So-net無料ブログ作成

どんな家がほし~の? [ハウスメーカー選び]

 モデルハウス売却の抽選に外れ、自分自身の家作りについて考えなければならなくなりました(皆さんやっていることなのですが)。それまで何度かモデルハウスや完成見学会に足を運んでいるうちに、自分たちがどの様な家を建てたいかを明確にしておく必要があると感じました。買い物をするとき、普通は何を幾らで買いたいと思って出かけますが、その「何」が決まっていなければ検討のしようがありません。

 ネットで様々なHPやブログに接していると、家作りについてのこだわりが伝わってきて、本当に各人各様だなあと実感します。自分がどんな家を建てたいのかを明確に語っているページは少ないのですが、それぞれの記事を読み込んでいくと、かっぱの考えとはちょっと違和感を感じることがしばしばあります。その違和感が何なのかを考えながら、自分の考えを整理してみます。
 かっぱは家を家族が暮らす器として考えます。簡潔に言うと、

主役は家族であり、家には暮らす人の活動を円滑にするための機能を求め、所有欲を満たす対象とは考えない。

 これは多分に妻の考え方で、見た目は地味・中に入ると使い易い家が欲しいと常々言っていました。良く「家を作るのは一生に一度のことだから」とか「人生で最も高い買い物だから」とか言うのを耳にします。特にHMの営業マンがオプションを付けさせたいときに・・・。かっぱはその点に重きを置きません。「必要だから建てる」だけで、「世界に1つのオリジナルな家にしたい」とも思いません。

オリジナルにしたいのは「人(自分や家族)」であって「物(家)」ではない。

 もちろんこれは私達固有の考え方です。一般的にはせっかく建てるのだからデザインや材料にこだわったりして、付加価値を求める方が普通でしょうし、もっと予算に余裕があったら、私達だって多少はそうするでしょう。しかし残念ながらそうではなかったので、家に付加価値を求めるより、将来の生活に影響を及ぼさない(必要十分な教育費の確保、旅行や外食の回数を減らさない等々)ことを望みました。本ブログを開設したのも、こんな考えで建てたひねくれブログが一つくらいあっても良いだろうという理由からです。
(住宅ローンや建築資金についての考え方は、同じso-netブログの先輩、shinypapさんの考え方と似ています。家作りの方向性は全く異なりますが・・)
参考ブログ:メンバー検索でshinypapさんを検索してください

 ちょっと語ってしまいました。話をもとに戻します。

 最初に要望として書き抜いた項目(除:設備)は以下のとおりでした。現在の暮らし同様、リビングに家族が集まるスタイルを想定しました(リビングには作業台としても使える2mテーブルを置く予定)。

全体
1.外観や家の形は地味(シンプルな)もの
2.内部の使いやすさ(間取り)を重視
3.結露しない
4.防犯対策
5.屋根・外壁等なるべくメンテナンスがいらない材料を使う
6..リビングの居住性重視(化学物質等の匂いがしない等)

部屋数
 1F:LDK、和室(リビングと連結)、洋裁スペース、書斎、トイレ、洗面、浴室、収納
 2F:子供部屋×2、寝室、ホール、トイレ、洗面、バルコニー、小屋裏収納

 通常の4LDKと比べて異なるのは、洋裁スペースと書斎が多いことです。作業途中の状態でモノを置いておけるように、リビングの一角にコーナーがある程度では駄目で、小さくても独立した部屋(ドアとかは無くても良い)が欲しいのです。また洗面所には靴とか汚れたユニフォーム等を洗える(漬けておける)SKシンクも必須です。この2項目に加えて、「キッチンの高さ80cm」も必須でしたので、建売住宅も検討していたのですが全て却下でした。
 書き出していくと、述べ床面積40坪で収まるかどうかといったところです。

 次に予算です。現在及び将来の年収、子供が大きくなるにつれて掛かるであろう教育費をシミュレートした結果、無理せず建物本体に掛けられる予算は総額で2,000万円(税・諸経費・登記費用等全て込み)まででした。将来の増改築も見込めないので、小さく建てて後で・・・という訳にもいきません。3.~6.についてはある程度費用を見込む必要もあります。この予算で、要望を満たす家を建ててくれる所があるのでしょうか?

贅沢いうな. あるわけ無いだろ!  \(`0´)/

そ・・そこを何とか・・・

最後まで読んで頂きありがとうございました.クリックを頂けましたら更新の励みになります にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ
前のページへ | 次のページへ


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 2

コメント 4

roy

はじめまして
「こだわりたい」派の一人のroyといいます
興味深く拝読しました☆
「将来の生活に影響を及ぼさない」というのは
本当にそうだなあと思いました
家が器に過ぎないという意見にも納得です
以前工務店に相談に行ったときに
ざっと予算を伝えると
「もう少し借りられるはず計算しなおしましょう」
と言われて断ったことがあります・・・

本当に予算内で希望を満たす家ができるといいですよね
by roy (2007-07-10 21:54) 

kappa

royさん、はじめまして。

コメント、ありがとうございます。
家づくりを進めていくと、妥協の連続だなぁと良く思います。
特に予算面の制約がそうさせてしまうので、余裕を持って予算の範囲
内で建てられるH.M.を選ばないと、内装材や設備を選ぶときに選択肢
が狭まり、自分なりの「こだわり」を演出できなくなっていまします。

でも自分の「こだわり」をH.M.が共感してくれていないと、「思いもしな
かったすてきな提案」がH.M.から出てきません。その当たり、予算面
だけでH.M.を選べば良いという訳でもないのが、難しいところです。

royさんのブログ、拝見しました。
私も土地探しからH.M.決定まで、3年以上費やしております。
(あまりに長いので土地探しについてはBlogに記しておりません)
急がず、焦らず、様々な考え方に触れながら、納得のいく結論を
出されたら良いと思います。土地が決まると、「この土地でこんな
ふうに住みたい」という具体的なイメージが湧いてくるものです。
by kappa (2007-07-10 23:49) 

いの

「オリジナルにしたいのは…  」
というところに 感銘を受けました。

kappa さんの記事には知恵や視点がいっぱいで、宝の山です。
ただ、記事の数が多いのと、途中に面白い記事があるので、寄り道が多くなり、肝心のところに読むすすむのに時間がかかりました。

途中で紹介されていた、「タマホームの達人!」などにも寄り道しました。
(「一番の得策は???? 」という記事の視点に驚きました)

今は、「NICE-STYLE」 の最初の記事10本ぐらいを読んだところです。
すごく誠実そうな建築士さんですね。
なかなか世の中、難しいものだと思いました。
by いの (2009-02-28 14:10) 

kappa

いのさん、

家作りについて、HPやブログで勉強させてもらったので、恩返しの意味で情報提供できればと思ったのが、ブログ開設のきっかけでした。
最初はホームページを作ろうと思ったのですが、敷居が高かったのでブログから始めたものが、今日まで続いているというのは正直なところです。おかげで記事が多くなり、日記的な記事と、これから建てる方への情報とが混在して読みづらくなってしまいましたが、その様な中で古い記事までお読み頂きありがとうございました。
ウチを担当してくれた建築士さんは別の会社に移って頑張っておられるそうです。
by kappa (2009-03-01 00:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。