼女「すごいね…すごいね。あったかい。こういうの本当にあるんだ。」

とすごく喜んでいた。
彼女「富沢のこともっと知れた気がして嬉しいんだー
これが田舎かーふるさとかー」
彼女は高揚して何度も言っていた。

俺がいつも飲んでいたって教えてあげたチェリオを嬉しそうに飲んでいた。

854 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 01:02:45.42 ID:fo1rgzew0
チェリオって瓶のやつだよな。
なついなー
855 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 01:06:08.61 ID:o72mg8G60
>>854
アイスじゃないんだな、俺はてっきりアイスかと、
856 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 01:06:16.24 ID:zlUH+60/0
チェリオ!
刀語のとがめを想像したじゃないか
なんで死んじゃうキャラばっかりなの(´・ω・`)

857 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 01:06:29.44 ID:WJObiXhX0
そのあとは、彼女を連れて歩いて、疲れたら休んで、での繰り返しで
そこら一帯、俺にゆかりのある場所をめぐった。

路端の小川を指して、「中学の時この場所によく自転車をつっこんで走って、水上自転車大会って
言って遊んだんだよ。」とか、
「このお宮にいつも初詣にきたんだ」とか、
「中学の通学路はここで、片想いの子が彼氏と歩いてるの見てショック受けたんだー」とか。

それは、まったく中身のないしょーもないツアーだった。
でも彼女は、「わーすげー!」「こんな感じ?」
とか一つ一つ本当に生き生きとリアクションをとった。

小学校からさほど遠くない母校の中学校まで来て、彼女は突拍子も無いことを言い出す。
860 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 01:11:18.56 ID:WJObiXhX0
彼女「毎日、ここの中学校に通ってたんだね…」
俺「そうなるね。いやーなつかしいww」

彼女は正門からの道を指した。
彼女「で、ここを帰ったと…」
俺「うん、そうだね。」

彼女「わたしたち今から中学生ね、同級生の。ひゃーどうしよう。」
俺「ええー!?」
その日は時間が経つのも早く、時分はそろそろ夕方にさしかかろうと
している頃だった。

862 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 01:11:54.32 ID:ZCiMlHG40
このスレ、好きな人に告白したくなるのはなぜたろうか。
好きな人いないけどね。
863 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 01:12:33.03 ID:lX43/e540
いちいち可愛い彼女だなー
865 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 01:13:55.67 ID:o72mg8G60
>>860
ここ、だけみると彼女は昔からからだ弱くて今、取り戻そうとしてるみたいだな。。。より切ないよ
866 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 01:15:18.17 ID:X5YvyPmv0
愛しさと、切なさと、心強さとー
868 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 01:15:46.62 ID:ZidIUfAgi
この一瞬の笑顔を絶やさないように守ってあげたい
どうか死なないで…
869 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/01/17(火) 01:16:07.15 ID:iGCUWzEG0
>>862
好きな人いる。
思いきって告白しようか迷ってる!
870 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 01:16:23.67 ID:t/bOhu8z0 そういえばゲーセンに会う以前の彼女の事は語ってなかったな
871 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 01:16:32.04 ID:WJObiXhX0
彼女「あ、富澤くんだ…!ねえねえ、良かったら一緒に帰ろ?」
俺「そのノリ続けんのー?」

急にこっ恥ずかしくなった。
彼女はこうなるとひかない。

俺「吹石じゃん…ま、いいよ。帰ろうか?」
彼女「やったー!」

彼女が手を差し出して手をつなぐ。
それまで幾度と手を繋いだことはあったけど、この時ばかりはなんていうか
すごく恥ずかしかった。
ちなみに、自転車は小学校に置いてあった。

873 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 01:19:28.91 ID:OETuPCP70
心が揺さぶられすぎて
鳥肌たってる。

876 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 01:23:49.01 ID:WJObiXhX0
>>870 のちのちふれますね。

普段爛漫な彼女が、この時は中学生になっていたのか、
急に無口になりだすもんだから、俺は焦った。

空も夕焼けに近づいて、俺は手に変な汗をかきそうだった。
俺たちには珍しく、話す言葉が浮かばなかった。

よく分からないけど、なんだかすごく初々しい気持ちになっていた。
彼女がそういう風にしていたからなのか、なんかいつもの調子とは違っていた。

どうせ自転車取りに行かなきゃ行けないから絶対行くのに、彼女は意味ありげに
「ねえ、ちょっと小学校寄り道してこっか。」と言った。

878 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 01:31:26.04 ID:WJObiXhX0
小学校につくと、彼女は疲れちゃったのか、校舎と校庭をつなぐ階段に腰掛けて
「ふう」と息を大きくはいた。

おれは気になって、「待ってて」と言ってすぐに自販で飲み物を買ってきて
彼女に手渡した。
彼女「ごめんね、いつもいつも迷惑かけちゃって…」
俺「何言ってんのさーwおいしそうに飲んで笑顔を見せてくれたらいいんだよw」
そう言うと、彼女はにっこり笑って、立ち上がった。

校舎の脇の犬走りにあったじょうろを持ちだして、水をくみ始めた。

俺「?何すんのー?」

879 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 01:32:04.80 ID:iknJQdaG0
一応立てておきました。
良かったら使ってください。
ゲーセンで出会った不思議な子の話 Part 2
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1326731446/l50
881 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 01:32:50.17 ID:P0NNg2+f0
>>879
gj

889 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 01:39:21.40 ID:WJObiXhX0
彼女は、もう誰もいなくなった校庭に、じょうろで何やら描き始めた。
何をしているんだろう?

「ありがとう」

そこにはこんな文字が浮かび上がった。
俺はハッとした。
急いで彼女のもとに駆け寄った。

そうすると彼女の方から抱きついてきた。
彼女は泣いていた。

彼女「ずっと…これからもずっとずっと…一緒にいてくれますか?」
彼女の言葉が脳内をこだました。

890 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 01:40:18.71 ID:lX43/e540
ついに俺が泣いた
891 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 01:40:36.30 ID:t/bOhu8z0
やべぇww泣きそうwwやべぇ…
892 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 01:40:48.17 ID:qgbg9ISG0
ついに俺も泣いた
893 :名も無き被検体774号+:2012/01/17(火) 01:40:56.80 ID:nKYqsmHv0
一気に目が覚めたわ
896 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 01:42:15.96 ID:fo1rgzew0
うわぁ・・・これはくる・・・
まじ泣きそう
898 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 01:43:12.07 ID:2f+qrroz0
こんな彼女出来たらもう他の女がつまらなすぎて別れた後誰とも付き合えないだろうなぁ
899 :名も無き被検体774号+[sage]:2012/01/17(火) 01:43:53.95 ID:oFRpJmqF0
>>1はこのスレが少しでも長く残ることを希望してるみたいだから、
続きは次スレでやって、このスレは落ちそうになったら保守って流れでどう?

900 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 01:44:36.71 ID:WJObiXhX0
俺「ずーっと一緒にいるよ。ずっとね。」
俺は深く抱きしめた。
彼女が泣き止むまで、頭をを撫でながら、
彼女は泣きながらも「うぇ…わんわん…」とおどけて見せた。

俺は、心が傷んだ。
俺はこの子にこれから何をしてやれるんだろう?
一緒にいて、共に歩く、それしかないと分かりながら。

彼女は半泣きのまま、背負っていた小さなリュックから、何やら取り出そうとした。

906 :1 ◆WiJOfOqXmc :2012/01/17(火) 01:46:10.62 ID:WJObiXhX0
ではそろそろ次スレに移行します。
このスレは >>899さんが言ってくれたみたいな感じにしてくれたら幸いです。



しかし何故かスレ民が埋めに殺到し、速攻でdat落ちしてしまいました.続きはpart2で.

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

鼻毛鯖はPCの夢を見るか -NEC Express5800/S70 タイプRB - [その他]

 当ブログをご覧の皆様こんにちは(・∀・)ノ

 電気を点けっぱなしで寝てしまうことが多く、カミさんに叱られている浪エネ隊長kappaです。
 寝る前の時間って日々の雑務から解放される至福の時間だったりするので、ついつい本を読んだりパソコンを見たりしてしまうのですが、如何せん疲れには勝てずそのまま眠ってしまいます。その前に「落ちるぞ~」っていう意識はあるのですが、時既に遅し。体は金縛り状態で、電気を消しに立ち上がれません。寝室の照明にリモコン付けておけば良かったと切に思います。
 やむなく蛍光灯のプルスイッチに紐を結んで寝床からON/OFFできるようにしたのですが、さすがに格好が悪いので朝になったら取り外しています。何処かに蛍光灯のスイッチに付ける素敵な紐は無いものでしょうか。





 そんな悶々とした日々を送っているkappaのもとに、ちょっとした朗報が舞い込みます。


 NTT-X Store にて、NEC Express5800/S70 タイプRB販売再開!


 え~、何が朗報かと言いますと、このNEC Express5800/S70 タイプRBというのはサーバーとして位置づけられています。サーバーはパソコンと同じような動作をしますが、ネットワークのお守りをするために作られていますので、個人用のパソコンとして使うには、OSが付いていないとか、パソコン用のOSをインストールしてもドライバが無くて使えないとか、CPUが遅いとか、画面が狭く動画がカクカクするとか、音が出ないとか、高価なメモリしか増設できないとか、ファンの音がうるさいとか、色々な不具合があります。
 しかしその分価格は安く設定されており、CPUはパソコンと同じ物を使っているのに、在庫処分などでは新品で価格が1万円を切って売られたりしています。



 そこで安いサーバー、いわゆる安鯖を工夫して何とかパソコンとして使おうという人達がいます。パソコンを自作してしまう強者たちですが、そんな人達の間で一頻り話題になっていたのがこのNEC Express5800/S70 タイプRBです。この機種はCPUにPentiumG6950を搭載しています。性能的には2.8GHz×2コアで、ローエンドのパソコンに搭載されていることが多いCeleronやAthlonⅡX2より処理性能が高く、しかもフルHD×2画面のグラフィックを内蔵しており3Dゲーム以外の用途には十分です。他にもサウンド機能とスピーカを標準搭載、メモリは安価なパソコン用を使用可能と、殆どパソコンと同じ仕様。しかも動作音はとても静か、電源はワンランク上の高出力・高効率タイプと+αの部分も持っています。



 そのパソコンまがいのサーバーが昨年12月にNTT-X Storeで16,800円という破格の値段で販売され、あっと言う間に売り切れました。この値段だと部品を集め自作するより遙かに安いので、強者たちはこれをベースに、用途に合ったシステムを組んでいるようです。因みにこのときは何故か鼻毛カッターがオマケとして付いおり、以降鼻毛鯖という名で呼ばれています。その後NTT-X Storeでは断続的に販売を続け、その度に速攻で完売。既に5,000台以上が世に出ており、有志達によって必要な情報も整備され、専門知識に乏しくてもパソコン化が可能になっています。

 私もその存在は知っていたのですが、デスクトップパソコンを更新するニーズが無かったので祭りを静観していました。しかし春になってパソコンが余りにも遅いと家族に言われたので、再販しないかな~と気にしていた所でした。今回発売されていたのは1GBの増設メモリと抱き合わせで、19,800円のセット。

 自作パソコンを何台も組んでいて余剰パーツを山ほど抱えている強者達の間では、1GBのメモリなんて価値が無いに等しく、メモリセットはメモリ無しに比べて売れ行きが良くないのですが、それでも300台が数時間で完売。もちろん私もひとポチしました。

 製品の特徴とスペックは次のとおりです。

s70_new533.jpg

 ウチは使っているソフトやハードがWindows7に対応していないものがあるので、出来ればWindowsXPを使いたいと思っていたのでOSは無くても問題ありません。またメモリも標準1GB+抱き合わせ販売の1GB=2GBあればXPはサクサク動くはず。仕様で気になった点は光学ドライブがDVD-ROMであり、DVDやCDの書き込みが出来ないことでしたが、DVD-RWを搭載したノートは何台もあるので問題無いでしょう。
 期待を膨らませて待っていると、注文翌々日には到着。
110430鼻毛到着.jpg

 開封。丁寧に梱包された電化製品の箱を開封するって気持ちいいです。
110430鼻毛開封.jpg

 スッキリとした筐体内の部品配置は強者共からも高い評価を得ているポイント。早速抱き合わせ販売のメモリを挿します。
110430鼻毛の中身.jpg

 蓋を閉めてスイッチオン。
 最初はハードディスクのフォーマットからです。
110430フォーマット.jpg

 続いてWindowsXPのインストール。デバイスドライバが2つほど足りませんが、参考ページを見ながらダウンロードしてインストール。
110430ドライバ.jpg

 無事インストールが完了しました。
ライセンス認証.jpg

 シングルコアセレロン1.3GHz搭載のもはや骨董品と化しつつある前パソコンとはスピードが全然違います。お約束のCrystalMarkのスコアは、10万を超えたくらい。
鼻毛ベンチ2.gif

 因みに骨董品の方は2万3千。
SOTECベンチ2.gif



 
ザクとは違うのだよ、ザクとは!



 ・・・

 スミマセン、ちょっと言ってみたかっただけです。



 この数字にどれほど意味があるかは分かりませんが、取り敢えず4倍速くなったと思っておきましょう。
 評判通り、動作音は聴き取れないくらい静かで、深夜のリビングでも気兼ねなく使えます。
 Photoshopなどの重いソフトもサクサク動き、YouTubeの動画を大画面で表示してもストレス無く見ることが出来ます。こういうお買い得品はそのまま使ってこそコスパが生きると言うもので、あれこれ拡張するのなら始めからワンランク上の物を狙うべきです。その意味で、この商品は家庭で使うには十分な機能を有しており、売れているのも頷けます。
 19,800円でこのパフォーマンス。
 鼻毛鯖、お薦めです。

 因みに昨日から約1ヶ月振りの再販が始まっているようです。





最後までお読み頂きありがとうございました.クリックを頂けましたら更新の励みになります
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ


nice!(9)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
前の3件 | - その他 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。