So-net無料ブログ作成
残念なところ ブログトップ
前の3件 | -

失敗したこと・残念だったこと(5) [残念なところ]

 とある一日、県立地球防衛軍かっぱ部隊にBeハウス監督から出動要請。

 市民の危機を救うのが我々の役目、さっそくポインターで出撃です。



 現場に近づくと何やら怪しい雲行き。 もしかしたら気圧変圧器か?

 とすると・・・



 程なく爆雷が空から降り注ぎます。

 思った通り。しかしポインターの装甲を貫通する威力はありません。

 シールド(ワイパーとも言う)で前方の視界を確保しつつ、現場に到着。



 爆雷の攻撃はいよいよ激しさを増してきます。


 ポインターから離脱し、パーソナルシールド(傘とも言う)を片手に基地までダッシュ。

 玄関前ポーチに辿り着きます。



「ここまで来たらもう大丈夫、シールド解除!」

「はい、隊長」



 その時です。



 一陣の風に乗って飛来した爆雷が、あろうことかポーチに立つ柱と柱の間をすり抜けて降り注ぎ、



かっぱ部隊被弾、





 びしょ濡れです





 コンドルのジョーは驚異的な狙撃力で数キロ離れた空中から、敵艦の数センチ幅の吸気口を打ち抜いたと言うが・・・




基地の弱点を見事に突かれました。




 ・・・



 かっぱ亭は屋根掛かりのポーチを1.5坪とっていますが、これは玄関前に雨に濡れない箇所が広くあった方が便利だと思ったからです。

 ポーチに掛かる屋根を支えるためは柱が必要で、これが単純な外形のアクセントになっており、デザイン的に気に入っているところです。



 しかし屋根が高いので、北風が吹くと柱と柱の間から雨が吹き込んで来るのです。



 雨に濡れない方法としては、柱を壁に変えるのが手っ取り早いのですが、それではポーチが薄暗くなってしまいます。
 明るさを確保するのなら柱と柱の間にアクリル板を挟む方法が考えられますが、耐久性に疑問が残り、掃除も大変そう。

 まあ北風が吹いているとき以外は濡れませんので、かっぱ亭の場合はこの問題に気がついていても結局このままにしていたと思います。
 ただ、これから検討される方は、高さのある屋根の下は風向きによって雨に濡れることがある点に注意された方が良いと思います。



 失敗シリーズも段々小振りになってきます。






 (近況報告)

 契約したものの仲々始まらなかったかっぱ亭の外構工事は、漸く今週着工しました。

 現場にて材料の確認をしたのですが、階段に使用する予定のレンガにかなり焼きむらがあり、「むら」と言うより「焦げ」状態。

 以前に見せてもらったサンプルと余りにも違います。
 エクステリア担当の方も気にされており、別のものに交換するべく、サンプルを取り寄せてもらうことにしました。

最後までお読み頂きありがとうございました.クリックを頂けましたら更新の励みになります
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

前のページへ | 次のページへ


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

失敗したこと・残念だったこと(4) [残念なところ]

 かっぱ亭の屋根裏部屋。

 この部屋の一角がかっぱの城となります。
 引っ越す前からここはこうしてとか、アレを置いてとか、ウキウキわくわく。
 正に男のロマンです。

 カミさんに話すと、

「ふ~ん,でも男のロマンって何なのよ。」


 ・・・


 面と向かって男のロマンとは何ぞや? と、問われると返答に窮します。


 旅立つ男の胸には、ロマンのかけらが欲しいのさ・・・


 歌ってみますが、ちょっと違う。


 「でもあそこに入れる荷物って結構たくさんあるのよね」



 !



 引っ越す前から精神的な揺さぶりをかけ、かっぱの陣地をじわじわと侵してきます。男のロマン、早くもピンチ。

 実は昨晩かっぱがストーブを消し忘れて寝てしまったので、カミさんちょっとご機嫌斜め

 だっ、ダイジョーブ。荷物は両脇において真ん中は通路にするから。照明も真ん中に付けてあるし、奥を使わしてもらうYO 



 ・・・



 照明・・・



 ・・・


 !?



 閃きというものは、不意に襲ってくるものです。

 因みにかっぱの場合はトイレで閃くことが多い気がします。前の記事で記した家の鍵の件も、トイレの中では「持って行かなくっちゃ」とリマインドしていたのです。でも歯を磨きながら「ちりとてちん」を見ていたら忘れちゃいました。

 ともあれ、その閃きがグッドアイディアなら嬉しいものですが、今回は逆。

 何度も出ている写真ですが、かっぱ亭の屋根裏の照明です。

 屋根裏部屋なので最も安い照明で良いだろうと、蛍光灯が裸で付いています。

 普通の納戸であればこれで十分なのですが、ここは屋根裏。天井高が1.4mしかありません。

 普通に歩いても腰をかがめなければいけません。そこに天井から突起物があればどうなるか・・・


 そう、頭をぶつけてしまいます。


 裸蛍光灯では危ないので、カバー付きにしなければならない所だったのです。

 建築途中でかっぱ達は、入り口付近に付いていた蛍光灯を、危ないので横にずらしてもらいました。
 そこまで気付いておりながら、かっぱもカミさんも、天井が低いので頭を蛍光灯にぶつける危険があることに、思いが及びませんでした。相変わらず詰めが甘い。 恐らく監督さんも担当設計士も同じだと思います。そもそも裸蛍光灯を選定したのは担当設計士でしたから。

 とにかく秘密基地はデンジャラスなムード。カミさんにちょっと愚痴をこぼしたのですが、


 「あらまあ、でも男のロマンには危険が付きものでしょ。」


 ってあっさり片付けられてます。



最後までお読み頂きありがとうございました.クリックを頂けましたら更新の励みになります
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

前のページへ | 次のページへ


nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

失敗したこと・残念だったこと(3) [残念なところ]

  かっぱは時々厨房に立ちます。といっても作るのは主に麺類、特にラーメンが多いです。
 特別なスープを作るわけではないのですが、かっぱは常々、

 ラーメンって何でこんなに具が少ないのだろう

と思っていました。ラーメン屋の浮沈は、具の量よりスープの味に掛かっているのでしょうから、仕方ないのかもしれませんが、3食をラーメン屋で済ませたら、一日の必要量を満たしている栄養素は炭水化物と塩分だけだと思います。もう少し栄養バランスを考えたラーメンがあって良いのでは?

 因みに麺類でがっかりするのはこの他に、
1)量が少ないパスタ店。乾燥麺なんて安いモンなんだから、もっと沢山たべさせて~。
2)のびた蕎麦。「蕎麦屋」って看板出してんだから茹でたてを出して~  等々

 と言うわけで、かっぱが作るラーメンは具(特に野菜)がてんこ盛り。

 逆にスパゲッティは麺大盛りです。

 基本的に、自分でこういうのが食べたいという想いで作りますので、新聞などに載っているレシピを試してみることもあります。

 さて、

 この前の日曜の夜はケンタ、マック、コーラ、ケーキなど、ジャンクフードで済ましたのですが、一品ぐらいは手作りの品をと思い、先日ある方のブログにレシピが載っていた「なんちゃって松茸ご飯」にチャレンジしてみました。

 これは松茸の代わりにエリンギを、香り付けに永谷園の松茸のお吸い物を、ダシにさきいかを使うというユニークなもので、一度は試してみたいと思っていたものです。

 作り方はリンクをご参照頂くとして、びっくりしたのはエリンギ。数本入ったパックを買ってきたのですが、薄く切るとどんどん量が増えて、一パック全部切るとボール一杯になってしまいそうです。さすがに米の体積よりエリンギの方が多いのはおかしいだろと思い、一パックの半分で止めておきました。

 作り方は材料を切って混ぜ、炊飯器で炊くだけ。とても簡単です。

 これが出来上がり写真。しかし、


 あんなに沢山入れたエリンギが殆どありません。

 所々に残骸が残っていますが、消えてしまったと言っていい状態。それと心なしか炊け方がゆるい感じ。もしかして、

 エリンギが溶けてしまった?  !Σ( ̄□ ̄;)



 恐るべしエリンギ。

 炊飯器に入る前はあんなにつるつるシコシコだったのに、さあ食べようという段になって、その身を眩ますとは。県立地球防衛軍にスカウトしたい位です。

 でもいいなぁ。

 かっぱだって夫婦喧嘩でカミさんに負けそうな時とか(いつもですが)、仕事で失敗したときとか、オヤジギャグで周りが凍り付いた時とか、溶けちゃいたい時が一杯ありマス。

 ともかく、

 さきいかも同様に見えなくなってしまったので、「油揚げ飯」と化したなんちゃって松茸ご飯を食べながらカミさんに、

「エリンギって炊き込みご飯にしたら溶けちゃうんだねぇ」

と問うと、

「何言ってるのよ、キノコはみんな炊くと縮んじゃうのよ」

 ・・・


 そうでしたか。 ( ・ω・)

 エリンギが見えなくなったのは細かく刻みすぎたからと、量が少なかったため。ご飯がべたっとしているのは、先に炊飯器に具を入れてしまったので、水加減が目分量になってしまったためでした。

 因みにお味の方は結構いけました。さきいかのだしがホタテ貝柱ご飯のような風味を出しており、もう一度チャレンジしたい一品です。

 やっぱり毎日炊事をしている手練れの主婦には敵いませんが、次こそは見たこともない料理であっと言わせてやります。

 皆さん、キノコには気をつけましょう!  ではごきげんよう (^^)/




 ・・・




 ・・・




 だめ?  ( ・◇・)




 住宅ブログですものね




 今日は、失敗という程の話ではないので、ちょっと脱線してみました。




 現在住んでいる団地生活でのトラウマから、かっぱ亭は収納を、

 これでもか  \( `_´)/

 と言うくらい付けています。  あくまで今の団地との比較ですが・・・

 これは一階の物入れ。建具は全て既製品です。

 内側は何の変哲もない可動棚。

 でもちょっと気になる所が・・・

 ・・・



 奥でびっくりしているくろすけは置いておいて、見て頂きたいのはココ!


 一番上の棚板の上がかなり空いてしまっています。

 断面図にするとこんな感じ。

 一番上の棚に背が高い物を置けば空間の有効利用になりますが、出し入れは面倒です。そもそも一階の収納は頻繁に出し入れする物を置きますので、大きくて滅多に出し入れしないものは置きたくないところです。

 構造上のことを全く考えなければ、次の様に天袋にした方が使い勝手は良かったかも知れません。

 建具を天井まで届く高さのものにすることでも、使い勝手は良くなりますが、これは追加料金が結構掛かりそうです。天袋を作るのにもある程度費用が必要でしょうし、そもそも天井高一杯まで収納空間に出来ないのかも知れません。

 ただ、ちょっと空間が勿体ないなぁと思ったのでした。

 でもくろすけが隠れるにはもってこいの場所かも・・・   

最後までお読み頂きありがとうございました.クリックを頂けましたら更新の励みになります
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

前のページへ | 次のページへ


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
前の3件 | - 残念なところ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。